海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > サンティアゴ特派員ブログ > 年に1回だけ!一般非公開の施設に入れる文化遺産の日

中南米にもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

チリ/サンティアゴ特派員ブログ Panchita

チリ・サンティアゴ特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年5月31日

年に1回だけ!一般非公開の施設に入れる文化遺産の日


メール プリント もっと見る

年に1回だけ!一般非公開の施設に入れる文化遺産の日

Dia-del-Patrimonio-2016.jpg 毎年5月最終日曜日は文化遺産の日(Día del Patrimonio Cultural)。2016年は5月29日でした。
この日は、美術館や博物館のみならず普段は一般非公開の施設の内部無料公開する年に一度の特別な日です。モネダ宮殿の大統領執務室などの内部も公開され、運が良ければ大統領や大臣に案内してもらえることもあるのです。


人気施設は大行列になるので朝一番に出かけなければいけません。毎年「今年こそはモネダ宮殿やユニオン・クラブに入ってみたい!」と思うもののついつい寝過ごしてしまうPanchita。今年も昼過ぎにやっと家を出ました(苦笑)。


行先は地下鉄1号線El Golf駅近くの英国大使公邸。1938年に建てられた邸宅を50年前に英国政府が買い上げ、それ以降大使公邸として使用しているものです。モネダ宮殿ほどではないですが、行列ができていました。
Residencia-Emb-Britanico_01.jpg Residencia-Emb-Britanico_02.jpg

残念ながら写真撮影は禁止されていたので内部の写真はありませんが、アンティークの家具やシャンデリア等を備えた食堂やサロン、庭園をガイドツアーで案内してくれ、見応えがありました。今でこそ周囲はオフィスビルやマンションですが、建設当時は周囲は農牧地の郊外型邸宅でした。庭園の奥から邸宅を眺めると、ビルに囲まれた都会にいることを忘れてしまいそうなゆったりとした雰囲気で、こんなところに住める英国大使がウラヤマシイと思ってしまいました。


今年の文化遺産の日は終わってしまいましたが、来年以降5月末にチリにいる方はウェブサイト をチェックして、この日しか見られない場所を訪れてみてはいかが?公開施設は公営施設に加えて教会や学校等の民間施設もありますし、サンティアゴのみならず地方でもいろいろなアクティビティーがありますよ!


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 文化・芸術・美術
2016年5月31日
« 前の記事「2016年のスキー&スノボシーズンはもうすぐ」へ
いっしょに読みたい 関連記事
サンティアゴ特派員 新着記事
年に1回だけ!一般非公開の施設に入れる文化遺産の日
2016年のスキー&スノボシーズンはもうすぐ
2016年/2017年はチリのサマータイムが復活
2016年のイベント(チリ/サンティアゴ近郊)&祝祭日
サンティアゴでモアイを探せ!!チリのスタチュー/像
夏に向けてダイエット!公園でエクセサイズ
地方の名店の味をサンティアゴで~豚のソレール
チリのパンはフワフワしていません
1年前の同じ月に投稿された記事
銅の国のお土産はこれで決まり!チリ銅公社が共同開発した靴下
チリの地ビールで乾杯!南の雄:クンスマン&中央の雄:クロス

チリ ツアー最安値


2017/4/27更新

中南米 航空券情報


チリ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■チリの旅行記・口コミ「旅スケ」へ