海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > サント・ドミンゴ特派員ブログ > ハイチの首都の幹線道路にソーラーパネル外灯

中南米にもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

ドミニカ共和国/サント・ドミンゴ特派員ブログ monalisita

ドミニカ共和国・サント・ドミンゴ特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年8月15日

ハイチの首都の幹線道路にソーラーパネル外灯


メール プリント もっと見る

ハイチの首都の幹線道路にソーラーパネル外灯

今日は、ドミニカ共和国の隣国ハイチについての話題。


2010年1月にハイチを襲った大震災から、早3年が経過した。去年の時点では、まだ首都の中央公園をはじめとする各所に、震災で住居を失った人々のテント村がたくさん見られていたが、この7月に再び首都のポルトープランスを訪れたら、きれーいにテントが消えていたし、市内の瓦礫も一掃されていた。そして、ひびが入り半壊した国会議事堂も今では、跡形もなく片付けられており、フェンス越しに見えるのは何気なく広がる緑の芝生のみ。国の資金不足のため、新たに国会議事堂を建設するのは、まだまだ先のことになりそうだけど、少しずつ進捗しているのは確かみたい。頑張れ、ハイチ!

(以下の写真は走行中に撮っているので、少しぶれています。あしからず。。。)


テントでいっぱいだった中央公園。今ではすっかりきれいに。


ポルトープランスの道路。瓦礫が周囲に散在していたのが、無くなった。


フェンスの内側にあるはずの国会議事堂は。。。


今回の訪問で驚くとともにとても感心したのが、首都の幹線道路であるデルマ通りの中央分離帯にずらーっと並ぶソーラーパネルの外灯。エネルギー不足はハイチの国の大きな悩みの種で、首都でも停電は毎日。だから、ロウソクや懐中電灯は欠かせない。もちろん、家に自家発電やバッテリーがあれば、24時間電気の恵みを得ることはできるけど、そんなことができる人はほんの一部の人々のみ。

そんなエネルギー不足の国だから、太陽と言う自然の無限の恵みを活用したソーラーパネル付外灯は、とっても役に立っている。こんな風景が、国全体に広がったら素晴らしいんだろうなぁ。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー スポーツ・観戦 交通・鉄道・航空
2013年8月15日
« 前の記事「こんなサービスありですか?」へ
»次の記事「ハイチの通貨」 へ
いっしょに読みたい 関連記事
サント・ドミンゴ特派員 新着記事
ハイチの通貨
ハイチの首都の幹線道路にソーラーパネル外灯
こんなサービスありですか?
三つの国番号を持つ国
カカオツアーでカカオ博士になろう!
ドミニカにおける三大騒音
航空ショーの光と影
カーニバルのシーズンです!
1年前の同じ月に投稿された記事
都会の湖でペダルボートを楽しもう
サントドミンゴに二つ目の動物園?

ドミニカ共和国とその付近のエリア ツアー情報

該当するツアー情報がありません

中南米 航空券情報


ドミニカ共和国旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。

現在登録されているスケジュールはありません。

■ドミニカ共和国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ