海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/札幌特派員ブログ

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

札幌の奥座敷「定山渓」は温泉地として有名で、
近年は外国人旅行客はもちろんですが、地元の人に
根強い人気がある温泉スポットです。


1_花もみじ外観.JPG


2_花もみじ外観2.JPG
“HANA-MOMIJI Hot Spring Hotel in Jozankei, Sapporo City”


なかでも人気が高い定山渓温泉鹿の湯別館「花もみじ」。
今回はこちらの和風旅館をご紹介します。


3_ロビーソファ.JPG
“Lobby of HANA-MOMIJI with high ceiling, arts from Hokkaido and neat furnitures”


“花もみじ”は全室が和風客室の旅館ですが、建物の造りがとてもモダン。
玄関を入ってすぐ、ロビーを見るだけでそれが感じられます。


P8040452.JPG
“High latticed ceiling of the lobby”


組入天井を思わせる天井は建物2階分の高さがあり、
モダンなうえ解放感に溢れています。


4_花もみじロビー_本.JPG


5_花もみじロビー_本.JPG
“Books in the library of HANA-MOMIJI, which contains topical new books and old books related with Sapporo and Hokkaido”


ゆったりくつろげるソファやイスが並ぶ横には、
苔盆栽や北海道にゆかりのあるアートが飾られ、
話題本や札幌・北海道関連の書籍も並び、自由に閲覧できます。


P8040392.JPG
“Lounge Space with LUXMAN’s amps and TANNOY’s speakers”


また、同じく1階のラウンジには、ラックスマンのアンプや
タンノイのスピーカーなどが設置されており、
ドリンクサービスの時間帯には、CDコンサートを行っています。


7_花もみじロビー_中庭.JPG
“Garden view from the lobby”
“ラウンジから見える中庭”


ロビーとラウンジだけでも感激しましたが、客室へ行くと…。


8_花もみじ客室.JPG
“Guest room”


全室同じ間取りという客室に一歩足を踏み入れると、
い草の香りに包まれます。
6カ月に1度は交換するという畳の香りです。


窓からは青々とした定山渓の森の緑が目に入り、
い草の香りと緑で森林浴の気分になりました。
洗面所などの広々とした造りも贅沢です。


9_花もみじおもてなし.JPGのサムネイル画像


“HANA MOMIJI Orijinal and Seasonal onsen-manju in the pan to warm”


思わず感嘆の声を上げてしまった花もみじ特製温泉饅頭は、
なんと部屋で温めて食べられるようになっていました。


季節ごとに異なる温泉饅頭が入っているそうで、
花もみじの売店でも購入できます。


さて、いよいよ待望の温泉です。


10_花もみじ_もみじ湯.JPG
“MOMIJI-YU SPA in a Japanese style garden”


2階にある「もみじ湯」は、その名の通り、
秋には紅葉を楽しみながら入ることができる温泉ですが、
日本庭園の中にある露天風呂は特に四季を通じて趣ある風情を楽しめそうです。


11_花もみじ_もみじ湯_シャンプー.JPG
“Shampoo Bar for the MOMIJI-YU SPA”


12_花もみじ_もみじ湯.JPG
“Dressing room with a baby crib in MOMIJI-YU SPA”


13_花もみじ_もみじ湯休憩所.JPG
“Lounge space for the customers of MOMIJI-YU SPA”


雰囲気がとてもよい「もみじ湯」ですが、機能的にも便利です。
“シャンプーバー”があり、たくさんの種類のシャンプー類が常備されているほか、
無料のマッサージチェア、脱衣所にはベビーベッド、そして
アジアン調の「お休処」では、ワインを無料でいただけます。


14_花もみじ_風月の湯.JPG

15_花もみじ_風月の湯_露天風呂.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像


“Indoor bath and open-air bath of FUGETSU SPA on the 12th floor”


浴場は”もみじ湯”のほかにもあります。
12階にある「展望浴場 風月の湯」は、まるで森林のなかで入浴している気分に!


露天風呂も然り。
空が仰げるのも展望浴場の醍醐味です。


16_花もみじ_展望貸し切り湯天の湯.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像


17_花もみじ_展望貸し切り湯天の湯脱衣所.JPG
“One of the chartered bath, AMANO-YU SPA on the 12th floor”


予約制の貸し切り温泉が12階に3つあります。
そのひとつが「展望貸し切り湯 天の湯」。


大浴場の風月の湯よりさらに森が近くに感じられるほか、
脱衣所のドレッサー等設備・備品が充実しており、
より贅沢なプライベートタイムを過ごすための心配りが随所に。


18_花もみじ_ルミナリエ宿泊特典.JPG


ちなみに、2017年10月22日(日)まで開催のイベント
「定山渓ネイチャールミナリエ」に伴い販売している宿泊プランは、
宿泊者全員に北海道・鹿追町産の飲むアイス「ちゅーちゅーソフト」付きです。


花もみじに実際に来てみると、人気の秘密がよくわかります。
日常の喧騒を離れ、優雅なひとときを過ごしたくなったら、
和とモダンと心配りがちりばめられた「花もみじ」がおススメです。


【定山渓温泉鹿の湯別館 花もみじ】
札幌市南区定山渓温泉西3-32
TEL: 011-598-2002
*アクセス*
・無料送迎バス: NHK札幌放送局前15:00出発、ホテル前16:00到着(翌10:00ホテル出発、11:00NHK札幌放送局前到着)
・「じょうてつバス」で「JR札幌駅南口バスターミナル」12番乗場(定山渓線)より直行バスで所要時間約60分
・「じょうてつバス」で地下鉄南北線「真駒内駅」4番乗り場(定山渓線)より所要時間約50分、「定山渓湯の街」停留所下車、徒歩約3分(約530m)
・車で札幌中心部より国道230号線経由で約27km、所要時間約44分


関連サイト
定山渓温泉花もみじ
定山渓観光協会
【Booking.com 花もみじ】


2017年8月18日

地下鉄「大通駅」直結のジューススタンドが
2017年8月9日にオープンしました。


1-P8030327.JPG


『KOTORI JUICE STAND』(コトリ ジュース スタンド)です。


北海道産のものを中心にフレッシュな野菜やフルーツを使い、
目の前でフレッシュジュースやスムージー、パフェスムージーを作ってくれます。


1-P8030349.JPG


地下鉄「大通駅」9番出口の階段を上がった左手にあります。


1-P8030346.JPG


“Blueberry Smoothy with malted rice from Hokkaido”
ブルーベリースムージー(10オンス・550円)。
見た目がきれいなだけではありません。


北海道・増毛(ましけ)町産ブルーベリーを使用、
北海道産「ゆめぴりか」の米こうじ甘酒も入っています!


米こうじ甘酒が入ると、とてもまろやかなやさしい味に。
冷たい甘酒がおいしい!と感じるスッキリスムージーです。


1-P8030347.JPG


“Pineapple Smoothy with malted rice from Hokkaido”
ちなみにこちらは「パインスムージー」(10オンス550円)。


1-P8030344.JPG


From left to right, “Fresh Apple Juice” “Fresh Japanese Mustard Spinach Juice with Fruits”
“Blueberry Smoothy with malted rice” “Pineapple Smoothy with malted rice”
左から順に「そのまんまりんご(12オンス)」「小松菜スペシャル(10オンス)」
「ブルーベリースムージー(10オンス)」「パインスムージー(10オンス)」。


なかでもおススメは「小松菜スペシャル」(10オンス・550円)。
小松菜のほかにオレンジ、パイン、りんご、レモンバーム、
レモンが入っているそうで、とてもおいしかったです。
体の血がきれいになっていくような気持ちになりました。


1-P8030339.JPG


“Lineup of Parfait Smoothy”
今回は飲んでいませんが、このほかのラインナップには、
「原谷農園のにんじんジュース」(10オンス480円・12オンス650円)
プレミアムジュースの「スーパーメロン」(苫前町産メロン使用、12オンス1,500円)
写真↑のパフェスムージー3種類などがあります。


1-P8030328.JPG


季節によって採れるもの、採れないものがあるので、
できる限り北海道産のものを使用し、かつ、
限りなく素材100%に近いジュースです。


朝7時半からオープンしているので、目覚めの一杯にも
疲れた身体を癒すにもよさそうです。
ススキノ・ナイトを楽しんだ翌日にもきっと役立ちます。


札幌中心部で、手軽に身近に体にうれしい形で
北海道のフレッシュな味を楽しんでみませんか?
今の季節、大通公園できれいな青空を見ながら飲むと
一層気持ちがよいです!


【KOTORI JUICE STAND(コトリ ジュース スタンド)】
札幌市中央区大通西4丁目 道銀ビルディング B1F
TEL: 011-251-2667
営業時間: 平日7:30~
      土日祝10:30~
定休日: 不定休
※テイクアウトのみ
*アクセス*
・地下鉄「大通駅」9番出口直結


関連サイト
KOTORI JUICE STAND


2017年8月16日

焼き鳥が食べたくなると訪れるのが「串鳥」。
札幌本社で、主に札幌近郊を中心に展開している焼き鳥チェーン店です。
札幌では人気の焼き鳥店で、釧路在住の頃、串鳥の焼き鳥が恋しかったことを
今でもときどき思い出します。


1-P8010213-001.JPG


“Wine Sakaba TANTO”
その串鳥が展開する新業態が「串鳥のワイン酒場TANTO」。
早速、ご紹介します。


串鳥のワイン酒場TANTO


初めて訪れたのですが、異国の酒場を思い起こさせる雰囲気に
昔行ったスペインのバルを思い出しました。


今回は、季節限定メニューを中心にいただきました。


1-P8010220.JPG


“Draft beer, SAPPORO CLASSIC”
駆け付け1杯(?)で、まずはビールを。
生ビールは”サッポロクラシック”(420円)です。


1-P8010250.JPG


1-P8010229.JPG


“Assorted appetizers”
「前菜盛り合わせ」。
「前菜おまかせ3点盛り」は680円、「さっぱり味わう前菜5点盛り」980円などがあります。


1-P8010242.JPG


“Otoshi -Appetizing small dish-“
こちらはお通しです。
この日の野菜たっぷりのお通しは通常メニューにして欲しい!
と思うほどおいしく、食べるほどにもっと食べたくなりました。


1-P8010247.JPG


“Carpaccio of Roast beef”
「ローストビーフのカルパッチョ」(750円)
ローストビーフのやわらかさに驚きました。
野菜と一緒かつバルサミコ酢が香り、爽やかにいただけます。
期間限定メニューです。


1-P8010254.JPG


“TANTO Beef Loin Steak”
「TANTO牛ロースステーキ」(150g 1,280円)
こちらも牛ロースの味がしっかり味わえ、ボリューム感もたっぷり。
炭火で焼いているそうです。


1-P8010267.JPG


日曜に行くとガーリックライス付きになります。
ガーリックライスもつい食べ進むおいしさです。


1-P8010291.JPG


1-P8010273.JPG


“Yakitori -Grilled meat on a stick: “Mushroom rolled in pork” “Cherry tomato rolled in pork”
そしてTANTOならではのこちら。
“やきとり”です。
「豚巻きマッシュルーム」(1本240円)と「豚巻きプチトマト」(1本280円)。


1-P8010287.JPG


ワインと一緒に焼き鳥を楽しむ至極の時間。
グラスでは360円~、ボトルでは1,680円~あります。


1-P8010269.JPG


1-P8010271.JPG


“Fried shrimp in garlic oil”
「エビのアヒージョ」(590円)


エビの味がしみ込んでいるガーリックオイルに
パンを浸して食べると、ワインがさらに進みます。


この日のエビは脱皮したてのエビとのことで、
殻ごといただきました。
やわらかい!


1-P8010276.JPG


“Spicy Curry Pizza”
「スパイシーカレーピッツァ」(800円)
こちらも期間限定メニューのひとつ。


とにかくスパイシー!
辛いのがお好きな方に特におすすめしたいピッツァです。
カレーの香りでさらに食欲も増進。


1-P8010294-001.jpg


“Crema Catalana from Hanabatake Farm”
「花畑牧場のカタラーナ」(420円)
〆にはデザートを…


1-P8010259.JPG


スペインのカバ(スパークリングワイン)「コドーニュ」とともに
いただきました。
コドーニュは、グラス1杯で670円、ボトルは3,900円。


気が付けば満腹になるまで、すっかり”TANTO”(たくさん)な料理を満喫しました。


夜は料理・焼き鳥・ワインを気軽に楽しめるお店ですが、
ランチタイムもあり、パスタやピザのほか、串鳥のスープ(札幌ではお馴染み)ベースのリゾット、
また、週替わりでカレーライスやハヤシライスも登場するそうです。
札幌駅界隈にあり、夜は24時まで営業しているので、夜・昼ともに利用しやすいと思います。
カウンター席もあるので、出張中のひとり飲みもしやすいお店です!


【TANTO時計台通店】
札幌市中央区北3条西2丁目 アストリア札幌ビル 1F
TEL: 011-251-7410
営業時間: 月~土 Lunch 11:00~14:00(11:00~13:00禁煙)
Dinner 16:00~24:00(L.o 23:30)
      日・祝 Dinner 15:30~23:30(L.o 23:00)
チャージ料: ひとり200円
定休日: 年末年始
席数: 48席
*アクセス*
・JR「札幌駅」より徒歩約7分(約520m)
・地下鉄南北線「さっぽろ駅」10番出口より徒歩約3分(約220m)

関連サイト
串鳥のワイン酒場TANTO



2017年8月15日
2017年7月21日
2017年7月 4日
2017年7月 3日
2017年7月 2日
⇒すべての記事を見る

北海道旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内特派員ブログ一覧

ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 札幌特派員

    札幌特派員
    市之宮 直子
    小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集