海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/札幌特派員ブログ

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


旅の途中、連日、おいしいものを食べ続けて、
いわゆるグルメ三昧を少し休憩したいときはありませんか。


P7230894.jpg


お米ごはんをサラりとおいしく食べられるお店をご紹介します。
2018年7月にメニュー変更を行い”お米バー”と”おだしバー”というスタイルで
ごはんをよりおいしくいただくヒントが満載のビュッフェランチを提供する
「あじと Cafe HIHI”NO(カフェひびの)」です。


P7230939.jpg


“Cafe HIBITO near the Horohirabashi Station”


中島公園の南端、地下鉄南北線「幌平橋駅」2番出口から徒歩約2分。


P7230898.jpg


P7230899.jpg


建物1階はお米や食品などを販売する店舗”米屋Bey Bey”、
その2階がお米のビュッフェランチができるカフェです。


メニューは3種類。
“おこめバー+おだしバー+ドリンク”を基本に、季節の2品、ごはんのおともがセットになった
“AGT SPECIAL C”(\1,200)が最もシンプルなメニューで、
これに好きなスイーツを選んでプラスする”AGT SPECIAL B”(\1,900)、
Bのスイーツに代わり”美肌プリン”をプラスする”AGT SPECIAL A”(\1,700)があります。


P7230928.jpg


P7230886.jpg


いずれも土鍋で炊いた”ごはん”、ごはんにかける”おだし”が3種類(おかわり自由)。
“おだし”は、お好みでごはんにかけていただくのですが、
おだしによって、お茶漬け風だったり、冷や汁風、リゾット風にいただけるのです。


P7230893.jpg


ごはんのおとももビュッフェ形式で好きなものを自由に選ぶことができます。
そしてドリンクは5種類から選択。


ごはんは「小粒のデトックス玄米」「オリジナル雑穀米」
「3日間寝かせて発酵させた玄米」、
おだしバーは「あじと米味噌」「トマトとアボカド」
「玉露」の3種類で、いずれもおかわりができます。


P7230900.jpg


最初に選んだごはんとおだしに味噌汁、季節の2品が運ばれてきました。
おだしは”トマトとアボカド”です。


このおだしに隠れて見えませんが「いり番茶」が
お口直しとしてついています。


P7230882.jpg


P7230910.jpg


定番の和風そうざいから、オリーブオイルなど、普段はあまり
“ごはん”に組み合わせないようなものまで、さまざまある”ごはんのおとも”は、
ネームプレートの色で各”おだし”との相性がわかる仕組みです。


P7230911.jpg


いろいろな”おとも”を少しずつ乗せていくと
おだしとの相性に期待と不安が混ざり合い、
食べてみるまでドキドキしますが、同時にワクワクもします。


P7230913.jpg


組み合わせを考えたり、味覚に集中したりで、
いつも以上にごはんやおかずをじっくり味わうランチになりました。


P7230930.jpg


P7230922.jpg


スイーツとドリンク(写真は手作りジンジャーエール・ローズヒップの氷入り)を
楽しむ前に、予想以上にごはん(とダシ)がすすみましたが、
デザートタイムは別腹で、やはりおいしくいただきました。


P7230935.jpg


P7230934.jpg


1階のお店では日本酒に漬けた”日本酒レーズン”入りの
「麹スコーン」やランチの口直しにあった「いり番茶」などを購入できます。


北海道グルメ三昧の食事から少し趣向を変えた
毎日の”ごはん”のヒントにもなるごはんグルメを楽しんでみるのも
旅の道中では新鮮な過ごし方になるかもしれません。
中島公園散策の際にに訪れるてみてはいかがでしょう。


【あじと Cafe HIHI”NO】
札幌市中央区南16条西4-1-10
TEL: 011-552-3729
営業時間: 11:30~18:00(L.o 17:00)
      ランチタイム 11:30~14:00
定休日: なし
*アクセス*
・地下鉄南北線「幌平橋駅」2番出口より徒歩約2分



2018年8月21日

車で新千歳空港から約40分、札幌から約60分のところにある由仁町の観光スポット、
「ゆにガーデン」で夏の終わりを花いっぱいのなかで過ごしました。


2018年は世界的に異常気象なようで、北海道でもいつにない蒸し暑さが続いた夏でしたが、
お盆シーズンには暑さが一転、8/17には大雪山系黒岳で、史上最も早く初雪を観測したそうです。


1_20180824_Sunset.jpg


“The English garden with seasonal flowers, Yuni Garden, in Yuni Town, Hokkaido”


一気に秋めいてきた北海道ですが、今シーズン最後の”夏らしさ”を求めて
花であふれるイングリッシュガーデン”ゆにガーデン”を訪れました。


建物に入る前に自動販売機でチケットを購入します。
夏期シーズンの入園料は、大人ひとり620円、小学生300円(シニア420円)。
ランチバイキングがセットになったチケット
(大人1,950円・小学生1,000円・シニア1,450円)もあります。


建物に入ってチケット見せると、ソフトクリームの割引券を手渡されました。
そのまま奥へ進み、屋外のガーデンへ。


2_view_P8180619.jpg


“The view from the Center House”


澄み渡る空と広い庭園!
眼下に広がるこの光景を見るだけで、清々しい気持ちになります。


3_rose_P8180621.jpg


そして早速、日の光を浴びて輝くように咲く花に遭遇。
8月半ばを過ぎていますが、オレンジのバラに
ガーデン散歩への期待感が膨らみます。


3_map_P8180506.jpg


建物を出た目の前にガーデン全体の地図があります。
思った以上に広い!


4_yellow_P8180624.jpg


早速、はやる気持ちに従い、ゆにガーデン散策へ。


5_yellows_P8180512.jpg


6_blueskyandyellow_P8180517.jpg


“The yellow flowers in the Knot Garden”


ゆにガーデンは、さまざまなテーマに沿って作られた
14のガーデンで構成されています。


7_white_P8180534.jpg


8_white_P8180538.jpg


10_lily_P8180539.jpg


“White Garden with the various white flowers”


例えば、花の色でまとめたガーデン。
クリーム色のリナリアをはじめ、ときおりポツポツと目にする花も
それぞれの色の帯に見える群生は圧巻です。


9_hamanasu_P8180542.jpg


“White ramanas rose”


個人的には、白いハマナスが印象的でした。
バラ色のハマナスは北海道の花として、街中でもよく見かけますが、
白いハマナスは珍しいかもしれません。


11_steps_P8180551.jpg


“The wooden steps which lead to the Water Garden”


花のみならず、白樺の林もありました。
木の階段を下りてくるとウサギと触れ合えるスポットがあります。


12_watergarden_P8181093.jpg


“The flowers in bloom over the pond”


アヒルがのんびり休んでいた池は、水辺の植物が楽しめる
ウォーターガーデンです。
池にせり出している花に趣きを感じます。


12_apples_P8180555.jpg


“The crab apple trees with a lot of fruits”


チャペルがあるウエディングガーデンへ向かう途中、
ヒメリンゴがたわわに実っていました。
秋を感じる一瞬です。


13_garden_P8180560.jpg


“The English border garden, Broad Walk”


「ブロードウォーク」と名付けられたボーダーガーデンは、
ヨーロッパの広い宮殿庭園を思わせるたたずまい。


14_yellow_P8180561.jpg


15_pink_P8180563.jpg


手前から奥へと高さが違う花が並んだイングリッシュボーダーは、
160mに渡って続きます。


16_hydrangea_P8180582.jpg


“Hydrangea Path”


「アジサイの小道」。
まだ爽やかなブルーの花が満開に咲いています。


17_conifer_P8180585.jpg


広々とした中にもデザインが美しいドワーフコニファーと
その奥に咲く白ユリが目を楽しませてくれます。


18_steps_P8180589.jpg


“The steps to happiness with 102 steps”


白ユリに導かれるように進むと、傾斜に沿って階段があります。
102段あるそうで、「幸せの階段」といいます。


19_gardenview_P8180603.jpg


“The view from the point at the head of the steps”


階段を上り切って振り返ると、ボーダーガーデンが広がっています。


20_bellanddorm_P8180602.jpg


“The Bell for Happiness of Yuni Garden as the Lover’s Sanctuary”


そして「幸せの鐘」。


21_bell_P8180595.jpg


“恋人の聖地”に認定されている「ゆにガーデン」、
庭園内を散策すると、この鐘の音が聴こえてきます。


22_erica_P8181111.jpg


“Heath Garden”


今回、個人的に最も英国を感じたエリアが「ヒースガーデン」。
“エリカ”と呼ばれる非常に耐寒性が強いこの花は、北海道の気候にもぴったりです。
ヒースランドを思わせるエリカと岩石が作る景観は、ほかでは見たことがない規模でした。


23_building_P8180625.jpg


センターハウスに戻ったところで、軽いウォーキングのあとのこちら。


24_softicecream_P8180628.jpg


“The mixed-taste soft ice cream of prune which is from the Yuni Garden, and vanilla”


ソフトクリーム(350円)!
“期間限定ゆにガーデン産プルーン”とバニラの2種類があり、
今回はミックスをいただきました。
プルーンソフトクリーム、初めて食べましたがおすすめです。
なお、入場時に手渡された割引券で300円で購入できました。


25_terrace_P8180633.jpg


涼しい風と少し弱まってきた日差しのテラスで
のんびりと過ごす散策後の小休憩は格別です。


26_salvia_P8181124.jpg


“Red salvia”


7月が北海道の花のピークかと思っていましたが、8月半ばも十分に楽しめました。
これからの時期は、9月上旬頃までがサルビアやミント、
9月上旬~10月中旬は50万本ものコスモスが見ごろになります。


新千歳空港や札幌市内からドライブにちょうどよい距離にありますが、
「ゆにガーデン」を組み入れた札幌発着のバスツアーもあるので、
札幌からの日帰りツアーにもおすすめです。


【ゆにガーデン】
北海道夕張郡由仁町伏見134-2
TEL: 0123-82-2001
2018年開園期間: 10/21(日)まで
営業時間: 平日 10:00~17:00
      土・日・祝 9:00~17:00
      (入園受付は16:30まで)
入園料: 6~9月 大人620円・シニア420円・小学生300円
     4・5・10月 大人310円・シニア210円・小学生110円
     (このほかランチバイキングセット料金有り)
*アクセス*
・車で札幌より約50分(国道36号線経由国道274号線または道道札幌夕張線/約40km)
・車で新千歳空港より約35分(国道337号線→国道274号線→国道234号線/約30km)
・JR「千歳線」で新千歳空港より由仁行き乗車、「南千歳駅」と「追分」駅で乗換えて「由仁駅」下車後、タクシーで約5分
・夕鉄バスで「新さっぽろターミナル」北レーン12番より夕張方面行乗車、「由仁駅前」停留所下車(約60分)後、タクシーで約5分


関連サイト
ゆにガーデン


2018年8月19日

北海道の西、ニセコエリア(羊蹄山周辺地域)、
ニセコ町ニセコにあるおいしいソーセージのお店を紹介します。


11_1_sighnage_P6230349.JPG


ニセコアンヌプリスキー場の麓にある手作りソーセージの「Eff Eff」(エフエフ)。


10_2_appearance_P6230350.jpg


どこかヨーロッパの山間を思わせるような風情の
ペンションが立ち並ぶ閑静なエリアにあります。


ソーセージの本場、ドイツの工房で手作りソーセージの製法を学んだオーナーがつくる、
添加物をほとんど使わないやさしい味のソーセージを購入できます。
店内では直火で炙ったソーセージを味わえるお店です。


9_3_piano_P6230364.jpg


お店に入ると、とても古いピアノが出迎えてくれます。


8_4_saltdisplay_P6230355.jpg


店内の装飾品にも注目!
世界のあちらこちらから集まったような小物の数々を
じっくり見るのも楽しい店内です。


7_5_grilledsausage_P6230373.jpg


「焼きソーセージセット・ランチ」(\1,100)をいただきます。


6_lunchset_P6230390.jpg


店内のグリルで焼いたソーセージ数種類がセットになった
とてもお得なランチ!


5_7_sausage_P6230383.jpg


カレーシュペック(ベーコン)からチョリソー、ヴァイスブルスト、
ニュールンベルガーと、まるでソーセージのオールスター。
付け合わせのザワークラウト、ピクルスとともに。


4_8_salad_P6230386.JPG


ソーセージのラインナップだけでもとても満ち足りた気分になるランチセットですが、
ピメント(パプリカ)が入ったツンゲブルストと一緒にいただく
季節の新鮮な野菜のサラダでより贅沢な気持ちになります。


3_9_bread_P6230397.jpg


セットのパンは、近くのペンションで焼いてもらっているそうで、
ソーセージにぴったり、やさしい味のパンです。


2_10_coffee_P6230395.JPG


本来は、ビールとともにいただきたかったエフエフの手作りソーセージ!
車で行ったので、食後にコーヒー(\400・ソーセージを食べた場合\220)を飲みつつ、
おいしかった滋味深いソーセージの余韻を楽しみました。


1_11_souvenirsausage_P6220440.jpg


肉の甘味・旨味をじっくり感じられるエフエフのソーセージ。
ドライブで行った際は、やはり、お土産で持ち帰って
家でビールと一緒に楽しむことをおすすめします。


【手作りハム・ソーセージ&レストランEff Eff(エフエフ)】
北海道虻田郡ニセコ町ニセコ483-1
TEL: 0136-58-3162
夏期営業時間(7~8月): ショップ・ランチコーナー 9:00~17:00
夏期以外の営業時間: ショップ 9:00~17:00
           ランチコーナー 11:00~15:00(週末金・土・日のみ営業)
定休日: 毎週火曜・水曜(夏期以外は金曜・土曜・日曜のみ営業)
*アクセス*
・車で札幌中心部より国道230号線経由で約2時間
・電車でJR函館本線「ニセコ駅」よりニセコバス昆布温泉・ニセコ山の家方面行き乗車、「アンヌプリスキー場」停留所(所要時間約12分)下車すぐ


関連サイト
手作りハム・ソーセージ エフエフ


2018年7月25日
2018年7月 6日
2018年7月 2日
2018年7月 1日
2018年6月30日
⇒すべての記事を見る

北海道旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 札幌特派員

    札幌特派員
    市之宮 直子
    小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集