海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > バスで行く"余市・仁木ワインツーリズム"で自然&ワ...

日本国内にもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年3月13日

バスで行く"余市・仁木ワインツーリズム"で自然&ワイン三昧ツアー・後篇


メール プリント もっと見る

バスで行く"余市・仁木ワインツーリズム"で自然&ワイン三昧ツアー・後篇

モニターバスツアー「余市・仁木ワインツーリズムプロジェクト」の
後篇です。

【余市・仁木ワインツーリズム行程】 中央バス札幌ターミナル(8:10発) → 小樽運河ターミナル(9:10着9:30発) → 余市駅前(10:00着) → 「リタファーム&ワイナリー」(約50分) → ヒロツヴィンヤード(約30分) → 「ベリーベリーファームレストラン」(昼食/約60分) → 「仁木ヒルズ」(約40分) → 「余市ワイナリー」(約40分) → 「南保留太郎商店・棒丸内海商店」(約20分) → JR余市駅前(約30分) → JR小樽駅前 → JR札幌駅北口 → 中央バス札幌ターミナル(18:00頃)

Brand-new winery in Niki-cho "NIKI Hills" which has just started to vinify wine entirely from grapes grown in Niki-cho and Yoichi-cho in October 2015

Brand-new winery in Niki-cho "NIKI Hills" which has just started to vinify wine entirely from grapes grown in Niki-cho and Yoichi-cho in October 2015


2015年に建物が完成し、同年10月に
最初のワイン醸造を開始した
「NIKI Hills」。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Brand-new facilities for vintage in NIKI Hills

Brand-new facilities for vintage in NIKI Hills


Staff of NIKI Hills, Mr. Minoru Okubo

Staff of NIKI Hills, Mr. Minoru Okubo


真新しい設備を前に
仁木ヒルズの大久保さんが
今後の展望などを話してくださいました。

大久保さんの曾おじいさんは、
仁木町の最初の開拓者のひとりだそうです。

広大な敷地にはワイナリーのほか、
ワインセラー・レストラン・ホテル・
イングリッシュガーデンを作る予定。
これからの進化に目が離せません!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Very first wine put in a cask in NIKI Hills in October 2015

Very first wine put in a cask in NIKI Hills in October 2015


2015年10月に初めて醸造・樽詰めされたワイン。
4月に仁木ヒルズ初のワイン瓶詰めを行い、
初出荷の運びです。

Apple juice from NIKI Hills

Apple juice from NIKI Hills


ワインは初出荷前ですが、
Apple Ciderをホットでいただきました!
じんわり体に沁みました。

14時半頃、仁木ヒルズを出発し、
「余市ワイナリー」へ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

余市ワイナリーは"千歳鶴"で有名な
日本清酒が運営しています。

"Sake in the festive premium bottles for the Hokkaido Shinkansen's First Operation" at the "Cafe and Bakery Shop" in Yoichi Winery

"Sake in the festive premium bottles for the Hokkaido Shinkansen's First Operation" at the "Cafe and Bakery Shop" in Yoichi Winery


自由時間だったので「カフェ&ベーカリー」へ。
アップルパイが人気で残り1個になっていました。

ショップもあって日本清酒の記念清酒も発見。
「千歳鶴 北海道新幹線 H5 プレミアムボトル」です。
余談ですが大人気だそうです。

"Yoichi Winery Restaurant"

"Yoichi Winery Restaurant"


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

レストランへ移動し、事前に届いていた同ツアー用
ハガキを見せ、ワイン1種類とチーズ盛り合わせを
無料でいただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ワインもさることながら、このとき、
一緒に食べるチーズによって、
ワインの味がこんなにも変わる!
ということを身をもって実感。

北海道産チーズプレートはカマンベール、
ミモレット、モッツァレラ、ゴーダ。

私が飲んだ余市ワイン「アルモノワール2014」は、
後志エリア、黒松内町のアンジュドフロマージュ
「朱太(シュブト)」を食べると
一層風味が深まりました。

Sea food products shop "Utsumi Shoten" in Yoichi-cho

Sea food products shop "Utsumi Shoten" in Yoichi-cho


Smoked-cured products shop "Nanpo Shoten" next to Utsumi Shoten

Smoked-cured products shop "Nanpo Shoten" next to Utsumi Shoten


Smoked tofu and vegetable

Smoked tofu and vegetable


余市には海産物も豊富に獲れる町です。
その一面も味わうべく、
海産珍味の「棒丸内海商店」とそのお隣の
「燻製屋南保留太郎商店」に立ち寄りました。

内海商店では前浜産丸干しイカ"ごろつき"を
南保商店では燻製えだまめと豆腐を購入。

Toy vending machine "Gacha gacha" in JR station "Yoichi"

Toy vending machine "Gacha gacha" in JR station "Yoichi"


16時過ぎ、とうとう最後の訪問場所、
JR余市駅に到着しました。

余市は日本一のブドウ栽培量、
ドラマ「マッサン」の舞台になったほか
宇宙飛行士・毛利さんの出身地でもあり、
宇宙グッズのガチャガチャがありました。

Tasting time of wine from grapes in Yoichi-cho on the second floor of JR station "Yoichi"

Tasting time of wine from grapes in Yoichi-cho on the second floor of JR station "Yoichi"


そして余市の方々のご好意で、
思いがけず余市産ブドウの
サプライズ・ワインテイスティング。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Hand-made snakcs of sea foods from Yoichi-cho for the last wine tasting of the day

Hand-made snakcs of sea foods from Yoichi-cho for the last wine tasting of the day


余市産小女子のマリネと身欠きニシンを使った
手作りおつまみ付きで、こちらも超美味。

One of the souvenir from the tour "Stamps of the Power Spots in Yoichi-cho"

One of the souvenir from the tour "Stamps of the Power Spots in Yoichi-cho"


最後は余市町のパワースポットを
バスの中から見学しつつツアーは終了です。

写真はこのツアーからのお土産!
直接すべてを訪問できませんでしたが、
パワースポットのご利益が半分でもありますように、
との粋な計らいの全パワースポットのスタンプです(笑)。

Souvenir from "Yoichi Niki Wine

Free souvenirs from "Yoichi Niki Wine Tour"


「余市・仁木ワインツーリズム」は、
個人では行けない場所で専門家の話を
身近に聞ける貴重なツアーでした。

終わってみるとお土産(写真↑)も
たくさんいただいていました!
余市町・仁木町みなさんの心意気が伝わる
おいしく楽しいツアーです。

2016年6月からは毎日曜、札幌・小樽発着で
その日・その時だからできる毎回異なる内容の
ワインツーリズムツアーを実施する予定だそうです。
(参加費12,000円を予定)

至れり尽くせり、盛りだくさんの
余市・仁木ワインツーリズムでした。

【NPO法人ワインクラスター北海道】 小樽市色内1-1-12小樽運河ターミナル1階 TEL: 0134-64-5581 営業時間: 10:00~17:00 定休日: 火曜日

関連リンク
ワインクラスター北海道
NIKI Hills(仁木ヒルズ)
余市ワイナリー
棒丸内海商店
燻製屋南保留太郎商店


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 旅行・ツアー・ホテル 自然・風景
2016年3月13日
« 前の記事「注目の"余市・仁木ワインツーリズム"で自然&ワイン三昧ツアー・前篇」へ
»次の記事「選べる自由♪道産食材で充実のヴィーガン・ベジタリアン・ノンポークメニュー「Farm to Table T...」 へ
おすすめ記事
    札幌特派員 新着記事
    日本一の黄色い世界へ~滝川市の菜の花畑
    「うぉんたな」で、和食・十割そば・日本酒を心ゆくまで。
    噂通りの満足感、小樽の「民宿 青塚食堂」で舌鼓。
    サクラに続くチューリップ、ライラック。彩り溢れる札幌の街
    ようやくサクラ!札幌の桜、2017年は4月28日開花宣言。
    「Siesta Labo」の「手作り石鹸」と、無農薬"モリンガ"の「オイルセラム」
    気ままに走る後志III~「ニッカウヰスキー」経由「小樽ミルクプラント」行き
    気ままに走る後志エリアII~ラムステーキも絶品!「ベリーベリーファームレストラン」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    「きびだんご」は北海道のおやつ?!
    気軽においしい「BISTROT deja?」(ビストロ・デジャ)~サッポロファクトリー向かい
    2015年、札幌は3月27日に積雪ゼロ
    札幌の「青い空流れる雲」は、ヘルシーでおいしいオーガニック
    札幌で人気のサンドイッチ店「さえら」
    北海道発!美と健康維持で注目の商品をお土産に。「血糖値スマートライフ チョコレートとキャンディ」
    札幌の動物たち~東風そよぐ札幌市円山動物園で
    北海道のソウルドリンク、「ガラナ」と「リボンナポリン」
    2015年、千年に一度のイチゴ・イヤーは期間限定「いちごづくしのコース」@札幌パークホテル~2015.5.31

    北海道旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    三宅島京都八丈島函館北海道南三陸南島原大阪富山山形広島新宿新潟札幌東京松前横浜沖縄湘南神戸能登長野青森