海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > 「小樽雪あかりの路19(2017年)小樽運河会場」...

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年2月15日

「小樽雪あかりの路19(2017年)小樽運河会場」+「あったマルシェ」を振り返って


メール プリント もっと見る

「小樽雪あかりの路19(2017年)小樽運河会場」+「あったマルシェ」を振り返って

2017年の「小樽雪あかりの路」は、2月12日に終了しました。
先日ご紹介した「手宮会場」に続き、今年の小樽雪あかりの路を「小樽運河会場」とともに振り返ってみます。


旧三井銀行小樽支店・あったマルシェ


"Former Mitsui Bank Otaru Branch"
2017年は、小樽雪あかりの路のイベント期間中、3日間に渡り
「@Marche(あったマルシェ)というイベントが
株式会社ニトリ主催、小樽市後援で開催されました。


会場は、写真↑の「旧三井銀行小樽支店」。


小樽雪あかりの路2017


イベント会場の旧三井銀行小樽支店前にも小さな雪あかり。


旧三井銀行小樽支店・あったマルシェ


旧三井銀行小樽支店は、かつて19世紀から20世紀初めにかけて、
「北のウォール街」と呼ばれ、北海道の経済活動の中心地でした。
この建物も、その当時、1927年に建設されたもので、ルネサンス様式の外観が特徴です。


旧三井銀行小樽支店(2017)


なかなか入ることができない建物の中は吹き抜けになっています。
天井には彫刻、壁伝いに回廊がある瀟洒なたたずまいは、小樽の歴史と往年の繁栄を思わせます。


旧三井銀行小樽支店・あったマルシェ(2017)


銀行だっただけあり、大理石のカウンターが印象的。
このカウンターを利用し、お洒落な雑貨などを並べ、販売していました。


yukimichi@あったマルシェ2017


yukimichi@あったマルシェ2017


写真↑は、出店者「yukimichi」さんの商品。
どれも使い勝手がよさそうで、いろいろ欲しくなります。


UNGA↑@あったマルシェ2017


「UNGA↑」さんの和三盆や飴菓子。


カウンターの内側はカフェになっており、たくさんの人がスイーツなどを楽しんでいました。
旧三井銀行小樽支店の建物は、3日間限定で特別に解放されて実施したイベントでしたが、
夏には美術館としてオープンする予定があるそうです。


小樽雪あかりの路2017


"Waxballs in the yard of the Former Mitsui Bank Otaru Branch"
旧三井銀行小樽支店建物裏のワックスボール・雪あかり。


あったマルシェは、建物も販売しているものもとてもきれいで、
後ろ髪をひかれつつ、小樽運河へ向かいました。


yukimichi&UNGA↑


ちなみにこの日の戦利品。
欲しいもののはいろいろありましたが、割れ物を避けてこの3点に。


小樽雪あかりの路・浮き球


"Glass float candle"
運河へ向かう道すがらも、通り沿いにたくさんのキャンドルが並びます。
浮き球のキャンドル。


小樽雪あかりの路2017小樽運河会場


"Otaru Snow Light Path at the Otaru Canal Site"
辿り着いた小樽運河は、すでに多くの人で賑わっていましたが、
やはり何度見ても美しい光景に息をのみました。


小樽雪あかりの路・浮き球


小樽雪あかりの路・小樽運河


小樽雪あかりの路・小樽運河


「あったマルシェ」で買い物をしているうちに辺りは真っ暗になってしまいましたが、
雪あかりの路は、薄暗くなってきた時間帯もまた違った雰囲気の幻想的な光景です。


小樽雪あかりの路・小樽運河


雪あかりで見るキャンドルの優しい光は、寒い冬、雪深いからこそ楽しめる北海道の風物詩です。


関連リンク
小樽雪あかりの路
yukimichi
UNGA↑

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2017年2月15日
« 前の記事「ひとつのコースで異なる印象の料理5品。"スーパーフード"食材のランチ~チャイニーズダイニング黄鶴」へ
»次の記事「大将のひと手間、ふた手間が光る『鮨 無双』、ときには漁師さん直配のネタも!」 へ
おすすめ記事
    札幌特派員 新着記事
    レストラン「hache」、ランチが新スタイルのビュッフェに。幻のタマネギ"札幌黄"とオリーブオイルも!
    2018年早春期間限定イベント、週末だけの"オリジナルスイーツ with お口の恋人LOTTE"を人気ビュッフェで。 鶴雅グループ6施設で開催
    11/6、ブランド豚"ひこま豚"を提供する「ひこま豚食堂&酒場 Piggy Boo」が大通にオープン
    北海道×カリフォルニア!道産野菜とカルローズ(カリフォルニア米)で楽しむスープカレー
    黄金色に染まる北海道大学構内・2017秋
    札幌9ホテルで11/30まで開催、"夜景が煌くプレシャスディナー"企画@センチュリーロイヤルホテル・ロンド
    紅葉と冠雪の札幌
    香り豊かな小麦・ライ麦をパンで味わう~アンチェインドベーカリー
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ビーガン・ベジタリアンラーメンも!札幌・大通公園前のポップな「忍者麺」
    "つらら"な冬の北海道
    札幌市中央区の閑静な住宅街と森に面した「cafe hygge(カフェ ヒュッゲ)」
    赤れんが庁舎に"ムービングライト"~3月14日まで毎日投影
    昭和が香るラーメン、旭川ラーメンの「ふくや」
    次回は夜も行きたい「サッポロユキテラス」2016
    初体験の広東風(中華風)カレーが絶品!(2016/2/29まで)
    札幌から氷と雪の国へ! vol.2~「アイスヒルズホテル in 当別2016」
    国際色豊か!「さっぽろ雪まつり」大通会場11丁目
    第67回さっぽろ雪まつり、大通会場を行く。
    雪まつり開催中、札幌街角"おもてなし"と新・北海道土産
    札幌から氷と雪の国へ! vol.1~「アイスヒルズホテル in 当別2016」
    ベリーがいっぱい!のフルーティーなサングリア~Mia Bocca(ミアボッカ)JR琴似駅前店
    ホテルオークラ札幌でみつけた"食べる北海道"~2月は「オホーツク網走」と「さっぱち蜂蜜」
    和食のようにやさしい味の「鶏肉の壺蒸しスープ」!@広東料理 南園
    お土産にホットな「大通公園カレー厨房」

    北海道旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 札幌特派員

      札幌特派員
      市之宮 直子
      小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集