海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > 全国一のブルワリー数を誇る北海道でクラフトビールを...

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年2月27日

全国一のブルワリー数を誇る北海道でクラフトビールを!


メール プリント もっと見る

全国一のブルワリー数を誇る北海道でクラフトビールを!

一時期の「地ビールブーム」を経てなお、北海道にはクラフトビール醸造所(ブルワリー)が
全国47都道府県で最も多い18醸造所があります。
また、札幌では各地のクラフトビールを飲めるお店をあちこちで見かけるようになりました。


そこで今回、クラフトビールの勉強会・試飲会「クラフトビール王国北海道への道」にお邪魔ました。
主催は北海道と札幌市の若手職員で構成する「北海道・札幌市政策研究みらい会議」。


P2210312.JPG


会場は北海道庁の13階(最上階)「AKARENGA-CAFE」で、第1部は北海道のクラフトビール業界を
けん引する坂巻紀久雄氏と森谷祐至氏、おふたりのレクチャーでスタートしました。
(写真はAKARENGA-CAFEから見たアカプラのイルミネーション。通常は営業時間18時まで)


P2210223.JPG


講師の坂巻紀久雄氏は、北海道のクラフトビール第一人者ともいえる方で、
真夏の北海道の空の下、森でクラフトビールを楽しむイベント、
「SAPPORO CRAFT BEER FOREST」の実行委員会メンバーであり、
ビールとモルトウイスキー専門店「モルトヘッズ」のオーナーでもあります。


森谷氏も同じく「SAPPORO CRAFT BEER FOREST」実行委員会メンバー。
ブルーパブ「月と太陽BREWING」のオーナーで、おふたりとも
クラフトビールの基礎知識や、熱い思いを語ってくださいました。


北海道クラフトビール


クラフトビールは、歴史や伝統に則った方法で作るビールだそうで、
一方で、おいしくするためには、どのような副原料を使ってもよいそうです。
(ドイツはビールに副原料を使えない「ビール純粋令」があるため、その範疇で製造)


北海道のブルワリーでは、「小樽ビール」がドイツ・バイエルンの製法を忠実に守って作っているビール。
その対極にあるのが、例えば「おたるワイナリービール」が作っている「天使の雫」だそう。


世界的にもクラフトビールが多く作られているポートランド(札幌の姉妹都市)と、
札幌(北海道)は気候が似ており、また、副原料になり得る良質な農産物が豊富なので、、
今後、北海道はクラフトビール王国になっていく可能性を十分秘めている!というお話でした。


その後、早速お待ちかねの試飲会に移り、試飲の仕方もレクチャーしていただきます。
1.見た目 2.香り(アロマ) 3.フレーバー


普段、国内大手ビール会社のビールを飲む際は、「まずは最初の1杯」として、
大抵はゴクゴク飲み干すので、このような手順を踏みながらの飲み方がとても新鮮です。
今回、特徴的な5種類の北海道産クラフトビールを試飲ました。


ノースアイランドIPA


"NORTH ISLAND IPA from Ebetsu City"
「ノースアイランドIPA」(江別市)


IPA(インディア・ペール・エール)というスタイルは、その昔、UKからインドへ輸出するために
作られたビールで、防腐剤として大量のホップを使用したのが始まりだそう。
IPAの味は、大量のホップ=強い苦みだそうで、その通り、ノースアイランドIPAの苦みを前面に感じました。
ちなみに、今回、ノースアイランドIPAは樽生です。


小樽ヴァイス


"Otaru Weiss from Otaru City"
「小樽ヴァイス」(小樽市)
ドイツ・バイエルン発祥の白ビールで、昔ながらのドイツビールの製法だそう。
このため「副原料」は使っておらず、素人からすると、一番、飲み慣れたビールに近い感じです。


ところが、飲む前のアロマはバナナのような甘さを感じましたが、
一口飲んだ時のアロマは、なんとなく燻製のような香りに感じました。


さらに、ここでもう一度「ノースアイランドIPA」を飲んでみると、先ほどの印象とは、かなり異なる味わいに。
この味の印象の変わりようにとても驚きました。
飲み比べならではの醍醐味を感じます。


天使の雫


"Tenshi no Shizuku with Niagara from Otaru City"
「天使の雫」(小樽市)


この辺りから「副原料」を使用してよいというある意味クラフトビールの本領発揮?!というビール登場です。
白ブドウの「ナイアガラ」と麹も使っているビールだそう。


つまり、坂巻さん曰く、「日本酒(麹)とワイン(白ブドウ)のハイブリッド的なビール」。
口当たりがまさに「ナイアガラ」で、ほんのり甘く飲みやすい!
ちなみに、ブルワリーはおたるワイナリービール(北海道ワイン)と聞いて、納得の味とアロマです。


蝦夷PORTER


"Ezo PORTER from Niseko Town"
「蝦夷PORTER」(ニセコ町)
ポーターは、UK・ロンドン発祥の黒エールのことだそう。
蝦夷PORTERは、"旨味"を深めるため、なんと北海道産の鮭節・昆布・シイタケを使用しているそうです!
そして飲んでみると...ダシの旨味がわかります!


シシリアンルージュ


"Sisilian Rouge from Noboribetsu City"
「シシリアンルージュ」(登別市)


名前はフルーツトマト「シシリアンルージュ」から。
トマトやバジルを使っているそうで、スタイルは「ベジタブルビール」。
まさにトマトとバジルを感じるビールで、ピザが食べたくなります。


北海道・クラフトビール


この日のラインナップ。
クラフトビールはときどき飲むものの、飲み比べがこれほど楽しいとは知りませんでした!
クラフトビール初心者にもわかりやすいレクチャーで、次回、クラフトビールを飲むのが
断然楽しみになりました。


北海道・クラフトビール


クラフトビール試飲会料理


P2210304.JPG


ひと通り勉強と試飲を終え、今度はこの日のクラフトビールに合う料理と一緒に
再度クラフトビールをいただきます。


小樽ビール


羽幌産甘えびラスク


"Oil-packed shrimp on the rusk with shrimp from Haboro Town"
「羽幌産甘えびのラスクに羽幌産オイル漬け甘えびをのせて」


クラフトビールに合うおつまみとして、まだ発売前の「羽幌町・甘えびラスク」を
同じく羽幌産オイル漬け甘えびと一緒にいただきました。
これはビールが進みます!



クラフトビール勉強会・試飲会はこの日限りでしたが、講師のお二人のお店は札幌市内中心部にあるので、
お店に行けば、クラフトビールのいろいろなお話を直接聞くことができると思います。
また、夏のイベント「SAPPORO CRAFT BEER FOREST」は、2017年も開催予定なので、
このイベントもぜひチェックしてみてください。


関連サイト
北海道・札幌市政策研究みらい会議
・BEER・MALT WHISKY Maltheads
月と太陽BREWING
SAPPORO CRAFT BEER FOREST
AKARENGA-CAFE

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 夜遊び・クラブ・お酒
2017年2月27日
« 前の記事「スイーツとパンの『morimoto(もりもと)』、"十勝若牛の贅沢カレーパン"新発売...」へ
»次の記事「北海道産牛肉「十勝若牛」の赤身ステーキ」 へ
おすすめ記事
    札幌特派員 新着記事
    札幌駅界隈で"さっぽろホワイトイルミネーション"散策
    2017.12.1、札幌全日空ホテルが「ANAクラウン プラザホテル札幌」に!レストラン・高層階ほかを改装しリブランドオープン。
    「小樽ゆき物語」、イルミネーション"青の運河" "浮き球ツリー"など開催中
    ニセコエリアで長期滞在にもおススメなホステル"MY ecolodge"
    札幌にツララの季節、到来
    レストラン「hache」、ランチが新スタイルのビュッフェに。幻のタマネギ"札幌黄"とオリーブオイルも!
    2018年早春期間限定イベント、週末だけの"オリジナルスイーツ with お口の恋人LOTTE"を人気ビュッフェで。 鶴雅グループ6施設で開催
    11/6、ブランド豚"ひこま豚"を提供する「ひこま豚食堂&酒場 Piggy Boo」が大通にオープン
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ビーガン・ベジタリアンラーメンも!札幌・大通公園前のポップな「忍者麺」
    "つらら"な冬の北海道
    札幌市中央区の閑静な住宅街と森に面した「cafe hygge(カフェ ヒュッゲ)」
    赤れんが庁舎に"ムービングライト"~3月14日まで毎日投影
    昭和が香るラーメン、旭川ラーメンの「ふくや」
    次回は夜も行きたい「サッポロユキテラス」2016
    初体験の広東風(中華風)カレーが絶品!(2016/2/29まで)
    札幌から氷と雪の国へ! vol.2~「アイスヒルズホテル in 当別2016」
    国際色豊か!「さっぽろ雪まつり」大通会場11丁目
    第67回さっぽろ雪まつり、大通会場を行く。
    雪まつり開催中、札幌街角"おもてなし"と新・北海道土産
    札幌から氷と雪の国へ! vol.1~「アイスヒルズホテル in 当別2016」
    ベリーがいっぱい!のフルーティーなサングリア~Mia Bocca(ミアボッカ)JR琴似駅前店
    ホテルオークラ札幌でみつけた"食べる北海道"~2月は「オホーツク網走」と「さっぱち蜂蜜」
    和食のようにやさしい味の「鶏肉の壺蒸しスープ」!@広東料理 南園
    お土産にホットな「大通公園カレー厨房」

    北海道旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都佐賀八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京東京2東京3松前栃木横浜・神奈川沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 札幌特派員

      札幌特派員
      市之宮 直子
      小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集