海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > 気ままに走る後志III~「ニッカウヰスキー」経由「...

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年4月19日

気ままに走る後志III~「ニッカウヰスキー」経由「小樽ミルクプラント」行き


メール プリント もっと見る

気ままに走る後志III~「ニッカウヰスキー」経由「小樽ミルクプラント」行き

昼前に札幌を出た気ままなドライブも後半になり、
16時頃、仁木町の「ベリーベリーファームレストラン」を
札幌へ向けて出発しました。


1_青空と屋根_P4160174.JPG


"NIKKA WHISKY Yoichi Distilery"
まっすぐ戻ろうとも思ったのですが、レストランからの道すがら、
車で約9分ほど(約4km)の地点に「ニッカウヰスキー北海道工場余市蒸留所」があります。


2_蔵_P4160177.JPG


閉館の17時までは、1時間を切っていたので通り過ぎようかとも思いましたが、
せっかくやってきたので、ということで、少しだけ寄ってみました。


3_樽・建物_P4160189.JPG

2_樽_P4160187.JPG


"Whisky Storehouse"
数年ぶりに来ましたが、いつきてものどかな雰囲気で、
とても美しいニッカウヰスキー北海道工場余市蒸留所。


4_家屋_P4160197.JPG


"Founder of NIKKA, The Taketsuru House"
蒸留所見学には時間が足りないので、1号貯蔵庫、旧竹鶴邸などを見ながら敷地内を散策します。


5_蔵群_P4160201.JPG


6_リタハウス前_P4160227.JPG


7_リタハウス_P4160204.JPG


"Buildings of whisky distillery and Rita House"
「リタハウス」は現在公開されていないので、ガラス越しにのぞき見。
「リタハウス」前にはハマナスの葉の新芽が出ていました。


9_ウイスキー_P4160229.JPG


8_試飲_P4160220.JPG


"Whisky Tasting"
時間的にすっかり諦めていましたが、16時半を周っており、
また、まだ観光ハイシーズンではなかったので、ニッカ会館での試飲会場はすいており、
思いがけずウイスキーの試飲もできました。


写真は、左から「アップルワイン」「竹鶴」「スーパーニッカ」。
竹鶴はロックで、スーパーニッカはハイボールでいただきました。


そしてお土産を買える「ディスティラリーショップ ノースランド」に入ったところでタイムアウト。
ウィスキーやアップルワインのほか、オリジナルのイラストが入ったネクタイやコースター、
後志産のおつまみや丸い氷を作れるグッズなど、ステキなお土産がたくさん売っているのですが、
ちょうど17時の閉店時刻になり、お土産の吟味・購入は、次回のお楽しみに。


【ニッカウヰスキー北海道工場余市蒸留所】
北海道余市郡余市町黒川町7-6
TEL: 0135-23-3131
営業時間: 9:00~17:00(レストラン「樽」は11:00~16:00/Lo 15:30)
定休日: 年末年始
*アクセス*
・電車で「JR札幌駅」より「JR余市駅」まで約1時間強、「JR小樽駅」より「JR余市駅」まで約30分。「JR余市駅」より徒歩約2~3分
・バスで「小樽駅前バスターミナル」より倶知安・岩内・美国・余別・余市梅川車庫行き乗車、「余市駅前」停留所下車(所要時間約35分)、徒歩約2~3分。発車間隔約10~20分
・車で札幌より札樽自動車経由・小樽より国道5号線を西に約50km(札幌からの所要時間約1時間30分、小樽から約30分)、余市町「大川十字街」交差点で左折し約600m程進んだ「余市駅前交差点」右折後すぐ


17時過ぎに余市町を出て、小樽方面へ向かいます。


10_忍路から_P4160237.jpg


"Mashike Mountains on the opposite shore of Otaru"
余市と小樽の境にあるトンネルを抜けたあたり、小樽市忍路から見た対岸の増毛山地。
青い海に浮かんだ白い山々がとてもきれいです。


11_小樽ミルクプラント_P4160235.JPG


1-P4160232.JPG


"Soft-icecream shop, Otaru Milk Plant"
小樽市内に入り、冬期は休業している人気のソフトクリームショップ「小樽ミルクプラント」は、
2017年は4月14日からオープンしていました。
レギュラーサイズ(260円)のソフトクリーム、バニラとストロベリーミックスを
夏以来食べることができ、充実感いっぱいで帰途につきました。


小樽ミルクプラントを17時半頃出発、行きは国道を使いましたが、
札樽自動車道を使って19時過ぎに札幌に到着。
半日ドライブで、小樽・仁木・余市を巡りました。

【小樽ミルクプラント】

北海道小樽市花園2-12-13
TEL: 0134-22-5192

営業時間:
・4月中旬~7/23 平日・土曜 11:00~18:00 / 日・祝 10:00~18:00
・7/24~8/16 平日・土曜 11:00~19:00 / 日・祝 10:00~19:00
・8/17~10/3 11:00~18:00

定休日: 夏期無休

*アクセス*
・北海道中央バス「市役所前」(小樽)停留所より徒歩約3分(190m)
・JR「小樽駅」より徒歩約13分(約1.1km)
・JR「小樽駅」より車で約3分


関連サイト
ニッカウヰスキー

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材 見所・観光・定番スポット
2017年4月19日
« 前の記事「気ままに走る後志エリアII~ラムステーキも絶品!「ベリーベリーファームレストラン」」へ
»次の記事「「Siesta Labo」の「手作り石鹸」と、無農薬"モリンガ"の「オイルセラム」」 へ
おすすめ記事
    札幌特派員 新着記事
    札幌駅界隈で"さっぽろホワイトイルミネーション"散策
    2017.12.1、札幌全日空ホテルが「ANAクラウン プラザホテル札幌」に!レストラン・高層階ほかを改装しリブランドオープン。
    「小樽ゆき物語」、イルミネーション"青の運河" "浮き球ツリー"など開催中
    ニセコエリアで長期滞在にもおススメなホステル"MY ecolodge"
    札幌にツララの季節、到来
    レストラン「hache」、ランチが新スタイルのビュッフェに。幻のタマネギ"札幌黄"とオリーブオイルも!
    2018年早春期間限定イベント、週末だけの"オリジナルスイーツ with お口の恋人LOTTE"を人気ビュッフェで。 鶴雅グループ6施設で開催
    11/6、ブランド豚"ひこま豚"を提供する「ひこま豚食堂&酒場 Piggy Boo」が大通にオープン
    1年前の同じ月に投稿された記事
    4月上旬、十勝岳温泉「湯元 凌雲閣」で吹雪とキタキツネと雪の富良野岳に遭遇
    "エゾヤマザクラ"な赤れんが庁舎前庭
    京王プラザホテル札幌に鉄板焼「やまなみ」オープン
    2016年、札幌のサクラの開花宣言は4月25日、北海道神宮では梅も開花
    新札幌の広さ2,000㎡"SPA・ALPA(スパ・アルパ)"で、デトックスアロマトリートメント・ボディマッサージ
    宮島沼、三たび。マガン、昼間のねぐら入りと"ふゆみず田んぼ"の「えぞの雁米」
    北海道ジビエの鹿肉利用率100%メニュー!「なんぷ亭」@南富良野町
    道東道で占冠村・南富良野町へドライブ
    白銀の世界ふたたび、春の宮島沼でマガンの「ねぐら立ち」
    北菓楼札幌本館で「サロンの夕べ」JAZZピアノコンサートを開催
    北海道小麦100%の美味しい&おしゃれ&食べやすい!フランスパン・サンドウィッチ【シュクレ:サレ】
    やっぱり楽しい!おもしろい!!1959年開館の「おたる水族館」

    北海道旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 札幌特派員

      札幌特派員
      市之宮 直子
      小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集