海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > 噂通りの満足感、小樽の「民宿 青塚食堂」で舌鼓。

日本国内にもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年5月18日

噂通りの満足感、小樽の「民宿 青塚食堂」で舌鼓。


メール プリント もっと見る

噂通りの満足感、小樽の「民宿 青塚食堂」で舌鼓。

小樽観光で食事、といえば、かなりの確率であがる「青塚食堂」の名前。
このたび、「民宿 青塚食堂」でランチを初体験しました。


2_青塚食堂_看板_P5100040.JPG


小樽の祝津で少なくとも50年ほど前から営業している民宿青塚食堂。
昔から焼き魚やツブ焼きなどを食べられる食堂だったようです。
最近では、観光客にも人気のスポットとしてよく知られていると思いますが、
地元の会社などが宴会にもよく使っているそうです。


1_炭焼きニシン_P5100007.JPG


"Char-grilled herring"
車を降りてすぐに香りが漂ってきました。
その正体は「ニシンの炭火焼」。
店舗前で風に煽られて元気に起こっている炭火にとても大きなニシンが炙られています。


11時半頃だったこともあり、待たずにお店に入ることができました。
でも、GW中は、予約が入らないほど混んでいたそうです。


焼き魚定食や刺身など、小樽ならでは、祝津の海を前にしたここだからこその
魅惑的な料理が数多く並ぶなか、カレーライスやラーメンなど"食堂"のメニューも。


常連らしいスーツ姿の男性がカレーライスを食べていました。
とてもおいしそうな香りに誘惑され、
また、別のテーブルでラーメンをすする光景にも魅了されましたが、
今回は初体験のため、王道(?)の焼き魚定食を注文。

3_P5100019.JPG


"Combo char-grilled fish with rice, miso soup, pickles, fresh slices of raw fish and salted squid"
「特大にしん焼き定食スペシャル」(1,830円)


店の前で炭火焼していたあの大きなにしんがやってきました。
「特大にしん焼き定食」(1,296円)もありましたが、
お刺身付きの"スペシャル"にして大正解。


4_刺身_P5100020.JPG


"Fresh slices of raw fish"
見るからに新鮮なお刺身は、やはりとてもおいしく、
ホタテの耳のコリコリ感がその鮮度を物語っていました。


6_塩辛_P5100024.JPG


5_松前漬け_P5100022.JPG


"Salted squid and Marinated dried squid, fish roe and seaweed with soy sauce"
小鉢は2種類、イカの塩辛と松前漬けです。
特に塩辛はイカの新鮮さがはっきりわかる歯ごたえと、
塩辛過ぎないイカゴロの味が印象的で、なかなかお目にかかれない絶品でした。


7_魚花丼_P5100028.JPG


"Uohanadon - Bowl of char-grilled Okhotsk atka mackerel seasoned with sweet soy sauce"
「魚花丼」(880円)


"ホッケの蒲焼風丼"だそう。
これが予想以上にツボにはまった味で、ふっくらした身は魚とは思えないほど。
初めて体験したホッケの食べ方に加え、ホッケのこのふっくら感と肉厚感も初体験でした。


どちらもボリューム満点で、大満足なランチとなりました。
メニューに写真が載っていたのですが、どちらも写真以上に見事な"盛り"でした。


8_青塚食堂_P5100037.JPG


ぜひまた行きたい!と思う食堂でした。
民宿もやっているので、宿泊したときの料理も興味津々です。


【民宿 青塚食堂】
北海道小樽市祝津3-210
TEL: 0134 - 22 - 8034
営業時間: 10:00~20:00(L.o 19:00)
定休日: 年中無休(年末年始・春の一時期を除く)
*アクセス*
・「小樽駅バスターミナル」より中央バス「祝津水族館行き」バスに乗車、「水族館前停留所」で下車(所要時間約20分)、徒歩約1分
・「JR小樽駅前」より車で約12分


関連サイト
民宿 青塚食堂

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 旅行・ツアー・ホテル
2017年5月18日
« 前の記事「サクラに続くチューリップ、ライラック。彩り溢れる札幌の街」へ
»次の記事「「うぉんたな」で、和食・十割そば・日本酒を心ゆくまで。」 へ
おすすめ記事
    札幌特派員 新着記事
    「うぉんたな」で、和食・十割そば・日本酒を心ゆくまで。
    噂通りの満足感、小樽の「民宿 青塚食堂」で舌鼓。
    サクラに続くチューリップ、ライラック。彩り溢れる札幌の街
    ようやくサクラ!札幌の桜、2017年は4月28日開花宣言。
    「Siesta Labo」の「手作り石鹸」と、無農薬"モリンガ"の「オイルセラム」
    気ままに走る後志III~「ニッカウヰスキー」経由「小樽ミルクプラント」行き
    気ままに走る後志エリアII~ラムステーキも絶品!「ベリーベリーファームレストラン」
    気ままに走る後志エリア~おたるワインギャラリー
    1年前の同じ月に投稿された記事
    【空知・砂川市】ソメスサドルの庭で~ファクトリー・ショールームの外に広がる風景
    【富良野】丘の上の一軒家。大きな窓から雄大な景色を楽しめるカフェ「halu」
    【上川】美瑛の「ries café」で念願のアップルパイを滑り込みで堪能
    【空知・岩見沢】北海道のごはんと野菜とシュラスコ@ファームレストラン大地のテラス
    【新さっぽろ】北海道限定「ソフトカツゲン」、札幌発祥「ラーメンサラダ」など北海道があふれる朝食ブッフェ
    【新さっぽろ】ニュークリエイティブ広東料理の「中国料理 仙雲」
    【新さっぽろ】息をのむ景色、部屋で日本新三大"夜景浴"~ホテルエミシア札幌
    【札幌】中島公園散策のあとは、緑の中で「テラスレストランKitara」ランチ~2016/6/30まで熊本応援企画も
    【札幌】ワンコインで「名所を巡るガイドツアー」!中島公園編
    【札幌】コクと旨味の白湯スープ風ノンアニマル・ラーメン@期間限定日本食ファーストフード店「忍者麺」
    ススキノの夜にダンスクラブ「キングムー」が復活
    【札幌】「FIL BLANC」(フィルブラン)~花いっぱいの隠れ家カフェ
    2016年も可憐な「チシマザクラ」が美しい!
    「成吉思汗なまら」の"なまら(超!)おいしい!"生ラムジンギスカン

    北海道旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    三宅島京都八丈島函館北海道南三陸南島原大阪富山山形広島新宿新潟札幌東京松前横浜沖縄湘南神戸能登長野青森