海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > 無性にネンミョンが食べたくなったら…

韓国/ソウル特派員ブログ 旧特派員 田端 かや

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

1998年3月11日

無性にネンミョンが食べたくなったら…


メール プリント もっと見る

無性にネンミョンが食べたくなったら…

時々何かが無性に食べたくなることってありませんか。
それだけ食べられれば、もう他の物は何も要らないというようなこと。わたしはふとネンミョンが頭から離れないことがあります。ネンミョン、そう冷麺のこと。そんな時はしかたがない。家であろうと街中であろうと、ネンミョンの店に走ります。ソウルの街にネンミョンの店はたくさんありますが、とびきりおいしいネンミョンの店を探すのは大変です。

ネンミョンはよくプルコギやカルビを食べた後の「食事」として出てきます。初めは、カルビを思いっきり食べて大満足のところに、「食事は?ネンミョン?それともみそ汁とご飯?」と聞かれ、驚いたものです。「え〜もうお腹いっぱい」とのわたしの返事に韓国人はたいてい「ネンミョンが入る腹は別にあるから大丈夫」となぐさめてくれた(?)ものでした。

それが今ではどうでしょう。焼き肉屋を選ぶときの重要なポイントがネンミョンの味になっているのです。知らない店のとき、わたしは窓越しにかならずお客さんの中でネンミョンを食べている人がいないか探します。麺やスープの色、そしてネンミョンそのものを味わっているかどうか観察するのです。単に口直し程度の感覚で食べて、残っていればそこのネンミョンは不合格。おいしい麺とスープなら満腹のお腹にもつるりと入ってしまうものなのですから。

本当のネンミョンを味わうなら、やっぱりネンミョン専門店に行くべきです。老舗の少ない韓国でネンミョンは珍しく店主のこだわりが見られる食べ物です。ネンミョンはスープありの「ムルネンミョン」とスープなしで唐辛子味噌でかき混ぜて食べる「ビビンネンミョン」があります。上の写真のようにさっぱりとしたスープに麺が入っているのがムルネンミョン。

これは本来は冬の食べ物だったそうです。そのわけはスープにあり。さっぱりとしていてこくと旨みのあるスープは、牛スープとトンチミの汁(汁に根菜類が浮かんだ淡白なキムチ)を合わせたものです。冬の凍てつく寒さの中、裏庭に首まで埋められたキムチの壷から、半分凍りかけたトンチミの汁を取り出し、ネンミョンのスープにするのです。ぬくぬくしたオンドル部屋での冷たいネンミョンの味は格別。もちろん暑い夏にもさっぱりとしたムルネンミョンは食欲を助けてくれます。

トンチミの味にこだわりつづける主人のいる店、それが「ナンポミョノク(南浦麺屋)」です。この店は入り口にずらりと大きな壷が並んでいて、トンチミを漬けた順に発酵具合がみられます。店内も韓国の骨董にあふれ、オフィス街にいながら田舎の手作りネンミョンの味が楽しめます。


801.jpg

「南浦麺屋」のムルネンミョン。
さっぱりとしていてこくと旨みのあるスープに、しこしこした麺が最高の味。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
1998年3月11日
« 前の記事「韓国民俗酒場で飲む その2」へ
»次の記事「無性にネンミョンが食べたくなったら… その2」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    ソウル路7017を歩いてみた
    ベトナム人がつくるフォーの美味しい店
    新しくオープンしたモダンなお粥屋さん
    日本では食べられない丸亀製麺メニュー
    器からスイーツに至るまでこだわり抜いた贅沢カフェ

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      田端 かや
      1991年3月より韓国在住。大学卒業後、韓国へ語学留学。その後、韓国政府奨学生として梨花女子大学大学院女性学科で学ぶ。韓国人と結婚、一男一女を出産。現在は育児のかたわら、翻訳やライターの仕事をしている。子どもを育てる環境を求め、ソウル郊外へ引っ越し、共同育児運動に参加。現在はソウル在住。関心分野は韓国社会と女性、食文化。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集