海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > ワールドカップの興奮覚めやらず

韓国/ソウル特派員ブログ 旧特派員 田端 かや

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

1998年6月30日

ワールドカップの興奮覚めやらず


メール プリント もっと見る

ワールドカップの興奮覚めやらず

それにしても残念でしたね。韓国も日本も。
最近乗ったタクシーで、わたしが日本人とわかると運転手はしきりに日本選手の健闘を誉めてくれました。日本を誉めるなんて珍しいこと。それほど韓国チームは予想外に苦戦したということでしょうか。国民的な盛り上がりを身近に見ていると、誰もがベスト16進出を固く信じているようでしたから。

韓国では一般テレビ局が全部で3社ありますが、そのすべてのチャンネルでサッカーの生中継を放映します。初戦メキシコとの試合は深夜にもかかわらず、合計視聴率は70%を超えました。窓の外を見るとマンションの明かりがほとんどついていて、韓国が優勢になる度にわあっと歓声が夜の空に響くんです。

ワールドカップ人気にあやかろうという商法もぞくぞく登場しました。
韓国がベスト16に進出できたらという条件で、支払った金額の30%を返してくれるというものや、生ビールを無料で提供するという垂れ幕を出したレストラン、予約した旅行費用がただになるというパック旅行などなど、ここぞとばかり「ベスト16」を叫んでいました。万が一実際にベスト16が決まった時、それぞれのサービスを実行できるようにと保険会社は「ワールドカップ商法用保険」をつくったほど。

あれもこれも今では水の泡となりました。すでにメキシコ戦に破れ、オランダに大敗した時点で、国民規模の期待もしぼんでしまったようでした。ソウルの中心光化門(クァンファムン)近くの巨大スクリーン前には、サッカーファンが集まり道路にまで座りこみ、応援を続けていましたが、オランダ戦では横になって寝ている人が多かったとか。まあ、日本のゲームからの徹夜観戦ですから無理もないでしょうが、次の日のニュースで、「せっかくの日曜日にふてくされて、布団からなかなか抜け出せずにいた人が多かった」という報道まであって、次の日の月曜日が心配になりました。

監督が途中で辞めさせられたことに関しては、70%の人が反対しているとの調査結果も出ました。いくら予想外の負け方をしたからといって、監督にすべての責任を押し付けるのはおかしいという人、今までチャ監督神話までつくって非現実的な報道をしたマスコミが悪いという人、勝ちばかりに執着する国民の悪い癖を指摘する人等など、ワールドカップの夢は消えてもサッカーをめぐる話はつかないようです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー スポーツ・観戦
1998年6月30日
« 前の記事「買うもよし、売るもよし 国際蚤の市」へ
»次の記事「韓国で話題のCD その1」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    2017ミシュランガイドグルメフェアが開催
    秋夕のイベント情報
    ソウル地下鉄の乗り方と路線情報
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    ソウル路7017を歩いてみた
    ベトナム人がつくるフォーの美味しい店

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      田端 かや
      1991年3月より韓国在住。大学卒業後、韓国へ語学留学。その後、韓国政府奨学生として梨花女子大学大学院女性学科で学ぶ。韓国人と結婚、一男一女を出産。現在は育児のかたわら、翻訳やライターの仕事をしている。子どもを育てる環境を求め、ソウル郊外へ引っ越し、共同育児運動に参加。現在はソウル在住。関心分野は韓国社会と女性、食文化。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集