海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > 果川マダン劇フェスティバル・Kwachon Int...

韓国/ソウル特派員ブログ 旧特派員 田端 かや

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

1998年9月11日

果川マダン劇フェスティバル・Kwachon International Open Air Theatre Festival


メール プリント もっと見る

果川マダン劇フェスティバル・Kwachon International Open Air Theatre...

 ソウルから南西にバスで30分ほど離れたところに、果川(クァチョン)という街はあります。80年代、郊外の巨大ベットタウンと化したこの街も、今や総合庁舎などの移転に伴い、すっかり洗練された雰囲気になってきました。回りを山に囲まれていて、工場などがないため、暮らしやすさではナンバーワンを誇っています。都市の安定した中流階級が暮らす便利な街といえますが、個人的には高層マンションだらけで好きになれません。庶民にとっては相変わらず、高層マンション暮らしが夢なのです。

 その果川(クァチョン)で初めての文化イベントが開かれ、話題を呼んでいます。政府総合庁舎前の広い芝生の敷地を使い、マダン劇フェスティバルが開かれているのです。マダンとは韓国語で広場、野外円形劇場のこと。ソウルの街の中にもすり鉢型の野外劇場がいくつかあり、伝統芸能の公演やライブコンサートなどに使われていて、韓国人にはなじみの空間です。会場の一部はコスモスが咲き乱れ、とても秋らしいいい風景です。
 今回は全ての公演は無料で観覧できるという、太っ腹な企画。外国からも劇団やパフォーマー達が招待され、連日大小の公演を続けています。韓国の公演の中では、サムルノリ(打楽器パフォーマンス)などの伝統芸能や、今までタブーだった光州事件や済州島事件などがテーマの演劇が注目を集めています。

 広い会場内には韓国で68年の歴史があるサーカス団の大きなテントが目立ちます。韓国のサーカスはどんなものかと、さっそく見に行ってきました。会場は薄暗く、お客さんは折りたたみのイスに座って見ます。出演者も大家族のようで、舞台の準備をしたり、照明をしたりと一人何役もこなします。一番年配の女性は、次々と古びた衣装を着替えながら、あらゆる曲芸をこなします。
 しかしサーカスは2時間半も続き、手品から曲芸、綱渡りと、見せられる芸はみんな見せるといった感じ。ショーアップされたきらびやかさからは程遠いサーカスですが、会場のお客さんとおしゃべりしながらの手作りサーカスは、あたたかさ、もの悲しさを感じました。ここだけは8000ウォンの入場料が必要ですが、ぜひ。


***果川マダン劇フェスティバル・Kwachon International Open Air Theatre Festival案内***

日時: 9月12日〜20日、毎日午後14時〜22時
場所: 地下鉄4号線政府果川庁舎駅下車、市民会館寄りの芝生公園
問い合わせ: 02−507−6718〜9
スケジュール案内ホームページ: http://www.madang.or.kr
おすすめ公演から: サーカス連日11、14、17、20時より/韓国伝統舞踊12、13日17時より/伝統打楽器パフォーマンス16〜18日18時より、19、20日15時より/パフォーマンス「4月の漢羅山」(済州島事件)19、20日18時より/伝統儀式再現12、13日12、14時より、16日14時より、17日13時より、20日14時より/ポーランドの竹馬前衛劇12〜15日21時半よりアメリカのパントマイム劇18〜20日20時より
 


777.jpg

コスモスの咲き乱れる中に、
サーカスのテントが見える。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
1998年9月11日
« 前の記事「ショッピングの穴場!高速バスターミナル市場」へ
»次の記事「イタリア料理が静かなブーム」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    防弾少年団【With Seoul】を無料でダウンロード!
    100種類のアイスが楽しめる31アイスクリーム - バスキンロビンス・ブラウン
    2017ミシュランガイドグルメフェアが開催
    秋夕のイベント情報
    ソウル地下鉄の乗り方と路線情報
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボスリランカ/バッカスタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      田端 かや
      1991年3月より韓国在住。大学卒業後、韓国へ語学留学。その後、韓国政府奨学生として梨花女子大学大学院女性学科で学ぶ。韓国人と結婚、一男一女を出産。現在は育児のかたわら、翻訳やライターの仕事をしている。子どもを育てる環境を求め、ソウル郊外へ引っ越し、共同育児運動に参加。現在はソウル在住。関心分野は韓国社会と女性、食文化。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集