海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > からだも心も温まるきのこ鍋

韓国/ソウル特派員ブログ 旧特派員 田端 かや

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

1998年12月15日

からだも心も温まるきのこ鍋


メール プリント もっと見る

からだも心も温まるきのこ鍋

 すっかり寒くなりました。朝晩は零下に冷え込むソウルですから、おしゃれに決めて友達と街を歩いていても、つい足は鍋もの屋に向かってしまいます。高いお金を払ってスパゲッティやステーキを食べるより(ホント韓国の洋食は味のわりにはまだまだ高い)、ぐつぐつ煮える真っ赤なスープにひかれてしまうのです。特に今年は不景気のあおりで(というかおかげで?)、安くておいしい大衆食堂が繁盛しているようです。額に汗を流しながらも、はふはふと鍋を食べる韓国人の姿はホントに幸せそうです。
 韓国の女の子達の食欲も見事です。最近はやりの「ポソッ・ジョンゴル(きのこ鍋)」は何と3段階楽しめる料理です。まず、きのこ各種とセリ、ジャガイモの入った唐辛子味のスープを飲み、次に手打ちうどんを入れてぐつぐつ煮て食べます。このあたりでお腹はパンパンになってきますが、最後に鍋の底に残ったスープにご飯やキムチ、卵や野菜などを入れておじや風炒めご飯を食べます。たしか数年前この料理が食堂に登場した時は、ご飯を炒めるかどうかは別注文でした。それが今では、たらふく食べさせてくれるメニューとしてご飯までがしっかりコースになっています。
 牛の骨でだしを取ったスープは、ニンニクがよく効いていてきのこの旨みとよく合います。きのこも3から5種類がたっぷり入っていて栄養満点です。もう無理だ!と言っていた友達とわたしはご飯もたいらげ、鍋の底のおこげをスプーンでごりごり・・・
まわりを見渡すと、皆ごりごりやってるので笑っちゃいました。店の人がわたしのスプーンを取り上げ、このおこげがおいしいんだと言わんばかりに手伝ってくれます。
 冷え切ったからだもみるみるうちにぽかぽかと暖かくなってきます。1人前6000ウォンという安さでこのボリュームはうれしいものです。からだも心も温まったら、また元気にソウルの街に繰り出しましょう!


***きのこ鍋のおいしい店***

「明洞(ミョンドン)プデチゲ」02−776−9900
明洞ミドパデパート向かいにある。
レコード屋とポンネフというパン屋の間の細い路地を入り、
道なりに左に入った奥の店。
手前の店は元祖でないので要注意。

「ポソッコル」02−739−5656
仁寺洞(インサドン)の骨董品通りの店。
地下鉄3号線安国(アングッ)駅方面から通りに入り、
一本目の小さな四つ角を少しすぎて右に入ったところ。
門構えが伝統家屋でオンドル部屋も暖かい。
店のおばさんは日本語が話せる。

783.jpg


「明洞(ミョンドン)プデチゲ」のきのこ鍋。
テーブルに座り注文するやいなや、メインのきのこのいっぱい入った大きな鍋と炒めご飯用の具の入ったボール、打ち立ての麺、キムチや塩辛などのおかずがどーんと置かれる。
これはまだ煮る前だが、火にかけるとスープはみるみる真っ赤になる。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
1998年12月15日
« 前の記事「日本映画封切り目前」へ
»次の記事「必見!大人気韓国ミュージカル「NANTA」」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    防弾少年団【With Seoul】を無料でダウンロード!
    100種類のアイスが楽しめる31アイスクリーム - バスキンロビンス・ブラウン
    2017ミシュランガイドグルメフェアが開催
    秋夕のイベント情報
    ソウル地下鉄の乗り方と路線情報
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボスリランカ/バッカスタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      田端 かや
      1991年3月より韓国在住。大学卒業後、韓国へ語学留学。その後、韓国政府奨学生として梨花女子大学大学院女性学科で学ぶ。韓国人と結婚、一男一女を出産。現在は育児のかたわら、翻訳やライターの仕事をしている。子どもを育てる環境を求め、ソウル郊外へ引っ越し、共同育児運動に参加。現在はソウル在住。関心分野は韓国社会と女性、食文化。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集