海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > ただいまデパート大バーゲン中

韓国/ソウル特派員ブログ 旧特派員 田端 かや

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

1999年1月15日

ただいまデパート大バーゲン中


メール プリント もっと見る

ただいまデパート大バーゲン中

 あけましておめでとうございます!
 セヘ ポッ マーニ パドゥセヨ!(新年に福がいっぱいやってきますように)

 たしかに年は明けましたが、韓国では普通旧暦でお正月を祝うため、あまりぱっとしません。一応新年初めてあった人には、上のあいさつをしますが、きわめて形式的なものに聞こえます。家庭によっては西暦で正月を祝うこともあって、なんだか1月から2月にかけてはずっと正月気分がだらだら続いてしまうような雰囲気があります。ただ、今年は不景気対策として政府が年末年始には正月休みを取らないことを奨励したため、祝日の1月1日だけを休む会社も多かったようです。
 今年の旧正月は2月16日。15日から17日までは祝日で、今年は土日も重なるので、13日から5連休になりそうです。旧正月にはソウルの街も繁華街をのぞいて静まり返ります。日本人のわたしにとっては一度正月を迎えた気持ちですが、周囲では今まさに年末の雰囲気が盛り上がりつつあるので、なんだか混乱しちゃいます。新聞には大掃除や正月の晴れ着の用意などを取り上げた特集記事があったりして、毎年のことながら再び正月気分を盛り上げることになります。

 最近デパートでは「新年大バーゲン」の真っ最中ですが、これもある意味では年末商戦のようなもの。韓国人の気分としては正月を迎えるための準備なのではと思います。たとえば、正月用に新しい服を買ったり、正月田舎を訪ねるときに持っていく贈り物を買ったりといった具合です。買い物をしているとふとしたことでわたしとは違う時の流れを感じることがあって、おもしろいものです。
 それにしても最近デパートは年がら年中セールをしています。この新年セールは一応1月24日までということになっていますが、またすぐ旧暦新年セールが始まるものと思われます。今回のセールはいろいろと話題を巻き起こしました。
以下、話題のニュースを取り上げてみましょう。

 1.不景気の中でのセール、予想以上の大繁盛。ソウル市民はそろそろ景気が上向くことを信じている?それとも不景気に慣れただけか?客の車でデパート周辺は一日中大渋滞。一方市場は閑散としている。
 2.バーバリー、ポロ・ラルフローレン、グッチなどの高級ブランドいっせいにセール開始。バーバリー初のセールに、160万ウォン(約16万円)のコートがすぐ売り切れる。いったいだれの手に?
 3.各デパート景品合戦過熱気味。買い物合計金額の10%を商品券で返金アイディア大ヒット。景品につられて庶民も購買意欲高まるが、景品対象のブランドが決められているのを後で知り、抗議の嵐。

 とまあ、こんな調子で大騒ぎです。不景気どこ吹く風といった熱気ですが、実際には購買力のある金持ち層がセールを楽しんでいると言っていいでしょう。
 百数十万ウォンの服とはいかなくても、安くて品質のいい服がデパートにはどっさりあります。明洞(ミョンドン)あたりには市場とデパートが密集しているので、値段など比べて買うこともできます。ただ、南大門市場の服はとびきり安い割には品質がいまいちなので、東大門市場のファッションビルがおすすめです。デパートでは、ブランドものやメーカー品がお買い得と言えるでしょう。また、陶磁器やスポーツ用品、革靴、のりやキムチ、お茶などの食料品もデパートのセールを利用するといいようです。
 ソウルに観光に来られる方はぜひのぞいてみてください。デパートの熱気でのぼせ気味になったら、近くの市場をぶらぶらしながら屋台であたたかいものでも食べるのが、ソウルっ子のスタイルのようです。


785.jpg


ロッテデパートの景品一覧。
景品は10、20、30、50、100万ウォン単位で計算し、商品券か品物を選ぶ。
たとえば、100万ウォンの買い物をすると、10万ウォンの商品券か黄土オンドルマットをくれる。
10万ウォンの景品は商品券か
伝統工芸の足つきお盆。
売場に写真のような景品の表示がないと、対象外なので注意。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産
1999年1月15日
« 前の記事「必見!大人気韓国ミュージカル「NANTA」」へ
»次の記事「利き酒のできる韓国伝統酒専門店」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    ソウル路7017を歩いてみた
    ベトナム人がつくるフォーの美味しい店
    新しくオープンしたモダンなお粥屋さん
    日本では食べられない丸亀製麺メニュー
    器からスイーツに至るまでこだわり抜いた贅沢カフェ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ソウルからも、海外特派員レポートが届きます。

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      田端 かや
      1991年3月より韓国在住。大学卒業後、韓国へ語学留学。その後、韓国政府奨学生として梨花女子大学大学院女性学科で学ぶ。韓国人と結婚、一男一女を出産。現在は育児のかたわら、翻訳やライターの仕事をしている。子どもを育てる環境を求め、ソウル郊外へ引っ越し、共同育児運動に参加。現在はソウル在住。関心分野は韓国社会と女性、食文化。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集