海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > 梨花女子大学でごはんを食べよう!

韓国/ソウル特派員ブログ 旧特派員 田端 かや

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

1999年3月27日

梨花女子大学でごはんを食べよう!


メール プリント もっと見る

梨花女子大学でごはんを食べよう!

 韓国を代表する名門女子大の一つ梨花女子大学は、地下鉄2号線梨大入口(イデ イック)の駅で降り、原宿を思わせるブティック通りを抜けたところにあります。小さな服屋が軒を連ねるこの通りには、ソウル中の中高校生が集まります。目移りするほどの山のような服や小物と若者の熱気が入り乱れ、この街はいつも喧噪に包まれています。
 そんな中、足早に通りを突き進む女子大生のきりりとした姿があります。喧噪の通りを抜けると、大きな森が目の前にあらわれます。梨花女子大学はこの静かな森の中にあります。
 今の季節、レンギョウ、モクレン、ヤマツツジが花冷えの中、春を待っています。都会のオアシスのようなこの森は、一年を通じて季節の花を楽しめるところです。わたしも大学院時代からこの大学に通いながら、韓国の四季の美しさを感じてきました。森のあちこちにお気に入りの隠れ家をつくり、本を読んだり、昼寝をしたり、こっそり缶ビールを飲んだこともありました。規律の厳しいこの女子大では、校内での喫煙、飲酒は取り締まりの対象なのです。そう、大学生は結婚だって認められていません。結婚=退学の規則に反対するデモもよく開かれます。
 
 ソウルの街の観光に疲れたら、キャンパス見学はいかがでしょう。のんびり散歩を楽しんだり、博物館をのぞくのも、息抜きになるでしょう。女子大ですが、最近大学院への男性の入学が許可され、韓国語コースに通う外国人も多いので、男性の出入りも自由になりました。
 キャンパスに足を運んだら、ぜひ訪れて欲しいのが食堂です。正門から階段を上り教会を越え、裏門方面に歩くと、最近新しくできた学生会館(student union)の建物が右手に出てきます。道を挟んでその向かいにあるオレンジ色の建物に食堂はあります。地下2階が学生食堂で、地下1階が教授食堂です。学生食堂では、韓国的な軽食が格安で食べられます。
 また、教授食堂ではとてもおいしい韓国料理がカフェテリア形式で食べられます。毎日メニューが変わり、入り口に実物と値段が展示されますから、言葉がわからなくても大丈夫。食べたいものをトレイに取り、最後に計算します。かなりボリュームのある組み合わせでも500円くらい。ソウルの食堂でもなかなか味わえないおいしさです。ただここはその名の通り、教授や研究員、大学院生向けの食堂です。外国人は大目に見てくれるので、少人数で静かに食べることをおすすめします。特に中心のテーブルは教授専用なので、気をつけてくださいね。


790.jpg
教授食堂から学生食堂を眺める

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
1999年3月27日
« 前の記事「漢方市場で体にいいもの見つけよう!」へ
»次の記事「観光も手提げ袋持参で資源節約&旅費節約」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    ソウル路7017を歩いてみた
    ベトナム人がつくるフォーの美味しい店
    新しくオープンしたモダンなお粥屋さん
    日本では食べられない丸亀製麺メニュー
    器からスイーツに至るまでこだわり抜いた贅沢カフェ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    韓国エステの楽しみ方
    無性にネンミョンが食べたくなったら… その2
    無性にネンミョンが食べたくなったら…

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      田端 かや
      1991年3月より韓国在住。大学卒業後、韓国へ語学留学。その後、韓国政府奨学生として梨花女子大学大学院女性学科で学ぶ。韓国人と結婚、一男一女を出産。現在は育児のかたわら、翻訳やライターの仕事をしている。子どもを育てる環境を求め、ソウル郊外へ引っ越し、共同育児運動に参加。現在はソウル在住。関心分野は韓国社会と女性、食文化。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集