海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > 大学路で日本文化解禁事情をのぞいてみよう

韓国/ソウル特派員ブログ 旧特派員 田端 かや

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

1999年4月19日

大学路で日本文化解禁事情をのぞいてみよう


メール プリント もっと見る

大学路で日本文化解禁事情をのぞいてみよう

 韓国ではこのところ、日本の映画やコンサートなどが少しずつ一般公開されるようになってきました。映画は一段階目として国際映画祭受賞作品であることを条件に、「HANA-BI」や「影武者」が鳴り物入りで上映されましたが、人気はいまいちだったようです。映画マニアや日本語上級者はすでに見ているような作品ばかりで、実際に見たいものはなかなか上映されていないというのが実状です。続いて「うなぎ」が上映されますが、人気のほどはどうでしょう?
 
 そんな中、つかこうへいの演劇3作品が日本演劇解禁第一号として上演されています。NHK衛星放送のニュース時間には、初演を終えたつかこうへいさんのインタビューもソウルから生中継されました。公演タイトルは、韓国人役者の韓国語による「東京から来た刑事」と「平壌から来た刑事」、日本人役者の日本語による「女刑事の話」です。今までも日本の演劇を韓国語で上演することはあったので、やはり今回の目玉は「大分市つかこうへい劇団」による演劇「女刑事の話」でしょう。しかしこの演劇の公演日は23日から25日までの3日間で、時間も16:30からに限られています。しかも、18歳未満は観覧が禁止されています。公演中日本語の歌を流すことにも許可が下りなかったようです。
 いろいろ緊張感漂う解禁ですが、戦後の長い空白を考えれば、まあ始めは仕方がないのでしょう。若い人は結構けろりとしているのも印象的です。劇場に足を運んでその雰囲気を感じてみてください。

 ***つかこうへい演劇公演日程***
日時:4月16日から4月27日まで、16:30と19:30の2回公演
場所:文芸会館大劇場(大学路中心にあるマロニエ公園横の煉瓦の建物)
問い合わせ:02−8266−123、02−539−0303(予約)
料金:S席20000ウォン、A席15000ウォン
 

 文化解禁の一番後に回されているのが歌謡曲と漫画です。でも、すでにカラオケでは日本語の分からない人もハングルの発音表記字幕を見ながら流行の歌謡曲を歌っているし、漫画喫茶では次々に翻訳された日本の人気漫画を読みふける姿があります。特にカラオケボックスは韓国と日本の歌が両方歌えるところが人気で、次から次へと最新歌謡を歌ってしまう10代にはかないません。
 大学路にある「ドレミファ・ノレパン」は、数あるカラオケボックスの中でも有名な日本の最新歌謡の歌える場所です。マロニエ公園から地下鉄駅の方に歩くとロッテリアがあります。ちょうどその裏手くらいに「ドレミファ・ノレパン」はあります。
地下ですが、入り口には大きい看板があり、音符のネオンが目印。近くで聞いても教えてくれると思います。

 大学路は小劇場やライブハウス、レストランや飲み屋等が集まった若者の人気スポットです。これからの季節マロニエ公園にある野外劇場では、無名歌手のコンサートや大道芸人のショー、伝統的な舞踊や音楽を楽しむことができます。公園の周辺にはおしゃれなカフェやレストラン、最近流行の居酒屋などが集まっていますから、見たい演劇を決めてチケットを買ってから、あちこちぶらぶら暇つぶしするのに事欠かない街です。


792.jpg

つかこうへい演劇特別公演ポスター。
在日韓国人の彼が、東京新国立劇場の開幕公演をまかされたことが誇らしげに書かれている。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
1999年4月19日
« 前の記事「観光も手提げ袋持参で資源節約&旅費節約」へ
»次の記事「心も体もヘルシーになれる豆腐料理屋」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    ソウル路7017を歩いてみた
    ベトナム人がつくるフォーの美味しい店
    新しくオープンしたモダンなお粥屋さん
    日本では食べられない丸亀製麺メニュー
    器からスイーツに至るまでこだわり抜いた贅沢カフェ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    小劇場で話題の演劇はいかが?
    桜について思うこと

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      田端 かや
      1991年3月より韓国在住。大学卒業後、韓国へ語学留学。その後、韓国政府奨学生として梨花女子大学大学院女性学科で学ぶ。韓国人と結婚、一男一女を出産。現在は育児のかたわら、翻訳やライターの仕事をしている。子どもを育てる環境を求め、ソウル郊外へ引っ越し、共同育児運動に参加。現在はソウル在住。関心分野は韓国社会と女性、食文化。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集