海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > プンムル(風物)のリズムで元気な夏!

韓国/ソウル特派員ブログ 旧特派員 田端 かや

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

1999年7月10日

プンムル(風物)のリズムで元気な夏!


メール プリント もっと見る

プンムル(風物)のリズムで元気な夏!

このところのソウルは空梅雨。週末になるとソウル・ノリマダンに出かけている。ノリとは韓国語で遊び、興ずること、マダンは広場を意味する。ソウルで唯一の野外円形劇場だ。ここでは韓国に昔から伝わる音楽や踊り、仮面劇などの伝統芸能を公演している。涼しい風が吹き始める夕方、すり鉢状のマダンに腰を下ろし、農民たちの奏でる打楽器のリズムに心と体をまかせる。辺りを見回すと、観客は心地よさそうに体を揺らしている。いっしょに踊りだしてしまうお年寄りの姿も。

クェンガリ(鉦)のけたたましい合図とともに始まり、チャンゴ(鼓)とプク(小太鼓)が力強いリズムを作り、合間にチン(銅鑼)の重い音色が大地に響く。総勢2,30人がそれぞれの楽器を奏でながら、輪になったり交差したりの動きを繰り返す。リズムが次第に複雑で激しく盛り上がってくると、チャンゴ(鼓)やプク(小太鼓)の演奏者はとんぼ返りなどのアクロバットを披露。頭につけた白くて長い紙が動きに合わせて空に舞い、美しい曲線を描き、会場は拍手と喝采にわく。

韓国の田舎に今でも残っているプンムル(風物)は、ノンアク(農楽)とも呼ばれる。もとは農村や漁村、商店街などで村人の団結と繁栄を祈願するために演奏された。季節の節目には村にプンムルが響き、村人は広場に集まって宴会をした。田植えが終われば、労をねぎらい、豊作を祈った。村では息抜きのできる立派な娯楽だったわけだ。

ソウル・ノリマダンを楽しみにしているお年寄りの中には、農村でプンムルに興じた経験のある人も多いのだと思う。だから都会の一角で公演されるプンムルの音色にも、体がむずむずしてきて踊らないわけにはいかないのだろう。公演にはたいてい各地方の無形文化財に指定された芸能保存会の人たちが招かれ、2時間ほど演奏を行う。そして最後に必ずあるのが、トィップリと呼ばれる出演者と観客がいっしょに踊る、打ち上げのようなもの。このときを待ち望んでいたように我先に踊りの輪に加わるお年寄り、おとなしく見ていた学生風の若者も両手を広げリズムに合わせて踊っている。見ているだけでも心愉快で、元気になれる時間だ。

*****プンムル(風物)公演案内*****

「ソウル・ノリマダン」
日時:4月から10月の毎週土、日曜日 午後5時より(10月は3時から)
ただし、雨天や真夏には休演することもあるので問い合わせを。
場所:地下鉄2号線蚕室(チャムシル)駅下車徒歩5分。ロッテワールド前の湖畔。
料金:無料
TEL:02−414−1985

「国立国楽院(クンニプ・クガグォン)・土曜常設国楽公演」
日時:毎週土曜日午後5時より
場所:地下鉄3号線南部ターミナル駅下車徒歩15分、芸術の殿堂内
料金:5000ウォン
TEL:02−585−0153

「貞洞劇場(チョンドン・クッチャン)」
日時:毎週火、金曜日午後7時半より
場所:地下鉄1,2号線市庁駅下車徒歩10分、徳寿宮(トクスグン)裏手
料金:S席30000ウォン、A席20000ウォン
TEL:02−773−8960

765.jpg

ソウル・ノリマダンのプンムル(風物)公演
無料でここまで楽しめるところは他にない

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー
1999年7月10日
« 前の記事「夏だけ味わえるもの パート1」へ
»次の記事「旅の情報は観光案内展示館で」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    2017ミシュランガイドグルメフェアが開催
    秋夕のイベント情報
    ソウル地下鉄の乗り方と路線情報
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    ソウル路7017を歩いてみた
    ベトナム人がつくるフォーの美味しい店
    1年前の同じ月に投稿された記事
    韓国で話題のCD その2
    韓国で話題のCD その1

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      田端 かや
      1991年3月より韓国在住。大学卒業後、韓国へ語学留学。その後、韓国政府奨学生として梨花女子大学大学院女性学科で学ぶ。韓国人と結婚、一男一女を出産。現在は育児のかたわら、翻訳やライターの仕事をしている。子どもを育てる環境を求め、ソウル郊外へ引っ越し、共同育児運動に参加。現在はソウル在住。関心分野は韓国社会と女性、食文化。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集