海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > “黄砂病”非常事態!

韓国/ソウル特派員ブログ 旧特派員 田端 かや

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2000年3月29日

“黄砂病”非常事態!


メール プリント もっと見る

“黄砂病”非常事態!

 今日の新聞には「全国“黄砂病”非常事態」との見出し。たしかにここ数日、ソウルの空は黄色くよどんでいます。市内中心から見えるはずの南山タワーや北漢山もまったく姿がありません。中国と陸続きの韓国ではおなじみの黄砂の仕業です。今年はちょっとひどすぎるようです。バスも建物も黄砂が積もって薄汚れています。バスの運転手の中にはマスクをした人も多く見かけます。
 気象庁によれば、今までは黄砂が飛ぶ期間は年間で3日ほどと多くなかったのですが、今年はこの3月だけでもすでに4日を数えていて、例年に比べてかなり多いとのこと。
 黄砂はソウル市民の健康を脅かしています。病院には目の痛み、充血、のどの痛みや呼吸器系疾患などの患者が増えていて、黄砂が原因と考えられています。特に最近の黄砂は、単に荒土の粒子だけではなく、埃や細菌、アルミニウムや鉄、亜鉛といった金属成分が含まれていることがわかっています。やっかいなことに黄砂は、飛んでくる途中で環境汚染をいっしょに運んできてしまうようです。
 では、黄砂から身を守るには?
 外出を控え、外から帰ったら、服の埃をよくはたき、うがいをして、目や顔をよく洗うことが大切だそうです。バスやタクシーの窓は極力閉めて、風に乗って飛んでくる黄砂を入れないようにします。ただでさえ乾燥気味の季節。のどを痛めないように、室内に濡れタオルを干すなりして湿度を保ちましょう。のどが痛いなと思ったら、韓国の伝統茶、「生姜茶(センガンチャ)」や「柚子茶(ユジャチャ)」「花梨茶(モグァチャ)」を飲むと効きます。天気予報をよく見て、旅のスケジュールを決めるといいですね。

820.jpg

63階ビルも黄色のベールの中に…

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 通信・携帯・インターネット
2000年3月29日
« 前の記事「花いっぱいのテーマパーク」へ
»次の記事「山城の残る町、城北洞(ソンブクドン)散策」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    ソウル路7017を歩いてみた
    ベトナム人がつくるフォーの美味しい店
    新しくオープンしたモダンなお粥屋さん
    日本では食べられない丸亀製麺メニュー
    器からスイーツに至るまでこだわり抜いた贅沢カフェ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    観光も手提げ袋持参で資源節約&旅費節約
    梨花女子大学でごはんを食べよう!

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      田端 かや
      1991年3月より韓国在住。大学卒業後、韓国へ語学留学。その後、韓国政府奨学生として梨花女子大学大学院女性学科で学ぶ。韓国人と結婚、一男一女を出産。現在は育児のかたわら、翻訳やライターの仕事をしている。子どもを育てる環境を求め、ソウル郊外へ引っ越し、共同育児運動に参加。現在はソウル在住。関心分野は韓国社会と女性、食文化。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集