海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > 山城の残る町、城北洞(ソンブクドン)散策

韓国/ソウル特派員ブログ 旧特派員 田端 かや

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2000年4月20日

山城の残る町、城北洞(ソンブクドン)散策


メール プリント もっと見る

山城の残る町、城北洞(ソンブクドン)散策

 「市内(シネ)に出かけます」と言う言葉を聞くたびに、なんだか不思議な気持ちになる。ソウル市内に住んでいる人が明洞(ミョンドン)のロッテデパートだとか、光化門(クァンファムン)の教保文庫あたりに出かけるときに、そう言う。すっかり大都市になってしまったソウルだが、人々の頭の中には街と言えば、「市内」であり、それは今でも城郭内という認識があるようだ。渋滞に巻き込まれながら、南大門や東大門を眺めていると、その昔王朝が栄えていた頃の城郭都市の面影を感じることはできるが、「市内」感覚は外国人には今一つぴんとこない。
 ソウル中心に位置する王宮景福宮(キョンボックン)の北には、その名も「城北(ソンブク)」という地域がある。城郭都市を取り囲む山城を背景に、閑静な住宅街が広がっている。地下鉄4号線漢城大(ハンソンデ)駅からのんびり歩いてみよう。10分ほどで雑踏から離れた静かな町並みが広がり始める。おすすめは山城歩きと「澗松(カンソン)美術館」、そして伝統茶屋「壽硯山房(スヒョンサンバン)」
 国宝級の所蔵品で知られる「澗松(カンソン)美術館」は、小学校近くの樹木がうっそうと茂る小さな森の中にある。焼き物や書などをゆっくりと鑑賞するにふさわしいロケーションだ。
 伝統茶屋「壽硯山房(スヒョンサンバン)」は、もともと小説家李泰俊(イ・テジュン)が執筆活動をするために、故郷の江原道(カウォンド)の韓国伝統家屋を解体し、ソウルで建て直した家。
 1904年生まれの彼は、1930年代韓国文壇で短編小説や随筆を独特の美的感覚によって表現した。その後朝鮮戦争中、北朝鮮に渡り、韓国の地を踏むことはなかった。現在まで彼の家族が暮らしつづけてきたこの家を、最近ソウル市が地方民俗資料に指定、一般に公開されることになった。
 作家が自ら植えた樹木に囲まれた庭を眺めていると、そこだけ別の時間が流れているようだ。昼ならなつめ茶やカリン茶などの伝統茶、夜なら松の葉の薫りがする伝統酒ソルソン酒や菊花酒(クッカジュ)がおすすめ。
 すぐ目の前に見える山城まで足を伸ばしてみよう。山城に沿って歩くと、ソウル城郭市内が一望でき、タイムマシーンではるか昔を旅するような気分が味わえる。

「澗松(カンソン)美術館」
電話:02−762−0442
開館時間:10:00〜18:00
行き方:地下鉄4号線漢城大(ハンソンデ)駅下車、6番出口を出て路線85のバスに乗り、「城北(ソンブク)初等学校」前下車

「壽硯山房(スヒョンサンバン)」
電話:82−2−765−3832
営業時間:11:00〜22:30
行き方:地下鉄4号線漢城大(ハンソンデ)駅下車、6番出口を出て路線85のバスに乗り、「サンタリ」停留所まで5分。または、タクシーで「城北(ソンブク)2洞事務所前」まで5分。

821.jpg

「壽硯山房(スヒョンサンバン)」は素朴な白と黒い瓦の塀が目印。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2000年4月20日
« 前の記事「“黄砂病”非常事態!」へ
»次の記事「自分だけの服、作りませんか。」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    防弾少年団【With Seoul】を無料でダウンロード!
    100種類のアイスが楽しめる31アイスクリーム - バスキンロビンス・ブラウン
    2017ミシュランガイドグルメフェアが開催
    秋夕のイベント情報
    ソウル地下鉄の乗り方と路線情報
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    心も体もヘルシーになれる豆腐料理屋
    大学路で日本文化解禁事情をのぞいてみよう

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボスリランカ/バッカスタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      田端 かや
      1991年3月より韓国在住。大学卒業後、韓国へ語学留学。その後、韓国政府奨学生として梨花女子大学大学院女性学科で学ぶ。韓国人と結婚、一男一女を出産。現在は育児のかたわら、翻訳やライターの仕事をしている。子どもを育てる環境を求め、ソウル郊外へ引っ越し、共同育児運動に参加。現在はソウル在住。関心分野は韓国社会と女性、食文化。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集