海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > おみやげにオンギ(甕器)を

韓国/ソウル特派員ブログ 旧特派員 田端 かや

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2001年4月30日

おみやげにオンギ(甕器)を


メール プリント もっと見る

おみやげにオンギ(甕器)を

 韓国で食堂に入ると、黒光りした小さな釜で炊かれたご飯が一人前ずつ出されることがあります。そのご飯の味が忘れられないという人の声もよく聞きます。また、スンドゥブチゲ(辛い豆腐の鍋)やテェンジャンチゲ(味噌鍋)なども同じ釜でぐつぐつ熱いまま出てきます。
 この釜がオンギ(甕器)といいます。韓国の伝統家屋の台所近くの裏庭に大小の甕が置かれているのを見たことがあると思いますが、中にはキムチや醤油、味噌、コチュジャンなどが入っている保存用の甕のことです。最近、この甕の素材のよさが見なおされ、さまざまな生活陶器になって、登場しているのです。
 オンギとは赤土で器を作った後に釉薬を塗らないまま焼いた「チルグルッ」や釉藥を塗ったつやつやした器「オジグルッ」があります。
ひびが入ったり壞れたりしたらすぐに土に戻せる“自然に近い器”であり、トラックに山積みにされたオンギ屋さんが来ると、割れてしまった蓋を求めたり、新しい甕を買ったりします。高層マンションのどこの家庭にも必ずベランダに置かれている馴染み深いものです。
 発酵食品が発達した韓国料理において、オンギは貯藏庫としての役割を果たしてきました。不思議なことにオンギに食品を入れておくと腐らずに野菜は新鮮に、発酵食品はおいしく発酵を促進させる特殊な性質を持っています。米や麦などの穀物入れにも適しています。
 最近は甕だけではなく、小さな器や保存用の蓋付き容器などが出まわっています。オンギは仁寺洞やデパートなどで簡単に購入できます。

***オンギ民俗博物館***
行き方:地下鉄4号線水由(スユ)駅1番出口
開館時間:10時〜18時(毎週月曜日休館)
電話:02‐900‐0900

韓国の伝統家屋にはかならずある風景。
台所近くの裏庭に大小の甕が置かれ、
中にはキムチや醤油、味噌、コチュジャンなどが入っている。

1120.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産
2001年4月30日
« 前の記事「日本のミュージシャンが参加するおすすめのコンサート二つ」へ
»次の記事「低温サウナ「チムジルパン」のある汗蒸幕」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    秋夕のイベント情報
    ソウル地下鉄の乗り方と路線情報
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    ソウル路7017を歩いてみた
    ベトナム人がつくるフォーの美味しい店
    新しくオープンしたモダンなお粥屋さん
    1年前の同じ月に投稿された記事
    自分だけの服、作りませんか。
    山城の残る町、城北洞(ソンブクドン)散策

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      田端 かや
      1991年3月より韓国在住。大学卒業後、韓国へ語学留学。その後、韓国政府奨学生として梨花女子大学大学院女性学科で学ぶ。韓国人と結婚、一男一女を出産。現在は育児のかたわら、翻訳やライターの仕事をしている。子どもを育てる環境を求め、ソウル郊外へ引っ越し、共同育児運動に参加。現在はソウル在住。関心分野は韓国社会と女性、食文化。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集