海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > 要注意!仁川空港からのタクシー

韓国/ソウル特派員ブログ 旧特派員 田端 かや

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2001年8月30日

要注意!仁川空港からのタクシー


メール プリント もっと見る

要注意!仁川空港からのタクシー

 先日空港からタクシーに乗ってひどい目に遭った。韓国語がわかってもこんな目に遭ってしまうのだから、観光客のみなさん、要注意です。
 新しい仁川空港を気分よく抜け出し、いざタクシーに。この日は荷物も多く、バスは無理なので、家の前まで確実に行けるタクシーを選んだ。タクシーは専用乗り場の前でほぼ並ぶことなく利用できるので、本当に便利。でも、空港がオープンしてソウル市内から離れてしまって以来、料金がかかりそうな気がして乗っていなかった。
 さて、案の定、一般タクシーは長い列を作り客を待っていた。乗ろうとすると、数人の運転手がやけに親切に荷物運びを手伝ってくれ、どうぞどうぞという感じで後部座席に座らされた。このあたりでちょっとやばい感じはあったが、疲れていたのと荷物も積んでホッとしたのとで、気が緩んでいた。
 運転手は車を走らせ始めて、メーターを押した。メーターの数字は1580ウォン。あれ?1300ウォンじゃないの?と思い、運転手に尋ねると、「地域外なので」と言う。「どういう意味?」と尋ねると、「この車は仁川のだから」との答え。とっさに「じゃあ、降りる」と叫ぶが、後の祭り。空港からの道は抜け道などないのだ。「空港に戻って」と怒ると、「またチケットを取って並ぶのは嫌」と言われる。
 このチケット、すでに問題になっているのだが、客を空港から乗せるためには、タクシーが順番を待つためのチケットを取る必要がある。これで順番が決まり、客の争奪戦がなくなったのはよかったが、あまりにも長く待たされるので、商売にならないと、チケットの闇取引も盛んだそう。
 「なんでソウルの車と仁川の車が同じ列なのか」「だまされたとしか言いようがない」「次からはもうタクシーに乗らない」などどぼやいたが、だんだん面倒になってきて、しかもタクシーは猛スピードで飛ばしていて身の危険を感じるほど。おとなしくしていたほうがいいと判断。文句をいうのをやめて、行き先を告げた。
 あまりにも黙りこくって無言の抵抗を続けるわたしたちに運転手も怖くなった様子。しばらくして「行きはいくらだったのか」と聞いてきた。結局、その値段で行ってくれることに落ち着き、一件落着。仁川の地域外メーターはどんどん上がり、最後には60%近い割増料金になっていた。う〜こわ…

 このようなトラブルを防ぐためには…
1、タクシーのナンバーはソウルかを確認
2、タクシーは一般タクシーかを確認(コールタクシーが紛れ込んでいることも)
3、座ったらすぐにメーターを押させて初乗り料金が1300ウォンを確認
4、さらにメーター料金で行くことを口頭で確認
(空港専用道路の通行料6100ウォンは別払いです)
5、選べるようなら、会社タクシーより個人タクシーが安心。
予算があれば模範タクシーがトラブルなどなくていい。

 ということで、空港からはバスが絶対おすすめです。どうかくれぐれもお気をつけて。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2001年8月30日
« 前の記事「韓紙の魅力」へ
»次の記事「利川で焼き物と山奥の鶏カルビ」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    ソウル路7017を歩いてみた
    ベトナム人がつくるフォーの美味しい店
    新しくオープンしたモダンなお粥屋さん
    日本では食べられない丸亀製麺メニュー
    器からスイーツに至るまでこだわり抜いた贅沢カフェ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    歌手ソ・テジのカムバック
    南大門市場にファッションモールMESA誕生!

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      田端 かや
      1991年3月より韓国在住。大学卒業後、韓国へ語学留学。その後、韓国政府奨学生として梨花女子大学大学院女性学科で学ぶ。韓国人と結婚、一男一女を出産。現在は育児のかたわら、翻訳やライターの仕事をしている。子どもを育てる環境を求め、ソウル郊外へ引っ越し、共同育児運動に参加。現在はソウル在住。関心分野は韓国社会と女性、食文化。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集