海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > 旬のカキを韓国風に味わう

韓国/ソウル特派員ブログ 旧特派員 田端 かや

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2001年12月27日

旬のカキを韓国風に味わう


メール プリント もっと見る

旬のカキを韓国風に味わう

 韓国でもカキ(韓国語ではクル)はよく食べられます。デパートなどでは生牡蠣をコチュジャンにつけて食べる試食コーナーもあるくらいです。カキの料理としては、生でコチュジャンをつけて食べる「センクル」と、フリッターのように衣をつけて焼き上げる「クルジョン」が代表メニューでしょう。
 おいしい「クルジョン」はこのサイトでも紹介済みのレストランで食べることができます。http://202.221.200.3/news/tokuhain/c805.html
豆腐料理で有名な「チリサン(智異山)」で小ぶりのカキを一つずつ小さくお焼きにした「クルジョン」が季節限定メニューで楽しめます。どぶろく風のトントンジュもおいしいので、オンドル部屋でカキを肴に体を温めましょう。

もう一つおすすめのお店があります。
一風変わったカキ料理を出す店、「イモチプ」です。ここでは「クルムッチム」という名のとおり、生牡蠣と芹を薬味で和えた料理が味わえます。ぴりりと辛味がきいている薬味が生牡蠣の旨みを引き出し、本当に旬のおいしさです。ぜひ、お試しを。

***「チリサン(智異山)」***
行き方:地下鉄3号線安国(アングッ)駅下車徒歩5分。仁寺洞(インサドン)通りに入り、左に「学古斎(ハッコジェ)」というギャラリーがあったら、角を左に曲がる。路地を進み、突き当たりで左に曲がると右手にある。新しく建てられた落ち着いたトーンの韓国風の2階建て。
電話:02−723−4696

***「イモチプ」***
アクセス:地下鉄3号線安国駅下車。6番出口から仁寺洞のメインストリートへ。一番目の左側の路地に入り、すぐ右の路地を入った正面にある。
電話:02-720-4688

「イモチプ」の「クルムッチム」
生牡蠣と芹を薬味で和えた料理は見た目にも美しく、
味も絶品。
1360.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2001年12月27日
« 前の記事「ソウルの別天地」へ
»次の記事「心と体にやさしい漢方ダイエット」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    秋夕のイベント情報
    ソウル地下鉄の乗り方と路線情報
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    ソウル路7017を歩いてみた
    ベトナム人がつくるフォーの美味しい店
    新しくオープンしたモダンなお粥屋さん
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ソウルの年越し
    韓国語がわからなくても大丈夫なミュージカル&パフォーマンス

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      田端 かや
      1991年3月より韓国在住。大学卒業後、韓国へ語学留学。その後、韓国政府奨学生として梨花女子大学大学院女性学科で学ぶ。韓国人と結婚、一男一女を出産。現在は育児のかたわら、翻訳やライターの仕事をしている。子どもを育てる環境を求め、ソウル郊外へ引っ越し、共同育児運動に参加。現在はソウル在住。関心分野は韓国社会と女性、食文化。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集