海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > お餅カフェ出現!

韓国/ソウル特派員ブログ 旧特派員 田端 かや

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2002年3月31日

お餅カフェ出現!


メール プリント もっと見る

お餅カフェ出現!

韓国伝統食べもの研究所というのがある。
なんとその研究所がカフェをオープンしたというので行ってみた。
立派なビルの一階がカフェ。
その上には博物館まであり、
韓国人の食に対する情熱が感じられる。
しかも、カフェの名は「チルシル(餅を蒸すための釉薬を塗らない土器)」と伝統的だが、
喫茶店や茶屋と呼ばず「トッカフェ(餅カフェ)」と名乗っているだけに、
店内はとてもおしゃれで洗練されている。
古い家屋風の柱や梁がシンプルに使ってあり、
決して田舎臭くないのがたしかにカフェだ。
ショーウィンドウにはケーキのようにお餅が並び、
見た目にも美しい伝統菓子をお茶といっしょに楽しめる。
コーヒー、紅茶から伝統茶まであるのもうれしい。
春の花が美しい昌徳宮を見学したあと、
立ち寄りたいカフェ。

アクセス:地下鉄1,3,5号線鐘路3街駅6番出口を出て、100メートル。左手にある。ちょうど秘苑のある昌徳宮前の通りに位置。
電話:02−741-5477


伝統的な趣がうまく生かされたカフェ外観。
天気がいい日はデッキでお餅とお茶を。

1475.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2002年3月31日
« 前の記事「韓国を代表する現代アート必見作品展」へ
»次の記事「テンプル・ステイ(Temple Stay)のすすめ」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    ソウル路7017を歩いてみた
    ベトナム人がつくるフォーの美味しい店
    新しくオープンしたモダンなお粥屋さん
    日本では食べられない丸亀製麺メニュー
    器からスイーツに至るまでこだわり抜いた贅沢カフェ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    2001韓国グランドセール
    日本のミュージシャンが参加するおすすめのコンサート二つ

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      田端 かや
      1991年3月より韓国在住。大学卒業後、韓国へ語学留学。その後、韓国政府奨学生として梨花女子大学大学院女性学科で学ぶ。韓国人と結婚、一男一女を出産。現在は育児のかたわら、翻訳やライターの仕事をしている。子どもを育てる環境を求め、ソウル郊外へ引っ越し、共同育児運動に参加。現在はソウル在住。関心分野は韓国社会と女性、食文化。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集