海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > 「千と千尋の神隠し」絶賛上映中

韓国/ソウル特派員ブログ 旧特派員 田端 かや

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2002年7月25日

「千と千尋の神隠し」絶賛上映中


メール プリント もっと見る

「千と千尋の神隠し」絶賛上映中

ワールドカップの驚異的な盛り上がりで6月の1カ月間は映画館にも観客が入らないほどだった。具体的な数字を見ても、6月中旬にはソウルの映画観客動員数が16万4134人まで減った。これは5月第1週の47万4321人と比較すると、普段の3分の1の観客数しかない。しかし、6月25日に行われたW杯準決勝で韓国の敗退が決まると、夏休み向けの大作が次々公開され始め、映画館にはにぎわいが戻ってきた。
 宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」の上映も一ヶ月が過ぎたが、客足は途絶えることなく続いている。この映画の前に「となりのトトロ」の興行成績が思わしくなかったため心配されたが、今回は見事なタイミングと関心の高さでロングラン上映になりそうな勢いだ。一つには「となりのトトロ」はすでに闇でビデオが出回っていたことにより、映画館上映の魅力を感じなかったことにあるが、「千と千尋の神隠し」はビデオが出回る前に一般公開され、一部アニメファンが日本にわざわざ観にいくほどの関心の高さが注目されていた。
 また、制作に韓国のアニメーション制作会社が初めて参加したことも話題となった。創立して10年のDRデジタル社は、すでに一連のスタジオジブリの名作と、難易度が高いことで話題になったりんたろう監督の「メトロポリス」の制作にも参加、最高水準の技術力を誇ってきた。そんなこともあって、実は「名作アニメが韓国産?」といった少々短絡的な評判もあり、韓国人にはかっこうの宣伝材料となった。しかし、実際に映画館で観てみると、映画の最後に流れるスタッフ紹介のたくさんの韓国人名も見ずに立ち上がる人が多かったが。
 気になるのはタイトル。韓国語では直訳すると「千と千尋の行方不明」となっている。う〜ん。なんだかしっくりこない。神隠しというちょっと不思議な奇妙なイメージを表すことのできる韓国語がないからなのだが、映画を観た人から感想を聞いても今ひとつ想像力に欠ける部分があるようなところがあった。
 主要映画館では上映中ですので、ぜひハングル字幕の日本アニメを観てください。シーンごとのみんなの反応も面白いですよ。

ハングルで「千と千尋の行方不明」というタイトルが入った映画のポスター
1609.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー
2002年7月25日
« 前の記事「ワールドカップスタジアムのキャンピング場」へ
»次の記事「韓国初!地ビールレストラン誕生」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    ソウル路7017を歩いてみた
    ベトナム人がつくるフォーの美味しい店
    新しくオープンしたモダンなお粥屋さん
    日本では食べられない丸亀製麺メニュー
    器からスイーツに至るまでこだわり抜いた贅沢カフェ

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      田端 かや
      1991年3月より韓国在住。大学卒業後、韓国へ語学留学。その後、韓国政府奨学生として梨花女子大学大学院女性学科で学ぶ。韓国人と結婚、一男一女を出産。現在は育児のかたわら、翻訳やライターの仕事をしている。子どもを育てる環境を求め、ソウル郊外へ引っ越し、共同育児運動に参加。現在はソウル在住。関心分野は韓国社会と女性、食文化。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集