海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > 韓国のおでんと日本のおでんは全然違う

韓国/ソウル特派員ブログ 旧特派員 田端 かや

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2002年10月20日

韓国のおでんと日本のおでんは全然違う


メール プリント もっと見る

韓国のおでんと日本のおでんは全然違う

 寒くなればおでんが食べたくなります。韓国人も「寒いからおでんでも食べよう!」と言います。そして街頭の湯気の立つ屋台に立ち寄ります。ここまでは日本と同じ。
 でも、目の前のおでんは、腕よりも長い串に刺さった棒状薩摩揚げ。一本500円とお手頃な値段ですが、ひたすらそれだけを食べてもちょっとおでんの気分は出ません。周りの韓国人はトッポッキや焼き餃子などを一緒に食べています。「オデン クンムル ジュセヨ!(おでんのスープください)」と言いながら。
 韓国では「オデン」と呼ばれるものは魚肉練り製品のこと。そしてオデンというメニューは屋台などで簡単に食べるスナック的なもので、食事ではありません。「オデン」は日本の植民地時代に入ってきた食べ物であり、言葉もそのまま残っていますが、料理としては残らなかったようです。スープものが好きな韓国人ですが、あまりにも淡泊な味付けだからでしょうか。
 冷え込む季節に街頭の屋台巡りをするのも楽しいものです。オデンを一度おためしあれ。手元のしょうゆにつけてその場で食べて、串は返します。

 最近、日本のおでんが食べられる店も登場しました。でも、とってもおしゃれなおでんバーといった雰囲気ですが。そしてステーキと同じくらいの値段で元祖おでんが出されます。
 「オデンバー マル」 TEL02−514−5545
 「トンプリ」 TEL02−517−9570

プサンの屋台のおでんにはカニが入っていました。
カニの出汁の利いたスープは飲み放題。
おでんの種類はソウルなら2種類くらいしかありません。

1723.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2002年10月20日
« 前の記事「ソウル近郊でバンジ−ジャンプ」へ
»次の記事「韓国IT事情 インターネットの楽しみ方」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    防弾少年団【With Seoul】を無料でダウンロード!
    100種類のアイスが楽しめる31アイスクリーム - バスキンロビンス・ブラウン
    2017ミシュランガイドグルメフェアが開催
    秋夕のイベント情報
    ソウル地下鉄の乗り方と路線情報
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    おいしいインドカレーを食べるなら…
    フリーマーケットを覗いてみませんか

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボスリランカ/バッカスタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      田端 かや
      1991年3月より韓国在住。大学卒業後、韓国へ語学留学。その後、韓国政府奨学生として梨花女子大学大学院女性学科で学ぶ。韓国人と結婚、一男一女を出産。現在は育児のかたわら、翻訳やライターの仕事をしている。子どもを育てる環境を求め、ソウル郊外へ引っ越し、共同育児運動に参加。現在はソウル在住。関心分野は韓国社会と女性、食文化。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集