海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > オノ・ヨーコ韓国展

韓国/ソウル特派員ブログ 旧特派員 田端 かや

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2003年5月30日

オノ・ヨーコ韓国展


メール プリント もっと見る

オノ・ヨーコ韓国展

 新聞を読んでいたら、こんな文句が目に入った。「西洋と男性に対抗した芸術家オノ・ヨーコ」
 来る6月21日から9月14日までソウル太平路ロダンギャラリーで開かれる「オノ・ヨーコ展」をめぐっての文章だ。ビートルズ全盛期、韓国は独裁政権下にあったので、、日本のような中年のビートルズファンの熱狂ぶりはみられない。むしろ、その後のアメリカンポップスの方が80年代民主化運動世代にはなじみがあるようだ。閉ざされた歴史の中で青春の自由を謳歌できなかったといえるだろうか、韓国の中年世代はジーンズもはかないし、日本とはかなり違ったライフスタイルだ。
 だから、今回の展覧会は韓国では初めてオノヨーコという人にスポットライトが当てられたものであり、彼女の生き方を韓国の人がどう受け止めるかも楽しみだ。世界では70歳になるという彼女のイメージは今でもその当時のままだが、60年代から最近までの彼女の芸術活動を紹介するという大規模な企画に注目が集まっている。韓国での展示はその抜け落ちた歴史のかけらを集めるような意味合いなのだろう。

ロダンギャラリー:場所はソウル市庁向かい側のサムソン本館ビル左脇に位置
http://www.sfoc.org/english/dialogue02/main.html

1957.jpg


「オノ・ヨーコ展」のポスター
ちょっと前にはこんなセクシャルな写真だって街頭に貼られることはなかったのだから時代は変わった

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 文化・芸術・美術
2003年5月30日
« 前の記事「お粥専門店」へ
»次の記事「韓国のお香でリフレッシュ」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    ソウル路7017を歩いてみた
    ベトナム人がつくるフォーの美味しい店
    新しくオープンしたモダンなお粥屋さん
    日本では食べられない丸亀製麺メニュー
    器からスイーツに至るまでこだわり抜いた贅沢カフェ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ワールドカップ観戦はスタジアムだけではつまらない
    テンプル・ステイ(Temple Stay)のすすめ

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      田端 かや
      1991年3月より韓国在住。大学卒業後、韓国へ語学留学。その後、韓国政府奨学生として梨花女子大学大学院女性学科で学ぶ。韓国人と結婚、一男一女を出産。現在は育児のかたわら、翻訳やライターの仕事をしている。子どもを育てる環境を求め、ソウル郊外へ引っ越し、共同育児運動に参加。現在はソウル在住。関心分野は韓国社会と女性、食文化。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集