海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > 泳ぐならここ!

韓国/ソウル特派員ブログ 旧特派員 田端 かや

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2004年7月30日

泳ぐならここ!


メール プリント もっと見る

泳ぐならここ!

 韓国でも7月末から8月初めあたりは夏休みのピークです。ニュースを見ていると、この猛暑であちこちのビーチは超満員。それにしても海に浮かぶ同じ色の大きな浮き輪の多いこと!日本の風景と違うところでしょう。日本なら色とりどりのそれぞれの浮き輪やボートを持参しますが、韓国ではビーチで借りる人が多いようです。しかも、子どもよりも大人が浮き輪にしがみついているではありませんか。
 そのわけは、【1】一年で外で泳げる夏が短いため個人で浮き輪やボートを持たない、そして【2】水泳を習ったことのない人が多いため、大人でもかなづちが多い…というところでしょう。韓国語でかなづちは「メクチュビョン(ビール瓶)」。口から水が入り、沈んでしまう様をうまく表していると思いませんか。
 さて、海のないソウルではビーチで泳ぐことは出来ませんが、暑い日にはプールに出かけてみるのもいいかもしれません。

(1)カリビアンベイ http://jp.everland.com/Er/htm/Er_Cb.htm
カリブ海をイメージした韓国最大のプール。室内のスパやサウナなども楽しめ、外では波のプールがあります。
場所:竜仁エバーランド内
料金:大人60000ウォン(ゴールドシーズンの昼間料金)

(2)漢江野外水泳場http://hangang.seoul.go.kr/leports/l_main.html
ソウルを流れる漢江(ハンガン)岸にあるソウル市営プール。汝矣島(ヨイド)、蚕室(チャムシル)、蚕院(チャムウォン)、トクソムなど全部で7ヶ所ある。
料金:大人4000ウォン、子ども2000ウォン


2472.jpg

ビーチが黄色の浮き輪で埋まっているおなじみの風景
釜山の海雲台ビーチ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー
2004年7月30日
« 前の記事「ぜひこの機会に見ておきたい世界有数の展覧会」へ
»次の記事「蓼鶏湯のお粥で暑気払い」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    ソウル路7017を歩いてみた
    ベトナム人がつくるフォーの美味しい店
    新しくオープンしたモダンなお粥屋さん
    日本では食べられない丸亀製麺メニュー
    器からスイーツに至るまでこだわり抜いた贅沢カフェ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    チョガッポのある風景
    水族館で涼む

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      田端 かや
      1991年3月より韓国在住。大学卒業後、韓国へ語学留学。その後、韓国政府奨学生として梨花女子大学大学院女性学科で学ぶ。韓国人と結婚、一男一女を出産。現在は育児のかたわら、翻訳やライターの仕事をしている。子どもを育てる環境を求め、ソウル郊外へ引っ越し、共同育児運動に参加。現在はソウル在住。関心分野は韓国社会と女性、食文化。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集