海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > スターバックスのハングルカップ

韓国/ソウル特派員ブログ 旧特派員 田端 かや

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2006年7月 8日

スターバックスのハングルカップ


メール プリント もっと見る

スターバックスのハングルカップ

https://tokuhain.arukikata.co.jp/seoul/upload/2006/07/P1000878-thumb.JPG
 スターバックスに行くと、オリジナルカップの中にハングルの書かれたものがあります。一つ買おうかなと思って手に取ったこともあるのですが、何も韓国に暮らしているのにハングルを見ながらお茶を飲むこともないと思いとどまりました。わたしが観光客でガイドブック片手に旅行をしていて、疲れた足を休めに入ったスターバックスでこのカップに出会っていたら、きっと買っているでしょう。
 このカップに書かれたハングルは韓国の人にはおなじみの文章で、『訓民正音 (フンミンジョンウム)』といい、1433年に世宗大王が確立したハングル体系を説明した書物のこと。韓国人なら冒頭の部分を空で言えるほど有名です。中国の漢字は民衆にはわかりにくいため、朝鮮語の表記がしやすいハングルを開発したという内容です。
 それにしても最近のスターバックスはその値段の高さが槍玉に挙がっています。手元の新聞記事によれば、カプチーノのトールサイズが韓国では3500ウォン、日本では340円(約2800ウォン)なのだそうです。レートが円安なのでさらに割高感を抱いてしまうわけですが、韓国の庶民の金銭感覚からするとたしかに高いのです。3500ウォンあれば、簡単な食事もできる値段。
 でも、以前ある韓国人から聞いた話はやたら説得力がありました。その人はこういったのです。「スターバックスは韓国に出店を決めたとき、他の国とは違ってまずは広い店舗を確保することで成功を確信したんだ。だって、韓国の人はカフェでコーヒーを飲んで何時間もおしゃべりするでしょう。数人で座れるソファもあってくつろげなければ、韓国ではお客は入らないよ。だからあそこのコーヒーは高いんだ。」スターバックスではテイクアウトすると損ということですね。韓国ではゆっくりのんびりする場所なのです。
 ところで、日本ではスタバと略していいますが、韓国では「ビョルタバン(星茶房)」といいます。コーヒービーンというスタバとしのぎを削っているカフェは「コンタバン(豆茶房)」例えば、「ビョルタバンのコーヒーより、コンタバンの方がおいしいよね」なんていうおしゃべりを耳にします。ちょっとかわいいネーミングで、思わず微笑んでしまいます。
 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産
2006年7月 8日
« 前の記事「ワールドカップ…夢の跡」へ
»次の記事「ジダン事件と韓国語の悪口」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    2017ミシュランガイドグルメフェアが開催
    秋夕のイベント情報
    ソウル地下鉄の乗り方と路線情報
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    ソウル路7017を歩いてみた
    ベトナム人がつくるフォーの美味しい店

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      田端 かや
      1991年3月より韓国在住。大学卒業後、韓国へ語学留学。その後、韓国政府奨学生として梨花女子大学大学院女性学科で学ぶ。韓国人と結婚、一男一女を出産。現在は育児のかたわら、翻訳やライターの仕事をしている。子どもを育てる環境を求め、ソウル郊外へ引っ越し、共同育児運動に参加。現在はソウル在住。関心分野は韓国社会と女性、食文化。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集