海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > スリムなタイヤキ

韓国/ソウル特派員ブログ 旧特派員 田端 かや

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2006年9月16日

スリムなタイヤキ


メール プリント もっと見る

スリムなタイヤキ

タイヤキ.jpg
縲月も中旬になると道端の露天の品目が変わり始めます。朝夕と肌寒くなってくると、温かいものをつまみたくなるものです。特に韓国の人は子どもや若者はもちろん、立派な大人もけっこうかわいらしいものを食べ歩きするのを好みます。以前、とっても紳士風の会社役員と仕事で話しながら歩いていたとき、その人がさっと道端でタイヤキを買ってくれたことがあります。姿とは不釣合いなタイヤキをほおばるその初老の紳士を思わず見つめて笑ってしまいました。
 さて、韓国のタイヤキはよく見るととてもスリムな体つきです。日本のタイヤキがまん丸で漫画チックなのに比べて、韓国のはちょっと野性味があってほっそりしています。名前もタイヤキではなく、フナヤキ(プンゴパン)、直訳するとフナパンといいます。たしかにフナのようです。植民地時代に入ってきた日本の食べ物がどういう経路で韓国化したのか、興味がわきます。身近な魚の名前をただつけただけなのでしょうけど、タイがなぜフナになったのか、気になります。
 韓国には「フナパンのようによく似ている」という言葉があります。親子が似ていると、瓜二つというような意味で使います。この言葉もタイヤキが入ってきてからできたのでしょうから、フナパンの由来は謎のままです。耳にするたびに、おいしいタイヤキが思い出されて困ってしまいます。
 中のあんこも韓国化した味付けになっています。日本のに比べて、甘さ控えめで塩がきいたあんこです。あまり甘いあんこに慣れていない韓国の人にはこのくらいの甘さがちょうどいいのでしょう。ほっそりしているし、甘さ控え目だし、いくつも食べられそうです。今年の「フナヤキ」のお値段は4つで1000ウォン。とっても安いですね。ぜひ、お試しを。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2006年9月16日
« 前の記事「唐辛子干し」へ
»次の記事「ソウルを眺め松茸を楽しむ」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    ソウル路7017を歩いてみた
    ベトナム人がつくるフォーの美味しい店
    新しくオープンしたモダンなお粥屋さん
    日本では食べられない丸亀製麺メニュー
    器からスイーツに至るまでこだわり抜いた贅沢カフェ

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      田端 かや
      1991年3月より韓国在住。大学卒業後、韓国へ語学留学。その後、韓国政府奨学生として梨花女子大学大学院女性学科で学ぶ。韓国人と結婚、一男一女を出産。現在は育児のかたわら、翻訳やライターの仕事をしている。子どもを育てる環境を求め、ソウル郊外へ引っ越し、共同育児運動に参加。現在はソウル在住。関心分野は韓国社会と女性、食文化。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集