海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > 携帯用ヨモギ蒸し

韓国/ソウル特派員ブログ 旧特派員 田端 かや

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2006年12月16日

携帯用ヨモギ蒸し


メール プリント もっと見る

携帯用ヨモギ蒸し

yejimiin.gif
 友人がとてもいいとすすめてくれたので、使ってみたのが「イェジミイン(礼知美人)」という名前の商品。これは韓国の汗蒸幕(ハンジュンマク)などでよくある「スクチムジル(ヨモギ蒸し)」の使い捨て版。小さな甕の中で漢方薬をぐつぐつ煮て、その蒸気の上に座り、下半身を温めるという韓国伝統の民間療法で、日本人観光客にも人気のようです。実際にこれで冷え性が治ったり、生理痛が軽くなったり、子宮筋腫が小さくなったという人が周りにいたりします。小さな便器のような形で家庭用も出ていて、痔に悩む男性も愛用しているそうです。
 さて、「イェジミイン(礼知美人)」は生理用品コーナーで売られています。箱もゴールドで何だか高級そうだし、5つ入って8500ウオンくらいするので、買うのを渋っていましたが、寒さの到来とともに買ってみました。さて、包みを開けると、中には小さなホッカイロのようなものと女性の月経用ナプキンが一枚。ホッカイロを振るとすぐに温かくなってくるので、これをナプキンの裏側(外側)に貼り付けて着用します。(説明書きには低温やけどに注意とあります)
 しばらくすると、体がぽかぽかと温かくなり、オンドルの部屋で着用したのを後悔したほど熱くなってきました。これは凍てつくような韓国の冬、外を歩くのにいいかもしれません。ヨモギの匂いがほんのり漂うのもなかなかいいです。ヨモギ蒸し愛好家にはおすすめしたい新製品でした。

 それにしても長い韓国生活でわたしを支えてくれたのは、こういう「モメチョッタ(体にいい)グッズ」の数々でした。韓国の人たちは伝統的な生活の知恵を何とかして現代社会でも活用しようと情熱を注いでいるように思います。例えば、季節の変わり目などに、最先端オフィスで滋養強壮剤のような漢方薬を食後に飲む人がいたりする光景は面白いものです。
 わたし自身、韓国で生活しながら自然と健康に対して関心が生まれ、生活に取り入れるようになっていました。日本のようにおいしいコンビニ弁当が手軽に買えたり、安い値段で洋食が食べられるファミレスなどがあればいいのにと思うこともありましたが、朝はお粥屋さんで昼は安いキムパプをと外食が続いても体調を崩すことが少ないのは、体にいいものを食する文化がしっかり根付いているからだと思います。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産
2006年12月16日
« 前の記事「クリスマス気分になれたランチ」へ
»次の記事「人と人のつながり」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    ソウル路7017を歩いてみた
    ベトナム人がつくるフォーの美味しい店
    新しくオープンしたモダンなお粥屋さん
    日本では食べられない丸亀製麺メニュー
    器からスイーツに至るまでこだわり抜いた贅沢カフェ

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      田端 かや
      1991年3月より韓国在住。大学卒業後、韓国へ語学留学。その後、韓国政府奨学生として梨花女子大学大学院女性学科で学ぶ。韓国人と結婚、一男一女を出産。現在は育児のかたわら、翻訳やライターの仕事をしている。子どもを育てる環境を求め、ソウル郊外へ引っ越し、共同育児運動に参加。現在はソウル在住。関心分野は韓国社会と女性、食文化。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集