海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > 高学歴の親ほど子供の教育に熱心な韓国社会

韓国/ソウル特派員ブログ 中嶋 一恵

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2007年2月 9日

高学歴の親ほど子供の教育に熱心な韓国社会


メール プリント もっと見る

高学歴の親ほど子供の教育に熱心な韓国社会

               사진 004-1.jpg

先日新聞で、韓国の2006年度の特に住宅・賃金・教育などの分野でさらに社会的格差が広がっているとのニュースを目にしました。
統計庁が明らかにしたもので、それによると大卒者と高卒者のサラリーの差がさらに広がり、
子供への教育費は親の学力によって3倍も違いがあるとの結果が出ています。
学力別賃金が2002年度の高卒者賃金を100とした場合、2002年度の大卒者以上は153.8、
中卒者は83でその格差70.8だったのが、2005年度では大卒者以上が157.8、中卒者以下は83.7と
その差が74.4とさらに広がっており、また子供にかかる教育費をみてみると、月平均大卒者の場合
2005年37万ウォンだったのが2006年度には45万ウォン、高卒者の場合28万ウォンから30万ウォン、
中卒者の場合19万ウォンから18万ウォンと、消費支出のそれぞれ約14%ほどが教育費として支出
されているようです。
両極化が進んでおり、親の学力別の所得の違いで子どもへの教育の内容も変わってきていることに
なります。
実際生活をしてみて感じるのは、子供を持つ人がみんな猛烈に教育熱心なこと。
基本的にどこの家庭も習っているのは国語に数学に英語などで、その他には美術やテッコンドーに
ピアノなど・・・高学年や中高生になればその他の科目に論文や論述・・・。
平均教育費は大卒者で45万ウォンほどとなっていますが、弁護士の妻が子供の教育費を稼ぐために
家政婦をしているという話があるほど、膨大な教育費をかけている人も少なくないようです。またもっと
ネイティブな英語を子供に身につけさせるために、子供をアメリカやカナダなどの学校に送り、父親だけが一人で韓国に残って子供と妻への仕送りのためにアクセク働いている人(キロギ<雁・渡り鳥>アッパ<パパ>)もいます。
テレビのある番組でも、低所得者の家庭のある成績トップクラスの中学生が「いくら一生懸命に勉強しても塾でしか教えてくれないことがあり、塾に行く子にはかなわない>という言葉を聞くと、うっかりとしてられないという思いにさせられます。
もちろん一生懸命に勉強することはいいことだと思います。が、そんな厳しい競争社会の中でも、昔から韓国人の根本にある人を思いやる<深い情>だけはなくなってほしくないなあという思いも湧いてくるのです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2007年2月 9日
« 前の記事「オール1000ウォン! アクセサリーショップ」へ
»次の記事「韓国のお正月(1)」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    ソウル路7017を歩いてみた
    ベトナム人がつくるフォーの美味しい店
    新しくオープンしたモダンなお粥屋さん
    日本では食べられない丸亀製麺メニュー
    器からスイーツに至るまでこだわり抜いた贅沢カフェ

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      中嶋 一恵
      1997年4月より韓国に住みついて早10年。高麗大学語学院を出てソウルを紹介するインバウンドガイドブックの日本語記者を経験し、現在翻訳などの仕事を行っている。仕事のかたわら、子育てにも奮闘中。子供を通じて、さらに深い韓国社会を体験中。ご連絡はこちらへどうぞ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集