海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > 韓国でもかき氷の季節!

韓国/ソウル特派員ブログ 中嶋 一恵

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2007年6月26日

韓国でもかき氷の季節!


メール プリント もっと見る

韓国でもかき氷の季節!

녹차빙수2-1.jpg 녹차빙수4-1.jpg 梅雨入りした韓国。それでも日中は暑い日が続いています。
例年より夏が早く訪れた韓国でも、かき氷(‘氷水’とかいて‘ビンス’といいます)を始めているお店が増えてきました。
ショッピングなどで暑い外を歩いた後、ちょっと一休みした際に一緒につついてもらいたいおいし〜い高級緑茶ビンスをご紹介したいと思います。

鐘路から仁寺洞キルに入ったところから近いところにある‘アルンダウンチャハンムルグァン(美しいお茶博物館)’で夏限定で食べられるかき氷には緑茶ビンスと紅茶ビンスの二種類があるのですが、初めて召し上がるのであれば<緑茶ビンス、12,000ウォン>をお薦めします。
若干お値段も張るのですが(超庶民の私にとっては^^;;)、2〜3人で食べられる量なので是非お友達と一緒につついて召し上がれば大丈夫かと思います。
韓国のお墓を連想させる!?ま〜るいかき氷をつつくと、中にはあんことカシューナッツやマカダミアンナッツ、アーモンド、クルミなどが入っています。韓国の一般的なお餅やゼリーなどの入っている庶民的かき氷とは違い、高級感があってかき氷とあんことのもぴったり!冷たくて口の中で溶けていく抹茶味の氷とナッツの歯ごたえが逸品です。氷の溶けた抹茶のかき氷も、甘さも控えめで抹茶の上品な味が口の中に広がる感じです。
以前ほどかき氷を食べる機会はないのですが(やはり年のせいでしょうか・・・)、今まで韓国で私が食べたかき氷の中では一、二を争うぐらい高級度高いかき氷です。アイスクリームやクリームなどが入っていないのであっさりしていますが、その分ナッツと上品な抹茶の味で満足感充分です。かき氷と一緒に、緑茶クッキーと緑茶カレトク(お餅)がついてきますよ^^

ここでは、茶器なども展示、いろんな種類のお茶や茶器も販売してありますので、ゆっくりと召し上がりながら店内も眺めていかれてはいかがでしょうか。

アルンダウンチャパンムルグァン(美しいお茶博物館)
住所:ソウル市鐘路区仁寺洞193-1
アクセス:地下鉄3号線「安国」駅から徒歩約7分
営業時間:10:00〜22:00
休み:旧正月、旧盆
電話:02-735-6678


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2007年6月26日
« 前の記事「仁寺洞でチェユクポックムを」へ
»次の記事「外国人でも安心して行ける病院!」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    秋夕のイベント情報
    ソウル地下鉄の乗り方と路線情報
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    ソウル路7017を歩いてみた
    ベトナム人がつくるフォーの美味しい店
    新しくオープンしたモダンなお粥屋さん
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ワールドカップ…夢の跡
    ワールドカップ観戦中に食べるものとは?
    済州島への旅
    与党ウリ党惨敗と386世代

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      中嶋 一恵
      1997年4月より韓国に住みついて早10年。高麗大学語学院を出てソウルを紹介するインバウンドガイドブックの日本語記者を経験し、現在翻訳などの仕事を行っている。仕事のかたわら、子育てにも奮闘中。子供を通じて、さらに深い韓国社会を体験中。ご連絡はこちらへどうぞ。 DISQUS ID @disqus_VjP8eAqUrQ

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集