海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > 江華島の旅 − 燕尾亭

韓国/ソウル特派員ブログ 中嶋 一恵

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年5月22日

江華島の旅 − 燕尾亭


メール プリント もっと見る

江華島の旅 − 燕尾亭

사진 014-1.jpgソウルから約1時間弱のところにある江華島。仁川国際空港からもそれほど遠くなく、すぐに海を見に行くには最適な場所です。韓国でも観光の地としてよく知られている江華島ですが、その中でもまだ多くの人に知られていない場所を訪ねたいと思いまず尋ねたのが、4月12日に完全に開放されたばかりの
燕尾亭(ヨンミジョン)です。

これまで軍事施設保護区域内にあるということで一般人は立ち入り禁止されていた有形文化財第24号の燕尾亭ですが、ある一定のラインからの写真撮影は禁止されているものの、自由に史跡が見学できなかなか見ることのできない北朝鮮が見えるというので楽しみにして行ってきました。
建てられた年代は確かではないようですが、高麗時代第23代王・高宗が当時の私学である九斎の学生をこに集めて学問に勤むようにしたと言う記録が伝えられているようで、1510年に朝鮮王朝時代の三浦の乱の際に日本軍を勝ち、1512年には地方の反乱を鎮圧した軍人の黄衡の功労を祝して建てられたと言われています。

ここは漢江と臨津江が合流する地点なのですが、西海の方と江華海峡に分かれて流れている様子がまるで燕の尻尾のように見えるということで‘燕尾亭’と名づけられたそうです。
また江華8景の一つでもある場所です。

それでは、ご紹介してみましょう。


사진 011-1.jpg
下の道路際から眺めた様子です。

사진 013-1.jpg
ここが入口。

사진 016-1.jpg
中に入ると、軍人の黄衡の功績を称えて建てられたという<燕尾亭>が建っています。

사진 020-1.jpg
敷地内で目に付くのが、<この線の先からの撮影を禁じます>というこの立て札。燕尾亭の下の海岸線では、常に韓国の軍人さんが北朝鮮からの侵略から守ってくれています。

사진 018-1.jpg
立て札ぎりぎりから撮影した北朝鮮の様子です。撮影しなければ、石壁まで行って見れます。

ここに来るまでの道沿いには鉄線が張られ、軍事施設保護区域なんだという雰囲気だったのですが、燕尾亭から見た景色はのんびりとした平和な雰囲気でした。
もちろん見えないところでは軍人さんが常に厳重体制で見張っているとは思いますが、まだそれほど人の目にも触れられていない観光場所でもあるということなので、一度機会があれば行ってみるのもいいかなあと思います。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2008年5月22日
« 前の記事「映画のようなラブストーリー」へ
»次の記事「江華島の旅 − 伝燈寺」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    ソウル路7017を歩いてみた
    ベトナム人がつくるフォーの美味しい店
    新しくオープンしたモダンなお粥屋さん
    日本では食べられない丸亀製麺メニュー
    器からスイーツに至るまでこだわり抜いた贅沢カフェ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    現在ミュージカル「チャングム(大長今)」が公演中!
    ‘朱蒙(チュモン)’のロケ地、 三韓志 (サムハンジ)テーマパークをご紹介!
    PARK BOFが仁寺洞に移転
    5月15日の ‘師匠の日’!

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      中嶋 一恵
      1997年4月より韓国に住みついて早10年。高麗大学語学院を出てソウルを紹介するインバウンドガイドブックの日本語記者を経験し、現在翻訳などの仕事を行っている。仕事のかたわら、子育てにも奮闘中。子供を通じて、さらに深い韓国社会を体験中。ご連絡はこちらへどうぞ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集