海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > 冬の海の旅 - 大川

韓国/ソウル特派員ブログ 中嶋 一恵

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年11月18日

冬の海の旅 - 大川


メール プリント もっと見る

冬の海の旅 - 大川

대천4.jpg
冬の海に行ってきました。
訪れた先は、韓国の海水浴場でも有名な大川海水浴場です。

まだそれほど寒くなかったせいか、思ったよりも人がたくさん訪れ
晩秋の海を楽しんでいました。

以前訪れたときにはなかった馬車や、三輪オートバイ、潮が満ちてくれば
ボートにも乗れていろいろと楽しめました。

陽が沈む頃に浜辺に下りてみると、たくさんのカモメが飛び回り
夕日が沈み終えると、自然に海にもどっていく姿がとても印象的でした。
韓国ではカモメに<セウカン>と呼ばれる韓国風かっぱえびせんを
カモメに投げて食べさせる人が多いのですが、私も次の日にカモメにあげようと
買って準備をしていたところ、次の日に行ってみたところ一匹もカモメが
いなくてガッカリ・・・!


대천1.jpg대천2.jpg

でも、冬の海独特の静かでなんとなく重みのある美しい風景が楽しめて、本当によかったです。
海を見た後は、是非海の幸を!
海沿いにはお刺身などのお店も並び、車で少し行ったところには水産センターというところがあり、1階のお魚屋さんで魚を買って2階の飲食店に持っていくと、7000ウォン(700円)ぐらいでお魚をさばいてメウンタン(お魚のアラの辛い鍋)まで作って食べさせてくれます。


毎年夏にはマッド(泥)祭りも大々的に開かれていますので、いつか是非訪れてみてください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2008年11月18日
« 前の記事「ヨンさまポスタープレゼントのイベントがスタート」へ
»次の記事「免税店のセール情報」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    ソウル路7017を歩いてみた
    ベトナム人がつくるフォーの美味しい店
    新しくオープンしたモダンなお粥屋さん
    日本では食べられない丸亀製麺メニュー
    器からスイーツに至るまでこだわり抜いた贅沢カフェ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    10万ウォン&5万ウォン新札の人物が決定
    テンジャンチゲのとにかくおいしい店
    韓国サラリーマンのお昼メニュー人気ナンバー1とは・・・!?
    イチオシのお土産—韓国編

    韓国 ツアー最安値

    Notice: Undefined index: column_flag in /home/homepage_com/tour/app/vendors/shells/templates/views/abroad_parts_list.ctp on line 5 Notice: Undefined index: column_flag in /home/homepage_com/tour/app/vendors/shells/templates/views/abroad_parts_list.ctp on line 5 Notice: Undefined index: column_flag in /home/homepage_com/tour/app/vendors/shells/templates/views/abroad_parts_list.ctp on line 5 Notice: Undefined index: column_flag in /home/homepage_com/tour/app/vendors/shells/templates/views/abroad_parts_list.ctp on line 5
    2017/8/24更新

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      中嶋 一恵
      1997年4月より韓国に住みついて早10年。高麗大学語学院を出てソウルを紹介するインバウンドガイドブックの日本語記者を経験し、現在翻訳などの仕事を行っている。仕事のかたわら、子育てにも奮闘中。子供を通じて、さらに深い韓国社会を体験中。ご連絡はこちらへどうぞ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集