海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > ムックソウルより −グルメ(牛肉)ページより「プル...

韓国/ソウル特派員ブログ 中嶋 一恵

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年5月 1日

ムックソウルより −グルメ(牛肉)ページより「プルコギブラザーズ」


ムックソウルより −グルメ(牛肉)ページより「プルコギブラザーズ」

2011.4.30 018 (640x480).jpg


こんにちは。

今月の「ムックソウル」ですが、45ページに掲載されています「プルコギブラザーズ」に行ってきました。

店名と看板から、なぜか男臭い豪快な店かと思っていたのですが、
以外とおしゃれなお店の雰囲気に、びっくりしました。


2011.4.30 014 (640x480).jpg

まずは席につくと、トウモロコシのお茶とこんなヘルシーなものが。(私もこういうサービスは好きなので、みなさんもお好きではないかと思います)


ちょうどお昼時だったのですが、こちらには手軽に食べれる'ランチメニュー'が揃っていてそちらを食べてみることにしました。

[ランチメニュー]
ソウル式プルコギ(300グラム)13,900ウォン
韓国牛プルコギ(300グラム) 22,900ウォン
韓国牛とマツタケのプルコギ(300グラム) 24,900ウォン
特選焼きの盛り合わせ(オニャンプルコギ、クァンヤン式プルコギ)(200グラム)17,900ウォン
霜降りロース(200グラム) 27,900グラム
名品焼きの盛り合わせ(200グラム) 29,000ウォン

今回は韓国牛プルコギを食してみることに。

きれいに盛り付けされた7種類のおかずとお粥(この日はカボチャのお粥でした)、
それからご飯とチゲか冷麺(冷麺は2種類から選べた気がします)が選べます。
日本人も多いのか、「ご飯も一緒にお持ちしましょうか?」との心遣いも。


もられたおかずの量はそれほど多くないなとも思いましたが、
食べてみたら以外と多く、すべて食べきれないぐらいでした。


ランチタイムは、オープン時間から17時までで(長くまでやってくれてますね)
2人以上からオーダー可能です。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 地球の歩き方MOOK
2011年5月 1日
« 前の記事「プサン旅行‐お土産編」へ
»次の記事「長年固い人気の韓国スイーツ−「太極堂」のモナカアイス」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    マートで買えるおすすめの韓国クラフトビール
    平壌冷麺ブーム、到来!
    LEGOバーガー専門ショップ【ブロックバーガー】
    白い⁉チャジャン麺!
    桜祭りが続々と開催!
    最近気になるヘアパック
    BT21梨泰院店に行ってきました!
    おススメのマカロン専門店
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ムックソウルより −海鮮ページ「ナンドパプトドク」
    韓国の「もてる男性」

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      中嶋 一恵
      1997年4月より韓国に住みついて早10年。高麗大学語学院を出てソウルを紹介するインバウンドガイドブックの日本語記者を経験し、現在翻訳などの仕事を行っている。仕事のかたわら、子育てにも奮闘中。子供を通じて、さらに深い韓国社会を体験中。ご連絡はこちらへどうぞ。 DISQUS ID @disqus_VjP8eAqUrQ

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集