海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > "ソウルで食べておきたいフルーツ"

韓国/ソウル特派員ブログ 中嶋 一恵

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年4月24日

"ソウルで食べておきたいフルーツ"


メール プリント もっと見る

"ソウルで食べておきたいフルーツ"

こんにちは。

ソウルは、満開だった桜もそろそろ散りかけ、つつじがそろそろ咲き始めようとしています。


ところで、今月のお題『この街で食べておきたいフルーツ』ですが、
食べておきたいというよりは、日本よりはよく食べるので一度食べてみては?
というフルーツをあげてみようかと思います。


앵두.jpg
まず、春には『ユスラウメ』が出てきます。
私は韓国に来て初めて食べました。
甘酸っぱく、東洋のチェリーっていう感じでしょうか。

복분자4.jpg
6月ぐらいになると、『トックリイチゴ』の時期になります。
トックリイチゴ、韓国ではポップンジャといいますが、
このまま食べるよりエキスやお酒などで販売されていることが多く、スタミナ増進、脱毛予防、更年期、疲労回復、骨の強化などの効果もあるとされていて、韓国ではよく食されています。
この時期には、自宅でお酒やエキスを直接作る人もいます。

참외.jpg
7月から8月(現在はハウス栽培で、今頃から出ていますが)になると、マクワウリが出てきます。
メロンより甘くはないですが、
自然な甘みが一度食べるとはまる、
夏にぴったりの果物です。

대추.jpg
旧盆近い秋になってくると、ナツメが出てきます。
普段は乾燥したものが主流ですが、生のナツメも秋にはみかけます。
すごく人気のものではありませんが、旧盆のお膳に生のナツメもお供えされる果物です。

韓国に来て当初は、季節ごとにモモやすももなどがたくさん路面の車につんであったりして、
野菜や果物の季節感がほとんどなかった私にはそれがすごく印象的で、
韓国に来て果物や野菜の時期が少しずつ分かってきたように思います。
今はハウス栽培で、日本のように年中スーパーに並ぶものも増えてきて
季節感が以前より薄れてきた感はありますが。


韓訪された際には、市場やマートの果物コーナーを覗いてみられるのも
おもしろいかもしれません^^

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2013年4月24日
« 前の記事「韓国でみつけたかわいい生活雑貨」へ
»次の記事「崇礼門復元記念式典が開催」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    防弾少年団【With Seoul】を無料でダウンロード!
    100種類のアイスが楽しめる31アイスクリーム - バスキンロビンス・ブラウン
    2017ミシュランガイドグルメフェアが開催
    秋夕のイベント情報
    ソウル地下鉄の乗り方と路線情報
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    4月のお題—アウトレット
    チャン・グンソクバスに乗ってメッセージを送ろう
    『東大門春の花祭り』で韓流スターの公演も楽しもう!
    カフェ5シジョン弘大店

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボスリランカ/バッカスタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      中嶋 一恵
      1997年4月より韓国に住みついて早10年。高麗大学語学院を出てソウルを紹介するインバウンドガイドブックの日本語記者を経験し、現在翻訳などの仕事を行っている。仕事のかたわら、子育てにも奮闘中。子供を通じて、さらに深い韓国社会を体験中。ご連絡はこちらへどうぞ。 DISQUS ID @disqus_VjP8eAqUrQ

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集