海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > 紅茶専門店がオープン−『TWG teaサロン&ブテ...

韓国/ソウル特派員ブログ 中嶋 一恵

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年3月20日

紅茶専門店がオープン−『TWG teaサロン&ブティック』


メール プリント もっと見る

紅茶専門店がオープン−『TWG teaサロン&ブティック』

こんにちは。

今日は、シンガポールの高級ティブランド『TWG tea』のショップがオープンしたので、
お伝えしたいと思います。

韓国では初めて江南にできたこのショップですが、1階は800種類の紅茶を販売するブティック、
2階はお茶とお茶を利用した料理やスイーツが楽しめるティサロンになっています。

1.jpg2.jpg


3.jpg4.jpg

1階には、インドや中国、日本、タイ、オーストラリアなど産地別にシングルティとブレンディングティ
約800種類が販売されていて、ティソムリエやティマスターがお茶についてアドバイスしてくれます。
ちなみに1万ウォン(1000円)台から18万ウォン(1万8000円)台ぐらいまでのお茶がそろっています。


img_0007.jpg
左はチョコレートティで、右はウィークエンドインベニスティ。
色もおいしそうできれいでしょ?

2階のほうで食べれる料理としては・・・


img_0025.jpg
シグネチャーホームメードトマトと新鮮な野菜でつくられたリザニア(2万5000ウォン(約2500円))

img_0026.jpg
鳥の胸肉の中にキノコデュクセルをつめて麦のリゾットとiron monk teaハニーマスタードソースを添えたグリルドチキン(2万8000ウォン(約2800円))


などがあります。


コーヒーショップは多いですが、おいしい紅茶の飲める場所はそれほど多くない韓国。
紅茶派の方には朗報だと思います。


時間限定(午後3時から6時まで)で楽しめるサンドイッチやマカロン、マフィン、スコーンがついてくる
ティーセットもおすすめだそうですよ~!


住所:ソウル市江南区清潭洞82-1
アクセス:地下鉄盆唐線「アックジョンロデオ」駅3番出口から徒歩3分

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2014年3月20日
« 前の記事「3月のお題『バスルーム&洗面台』」へ
»次の記事「清血ジュースが人気」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    ソウル路7017を歩いてみた
    ベトナム人がつくるフォーの美味しい店
    新しくオープンしたモダンなお粥屋さん
    日本では食べられない丸亀製麺メニュー
    器からスイーツに至るまでこだわり抜いた贅沢カフェ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    韓国でみつけたかわいい生活雑貨

    韓国 ツアー最安値

    Notice: Undefined index: column_flag in /home/homepage_com/tour/app/vendors/shells/templates/views/abroad_parts_list.ctp on line 5 Notice: Undefined index: column_flag in /home/homepage_com/tour/app/vendors/shells/templates/views/abroad_parts_list.ctp on line 5 Notice: Undefined index: column_flag in /home/homepage_com/tour/app/vendors/shells/templates/views/abroad_parts_list.ctp on line 5 Notice: Undefined index: column_flag in /home/homepage_com/tour/app/vendors/shells/templates/views/abroad_parts_list.ctp on line 5
    2017/8/24更新

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      中嶋 一恵
      1997年4月より韓国に住みついて早10年。高麗大学語学院を出てソウルを紹介するインバウンドガイドブックの日本語記者を経験し、現在翻訳などの仕事を行っている。仕事のかたわら、子育てにも奮闘中。子供を通じて、さらに深い韓国社会を体験中。ご連絡はこちらへどうぞ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集