海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > 中国/上海特派員ブログ

中国/上海特派員ブログ Michelle

中国・上海特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


お久しぶりです。
上海特派員のMichelleです。
しばらく間が空いてしまいましたが、まだまだご紹介できていなかった上海のあれこれについて、特派員ブログを更新させていただければと思います!

早速ですが、皆様夏のご旅行の計画はお決まりでしょうか?
世間はいよいよ夏休み到来。国内外いろんな旅先に出かける方が多いと思います。

上海旅行にいらっしゃる方&上海在住者にもお勧めしたいショートトリップでの旅先ホテルバンヤンツリー・杭州をご紹介します!


mt-20171223181249.jpg
▲Banyan Tree Hangzhou


杭州市(こうしゅうし)、英語表記ではHangzhou。
上海から高速鉄道で約1時間、有名な龍井茶(ろんじんちゃ)の産地としても有名な都市です。
中国の大手企業アリババの本社があるのもここ杭州です。

日本からの直航便も就航していますが、上海から鉄道で気軽に行ける距離ということもあり、上海旅行のプラスαの旅先として、また高級ホテルが集まるリゾートエリアとして上海在住者も多く訪れる先となっています。(個人的には春の茶畑に行ってみたい旅先です!)

さて、その杭州の数あるホテルの中でもおすすめしたいのがバンヤンツリー・杭州】

その理由は・・・
①中国らしいデザインと高級感溢れる施設
②スパに定評がある
③ちょっとした水郷気分が味わえる造りとアクティビティー etc.


では、早速写真と共にホテルの魅力をご覧いただきましょう!

mt-20171223181317.jpg


高速鉄道の杭州駅から約20分ほどタクシーに乗りホテルに到着すると、最初に目に飛び込んでくるのがこのメインロビーです。
洋風な造りの外資系ホテルももちろん好きなのですが、せっかく中国を旅するのであれば、中国らしさを求めたい派です。

今回宿泊したお部屋は、「2ベッドルーム・ジェットプール・ヴィラ」

まるで一軒家?!と思うような贅沢な造りの門構え。
ジャグジー付きの中庭や水辺に面したテバルコニーもある、ちょっと贅沢なお部屋でした。


mt-20171223181208.jpg

mt-20171223181200.jpg
▲ヴィラの客室が立ち並ぶホテル敷地内

mt-20171223191121.jpg
▲シノワズリテイストの壁紙とキングサイズのくつろぎベッド

mt-20171224081207.jpg
▲バンヤンツリー定番のわかめ柄ポーチに用意された充実したアメニティー

客室やホテル内施設の様子など、自身のYoutubeチャネルにて動画でご紹介しているので、よかったらご覧ください!



広々としたお部屋の中でも十分にくつろげるのですが、せっかくなのでバンヤンツリー杭州に宿泊するのであればスパを受けることをお勧めします!

バンヤンツリー(Banyan Tree Hotels & Resorts)のスパ施術はアジアのリーディング・シティスパホテル賞受賞やアメージング・ホテル・スパとしても選ばれているのをご存知でしょうか?
担当するセラピストは、バンヤンツリー・スパ・アカデミーが認可した厳重なカリキュラムに基づいて 350 時間以上のトレーニングを受けた方々で、マッサージ技術のほか英語についてもしっかりと学んだホスピタリティーも素晴らしい方々です!

今回施術を担当してくださったのはタイ人セラピストさん。
スパメニューはバンコク、ソウルでも同ホテルで気に入って受けたものと同じバリニーズ(Balinese)800RMB/60分のコースにしました。

mt-20171224121956.jpg
▲施術後に案内されるラウンジでは、お茶とデザートが提供されました

日本語メニューはありませんが、中国語以外にも英語のスパ用ウェブページがあるので、あらかじめメニューや滞在中のスケジュールを決めたい方には事前のオンライン予約をおすすめします。

▶︎スパ事前予約ページ
http://banyantreespa.com/find-a-spa/banyan-tree-spa-hangzhou



さて、おすすめしたい理由3つ目にもあげたのが、水郷気分が味わえるアクティビティー。

実はここバンヤンツリー杭州では、ボートに乗って水上アフタヌーンティーが楽しめるのです!!

mt-20180718005401.jpg
▲静かで特別なプライベート感を味わえる「アフタヌーンティーオンザボート」

ホテルで優雅にアフタヌーンティー…憧れますよね。

でも、ホテルの水上ボートでアフタヌーンティーが楽しめるところはなかなかありません!

西渓湿地公園で喧騒を逃れ、自分たちだけのプライベートタイムを楽しむことができました。
ちなみにこの時のドリンクメニューではもちろん杭州名物高級茶の龍井茶をオーダーしました!

アフタヌーンティーは予約が必要なので、宿泊者の方は宿泊予約時に、または直接ウォーターコートレストラン +86 571 8586 0000 (ext.7210)にお電話を。


スパ施設やアクティビティーばかりに触れていますが、晩御飯にはホテル内のレストランを利用しました。

雲をイメージ天井が印象的な「バイユン(Bai Yun)」では、杭州料理と広東料理の中華を楽しめます。

mt-20180718005400.jpg
▲雲をイメージした天井ライティング

mt-20180604195529.jpg

mt-20180709231702.jpg



夕食後には施設内の建物がライトアップされていて、 ノスタルジックな雰囲気に。

mt-20171223174632.jpg

mt-20180718005358.jpg

バンヤンツリーグループのホテルは日本にはまだないので(スパはあります!)、杭州旅行に行かれる際には是非宿泊先として検討してみてはいかがでしょうか?

この記事を読んで、一人でも「泊まってみたくなった!」という方が増えたら嬉しいです。

mt-20180718005513.jpg


悦榕杭州庄/Banyan Tree Hangzhou

住所:紫金港路西溪天堂国际旅游综合体2号
   2 Westbrook Resort, Zijingang Road

電話番号:+86 571 8586 0000

Web:https://www.banyantree.com/en/china/hangzhou


2018年7月19日

新年好!上海特派員のMichelleです。

皆さま年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか?
私は上海から飛行機で2時間程度でいける香港でカウントダウンをしてきました!

上海は旧暦のため、日本のようなお正月感はなく、1月2日から日常に戻っています。


さて、2017年は多くの友人が上海に訪ねてくれました!
その際のアテンドプランの中で好評だった中華料理のワークショップについてご紹介します!


CCWことCHINESE COOKING WORKSHOPは、フランス租界の一角 烏魯木斉南路(ウルムチナンルー)に位置するスタジオです。

通常毎月ウェブ上で授業の開催日およびメニューが公開されていて、DIM SUM(点心)、WOK(中華鍋)の内容からオンラインで好きなクラスを予約することができます。

今回は友人達の旅程と通常クラスのスケジュールが合わなかったため、2人以上から開催可能なプライベートレッスンに参加。

プライベートレッスンならではのポイントは好きなメニューを自分たちで選べることです!

mt-20171130023946.jpg

選べる料理のジャンルは4種類。

上海料理…甘めの醤油味がメイン
四川料理…山椒の効いた辛さのある料理
广东料理…広東料理
淮扬料理…揚州料理

この中から2つは自分たちで作り、最後1つは先生のデモンストレーションという流れです。


私たちが選んだ3品はこちら。
四川料理の定番「四季豆」

mt-20180106212116.jpg


鶏肉の甘辛ソースmt-20171111165233.jpg


最後に先生のデモンストレーションで学んだ海老を使った一品。
mt-20171111171112.jpg


説明→一人一皿を自分で完成させるという流れが、とても分かりやすく、友人たちにも好評だったポイントです。

mt-20171111161809.jpg
mt-20171111161747.jpg

mt-20171111170005.jpg

みんな中華鍋を握ったら常に真剣モードです。
5d712a776c5d01fe637ebde0b4f7689632ac1ff8.jpg


一人一皿ずつお料理を完成させたあとは、試食タイム。
ここで人気の秘密がもう一つ…

mt-20171111160021.jpg


「青島ビール」です!

こちらの中華料理教室、なんと試食時にビールが飲み放題なんですね。
(飲み放題と言っても、飲み過ぎないでくださいね)

ちなみに講師の先生は英語と中国語でレッスンを行ってくれます。

ジョークを交えて明るいクラス!とても楽しめました!

mt-20171111171152.jpg

mt-20171111171051.jpg

mt-20171111163448.jpg


最後に使った調味料の復習をして、友人たちは日本で味を再現するためにしっかりスーパーで同じものを手に入れて帰国して行きました。

日本語でもレシピ記載があるので、せっかくの海外旅行の際に現地の味を学んでみるのはいかがでしょうか?

オンライン予約もできるので、ご渡航前にチェックしてみてくださいね!

【CHINESE COOKING WORKSHOP】
住所:上海市徐汇区乌鲁木齐南路370号 (近 肇嘉浜路路 )
英語住所(Google Map検索用):no 370 Wulumuqi Rd (South) near Zhaojiabang Rd
最寄駅:衡山路(地下鉄1号線)
http://chinesecookingworkshop.com/ja/http://chinesecookingworkshop.com/ja/


2018年1月 6日

你好!こんにちは!上海特派員のMichelleです。
上海に来てから中華が美味しくて、週に2~3回中華を食べるようになりました!しかし…夜に脂っこいものって体にはよくないですよね。
昼なら罪悪感なく食べられるかも!?というわけで、本日は【上海滩(シャンハイタン)】の飲茶をご紹介します!


新天地にもショップがあるファッションブランド【上海滩】ですが、黄陂南路沿いに系列レストランがあるのです。


その名も【上海滩餐厅(シャンハイタンツァンティン)】(直訳で上海滩レストラン!そのままですね。)


1.JPG
黄陂南路の煉瓦にグリーンのロゴが目印です。
店内にはいるとインパクトのある廊下が目の前に現れます。

2.JPG
階段もモダンでおしゃれ

3.JPG
二階に上がると真っ赤な柱が際立つ空間があり、そこがダイニングスペースです。

4.JPG
初めて伺った時はちょうど翌日のウェディングパーティーの準備が行われていました。
ビビッドなインテリアの色合いでのウェディング。中国ならではですね。

お料理はどれも盛り付けがとっても綺麗で、ちょっとおしゃれな中華といったイメージです。
(さて、ここからはおすすめ料理のご紹介!)

5.JPGのサムネイル画像
個人的な意見ですが、ここの焼小龍包が上海で食べた中で一番好みでした!

6.JPG
上海料理お決まりの糖醋排骨もプレゼンテーションが美しい…!

7.JPG
水晶蝦餃子と書く海老蒸餃子はぷりっぷりです。

8.JPG
山椒がしっかり効いていて辛いのだけれど、病み付きになる石焼麻婆豆腐は下にお米がし
いてあるので、一緒に食べたら辛さが和らぐ…?かもしれません。

9.JPG
揚げ春巻きは外はパリッと中はもちっとで、初めの方にサーブされるのでアツアツの状態の美味しさに集中していただきます!

こちらの【上海滩餐厅】、メニューは昼夜共通ですが午後 14 時までは飲茶タイムで通常メニューが全て 20%引きになります。
平均予算360元(約6,300円)※2017年11月29日現在とウェブ上での記載を見かけますが、お昼時で何人かでシェアして召し上がる場合、200元(約3,500円)程度になることが多いです!
お得に飲茶タイムを楽しみたい方は、事前にご予約を!


【上海滩餐厅(新天地店)】
住所:黄陂南路 373 号(中共一大会址对面)
TEL:+86-(21)-6377-3333
最寄駅:新天地(地下鉄 10&13 号線)


2017年11月29日
2017年10月30日
2017年10月 1日
2017年9月19日
2017年3月30日
⇒すべての記事を見る

中国旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■中国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • 上海特派員

    上海特派員
    Michelle
    食空間デザイナー/モダンカリグラファー/トラベルライター2016年11月から上海移住。幼少期のNY生活をきっかけに、45ヶ国150都市以上を訪れ、複数媒体で執筆中。趣味のグルメとホテル巡りを中心に、上海情報をお届けします。
    Instagram/Blog/HP

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集