海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > 中国/上海2特派員ブログ

中国/上海2特派員ブログ Tae Motohashi

中国・上海2特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


飲茶」―控えめな大きさの色とりどりの点心が少しずつ詰まった、たくさんのアツアツせいろを目の前に並べて、お茶を飲みながら、いろんな点心をちょこちょこつまんでいく―
そんな飲茶が好きな女性も多いはず。


前回は、沙面島にある広東料理のお店をご紹介しましたが、それからほどなくして、また広州への出張が入りました。今回は、スケジュール的にも、「飲茶」ができそう(飲茶は主に昼間に提供されます。)。
ただし、今回は1人での出張。1人では飲茶のお店には入りづらい…。でも、本場のおいしい点心が食べたい!!
…ということで、探してみたところ、あったんです、1人でも飲茶を楽しめるお店が。


それがここ、「随軒」。天河ヒルトンホテル(広州天河希爾頓酒店)の5階にあります。

IMG_2484.JPG

天井が高くて広々としています。前回ご紹介したレストランよりも、きっと、日本人女性好みの雰囲気です。


IMG_2483.JPG


周りを見渡すと、お一人様が他にもチラホラ(女性のお一人様は私だけでしたが)…
アプリでは「単人中式点心自助」と紹介されており、「自助」は、普通はビュッフェ形式ですので、
朝食ビュッフェのように、「点心コーナー」から好きなものを取っていくスタイルをイメージしていたのですが、
いやいや、どうして、普通の飲茶と同じ。メニューリストにチェックを入れて好きなものを注文するスタイル。
オーダーしたものが、出来た順に、出来てすぐの状態でサーブされます。


IMG_2479.JPG


甘いものと甘くないもの、野菜炒めをオーダーして、お茶をすすりながら、交互に頂きます。
ビュッフェだと、包みモノ系点心の皮がぱさぱさになっていたりしますが、
出来立てですので、そういうことがありません。皮が中身のジューシーさをきちんと保ちつつ、自らもちゃんと本来の歯ごたえ、みずみずしさを残しています。
うーん、どれも本当に美味しい!!
丁寧に作られた出来立てを頂く、どんな料理でも、これがきっと基本中の基本。


こちらは、このお店のお勧めらしい、くるみ餡入りの蒸しパン。

IMG_2480.JPG

ふかふかの蒸しパンの中には、少しねっとりしたお餅のようなアン。そしてくるみがしっかりとゴロゴロ入ってます。
やりすぎのない、ちょうどよい甘さです。
「ちょっと糖質取りすぎかしら」と思いつつも、結局、全部完食です。

一人だとどうしても「残してしまうのではないか」と気になって多くの種類をオーダー出来ないのが難点かもしれません。
また来る機会があれば、違う種類の点心を食べてみたいです。


さて、最後に、眺望抜群のスポットをご紹介。
フォーシーズンズホテルの72階にあるカフェ。いろんな人がお勧めしていたので寄ってみたのですが、
外灘から見る浦東の景色を見慣れている私には、正直、ちょっと物足りないかも…。


IMG_2485.JPG


サンドイッチやお茶はやはり普通に美味しいですので、まぁ、いいかな…と思っていたら。


店員の女の子が仕事用とは少し違う笑顔で話しかけてくる。
「日本人ですよね?私、日本語を勉強しているので、練習のために話をしてもいいですか?」


聞けば、嵐の大ファンだそうで、それがきっかけで日本語を独学で猛勉強したのだとか。
留学なしで独学で!?と驚くほど、彼女の日本語はとても流暢。やっぱり、「これが好き!」っていう純粋な気持ちは最強ですね。
私:「嵐の誰が一番好きなの?」
彼女:「相場くん!」
―そんな他愛もない会話をしていたら、いつの間にか日が暮れかけていました。


「もっと日が落ちてからの方がきれい」と彼女は言うのだけれど、
自分の好きなものを一生懸命伝えてくれる彼女の純粋さと、仕事を通じて日本のモノづくりの素晴らしさを日々実感してはいたけれど、それだけじゃない、やっぱり日本には素晴らしいものがたくさんある、という、どこか誇らしい気持ちとで、私はとても満ち足りた気分になって、そのまま少し早めにお店を出て、上海へと戻ったのでした。


☆天河ヒルトンホテルの飲茶は、私は「大衆点評」のアプリから138元(執筆時のレートで約2,254円)で予約しましたが、アプリを利用しない場合、事前にお店に確認をした方がいいと思います(ヒルトンなので、おそらく英語が通じると思います。)。なお、広州にはヒルトンホテルがいくつかあるので、ご注意下さい。


2018年9月16日

皆さんこんにちは!


もうだいぶ前になりますが、前回の記事では、北京への出張のついでのちょっとした街歩きの様子をご紹介しました。

今年はなぜか広州への出張が多く、前から行ってみたいと思っていたお店などにも行くことができたので、今回は、「広州編」として、私目線のお勧めの場所等を(おそらく2回に分けて)ご紹介したいと思います。


まずは沙面島(シャーミェンダオ)の散策からスタート。
例によって、朝早起きして張り切って出かけました。


「沙面島」というけれど、独立した「島」というより、長崎の「出島」のイメージに近いかもしれません。
アヘン戦争後にイギリス、フランスの租界地となり、今もその面影を残す洋館が残っています…というところまでは、上海と似ています。


が、しかし、まず、
1.jpg

上海とは植生が全く違うんです!ガジュマル??でしょうか…木の名前はよく分かりませんが、とにかく、洋館とともにそびえ立つかのように高く高く伸びる木々を見ていると、既に異国に住んでいる私でさえ、異国情緒が掻き立てられます。


そして、このように、青い空に映える壁のカラフルさも、上海ではあまり見かけないものです。

4.jpg

securedownload1.jpg


沙面島は小さなエリアですので、歩き疲れて一休み…ということはあまりないかもしれませんが、このかわいいスターバックスはお勧め☆

2.jpg

朝早くなら、テラス席も静か。ここでゆっくりコーヒーを頂きたいですね。
securedownload.jpg


さて、せっかくの広州、やっぱりおいしい広東料理が食べたい!ということで、この沙面島のエリアにとってもお勧めのレストランがありますので、ご紹介します。


それが、「ホワイトスワンホテル」(白天鵝賓館)の3階にある「玉春堂春暖餐庁」。
以前、JALの機内誌で見て、行ってみたいなぁと思っていたのです。


店内の雰囲気は、
IMG_2184.JPG

うーん…上記機内誌の写真がきれいすぎて、ちょっとイメージとは違ったのですが、そんなことはどうでもよくなるほど、お料理がおいしかったのです!!


特に、この、いわゆる「酢豚」。
5.jpg
これはお肉自体がおいしい上に、そのおいしさを生かす、絶妙な調理と、単に甘酸っぱいだけの家庭料理の酢豚とは全く違う、奥行きのある味付け。
私は普段、それほどお肉を頂かないのですが、これは大変気に入りました!


それから、この、いわゆる「かた焼きそば」。
3.jpg
上に載ってるお魚はそれほど美味しいとは思わなかったのですが、麺に絡むあんだれがウマい!んです。
この、それほど美味しくはないと思う魚が、もしかしていい出汁を出しているのかもしれませんね。


このほかにも、スープやらデザート(写真に撮るのを忘れましたが、陳皮:ミカンの皮で香り付けした上品な甘さのお汁粉で、これも美味しかったです!)やら、女性2人でおなかいっぱい食べて500元ほど。


上海にも高級な広東料理のお店はあって、それはそれで美味しいのですが、そういう高級感で勝負するわけでもなく、でももちろん、単なる家庭料理とも違う。そんな王道の美味しい広東料理を頂ける良いお店だな、と思いました。
沙面島の散策と合わせて、ぜひ行ってみてくださいね!


☆行き方
沙面島へは、地下鉄1号線/6号線の黄沙駅から徒歩で行けます。ホワイトスワンホテルへは、沙面島を散策しながら徒歩15~20分ほど。
平日の朝の地下鉄は大変な混雑ですので、ご注意下さい。



2018年7月29日

皆さん、こんにちは!
とても久しぶりの更新となってしまいましたが、ネタ自体は着々と蓄積してきているので、これから少しずつアップしていきたいと思います。


ところで、皆さんは「ビズケーション」なる言葉をご存知でしょうか?「ビズケーション(bizcation)」とは、「business」+「vacation」、要するに、出張にプラスαでするプライベート旅行ことなんだとか。
北京は以前にも来たことがあり、今回はそれほどこの「プラスα」を重視していたわけではなかったのですが、
朝起きて故宮を見に行ったら、この天気!

DSC01112.JPG

やっぱり、街歩きがしたくてうずうずしてくる!
そんなわけで、今回は趣向を変えて、出張にプラスαで訪れた北京の街並みをご紹介したいと思います。


北京には、昔の古い町並みが保存されている地区がいくつかあるのですが、今回、主に訪れたのは、南鑼鼓巷(ナンルォグーシャン)。ここは、故宮からもほど近く、地下鉄の駅からも近くて便利。
地下鉄と言えば、北京の地下鉄の路線図は、上海と違って、碁盤の目のような整然たる配置。
これこそ、かつての都の証ですね(もちろん今も首都ですが…)。


そして、この碁盤の目を構成する縦・横の細い路地が胡洞(フートン)。
北京に8年住んでいた姉に、「胡洞歩きにどこがおすすめか」と尋ねたら、「南鑼鼓巷」との答えだったので、ここを選択したものの、実際にメインストリートを歩いてみると―

DSC01067.JPG

このスターバックスはレトロでかわいいんだけど、
…うーん、なんだか、全体的に、いかにも観光客向けのお店ばかりだし、週末だからか、日本でいうと竹下通りみたいに人でごった返しているし、私はあんまり好きじゃないなぁ…
なんてちょっとがっかりしていたのですが、一歩通りを入ると、それまでの喧騒がウソのように、

DSC01058.JPG

DSC01077.JPG

街並みも生活も、昔のままのような別世界が広がっていました。
この灰色のレンガと、赤い門扉とのコントラストが、オールド北京の建物の特徴。


ちなみに、上海にも、レンガ造りの建物が多いですが、こんな感じで

IMG_0792.JPG

赤いレンガが多いんです。


さて、胡洞の伝統的な建物の構造は、「四合院」といって、中庭を囲んだ「ロの字」型になっているそう。
偶然見つけたこちらのお店に

DSC01063.JPG

「お客さんがいる気配がないけど、営業中かしら?」と恐る恐る足を踏み入れ、

DSC01062.JPG


お茶を頂きます。


DSC01071.JPG


四合院の「ロの字」のつくりは、必然的に、静かな時間を守ってくれるみたいです。


DSC01068.JPG


上海とは違った良さのある北京。機会があれば、またゆっくり散策を楽しみたいと思います。


DSC01081.JPG


☆本文で紹介したお店は、「誰家院」というレストランで、地下鉄「南鑼鼓巷」駅で降りてすぐの通りを北上。左手にある蓑衣胡洞にあります。


2017年11月19日
2017年5月 1日
2017年4月16日
2017年3月 4日
2017年2月11日
⇒すべての記事を見る

中国旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■中国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

地球の歩き方Web特派員募集