海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > 中国/上海2特派員ブログ

中国/上海2特派員ブログ Tae Motohashi

中国・上海2特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

皆さんこんにちは。


今日ご紹介するのは、人気のショッピングエリア、新天地からほど近いところにある、これまた人気スポット思南公館(スーナンゴングヮン)にあるレストランです。
思南公館は、租界時代に建てられた洋館、老房子(ラオファンズ)をリノベーションしてつくられた複合商号施設。
たくさんのカフェやレストラン、ショップが軒を連ね、週末ともなるとすごい人(特に若い人)です!


その中にある上海料理のお店、「彗公館(フイゴングヮン) MAISON DE L’HUI」に行ってきました。


IMG_0943.JPG

建物外観は中華風!?


でも一歩お店の中に入ると

IMG_0954.JPG


しっかり老房子の雰囲気。ちょっぴり、オールド上海の気分を味わえますね。
写真の左手奥にも席がありますが、ぜひ予約をして窓側をキープしてください!


さて、肝心のお料理ですが、


お店のシグネチャーということで、期待してオーダーしたこちら、黄魚麺28元(執筆時のレートで約448円)。

IMG_0950.JPG

海苔のような海藻が風味豊かなアクセントになっているものの、全体的に、「にゅうめんに揚げ魚を載せました」という感じでちょっと普通かも…


ですが、いろいろオーダーしてみましたので、以下では私が美味しかったと思ったものをご紹介したいと思います。


こちらはアワビ入りの海鮮酸辣湯38元(約608円)。
IMG_0947.JPG

「酸」も「辣」も、どちらもごくマイルドで、海鮮のうまみが引き立ちます。具材の食感も様々で…これは美味しい!!


小龍包も、すごくジューシーで美味しかったです。こちらのお店では1人分ずつせいろに入ってサーブされます。それだけで贅沢な気分になるから不思議です。
IMG_0951.JPG


おなじみ、餃子も、ちょっとおしゃれな感じに造形されてます。
IMG_0952.JPG


デザートもしっかりおいしかったです。
こちらは杏仁豆腐。パンナコッタのような濃厚さで、すごくおいしいです。
IMG_0953.JPG


それからこれは、千層糕10元(約160円)。ナツメ入りの蒸しケーキで、バウムクーヘンのように何層にも重なった生地はしっとり。

IMG_0948.JPG

かすかにお酒?の香りがするのが、ほどよく甘さを中和してくれて、大人のスイーツの趣き。でも、童心に帰って、1層ずつはがして食べたい衝動にかられます…


彗公館は、巨鹿路と外灘にもお店があり、いずれも、こちらの思南公館と比べて、よりゴージャスな雰囲気…
気軽にオールド上海の雰囲気の中で、モダンにアレンジされた上海料理を味わうなら、こちらの思南公館のお店の方がおすすめです!


☆アドレス:黄浦区思南路59号


2017年5月 1日

みなさん、こんにちは。
少し時間が空いてしまいましたが、前回の続きです。


有名なスポットは前回ご紹介しましたが、今回は、私が個人的に気に入ったスポットをご紹介したいと思います。


前回ご紹介した「天下第一橋」を渡り終えたところは、トレイルがやや狭くなっており、また、オフシーズンであったことも重なり、私一人でこの景色と向かいあうような状態になったのですが、

DSC00914.JPG

音が一切なく、まるで、目の前の絵の中の別世界に、自分がつまみ置かれたような気分。
造形は鋭く、険しいですが、植生が豊かなためか、母性的な温かみや優しさも感じられ、前回、「仙人が住んでいそう」と書きましたが、むしろこの地そのものがとても崇高な、意志ある存在のように思えた瞬間でした。


さて、武陵源に来たら、ぜひとも乗って頂きたいのが、まずこちらの「百龍エレベータ」

DSC00822.JPG


「326mの高さを、2分足らずで一気に上昇します」と説明されても、私にはピンと来なかったのですが、乗り込んでしばらく、無機質な壁に代わって、突如、目の前に、

DSC00832.JPG

こんな外界が開けた時の瞬間的な高揚感だけでも、十分に乗る価値があったと私は感じました。
上りと下り、どちらか選ぶとしたら、絶対、上りだと思います。
ちなみに、エレベータはドイツ製だそうです。


それから、もう1つお勧めの乗り物が、天子山ロープウェー。


DSC00963.JPG


より間近に

DSC00965.JPG

様々な角度から、岩肌を眺めることができます。

DSC00967.JPG


アバターの続編の公開が待たれる中、上海から少し足を延ばして、予習・復習(?)がてら、絶景へのショートトリップはいかがでしょうか?


DSC00819.JPG


2017年4月16日

みなさん、こんにちは。
今日は少し趣向を変えて、上海から1泊2日のショートトリップで行ける絶景をご紹介したいと思います。


その絶景がある張家界(ジャンジャージェ)は、上海から飛行機で2時間半。湖南省にある都市です。
張家界森林公園、天子山自然公園などの一帯は、武陵源と呼ばれ、世界遺産にも登録されています。
映画、「アバター」のモデルとなったことでも有名。
そうこの岩です↓

DSC00885.JPG


筆者は、日本国内外を問わず旅行が大好きで、あちこち行っている方だと思うのですが、その中でも間違いなく5本の指に入る素晴らしさでした!!
毎回、旅行に行こうと思い立つ時、行き先を決めるに当たり、予めネットで調べて、まさに、↑や↓のような写真を見て、「ここに行きたい!」と決めるわけですが、やはり、実際に行って目にした時の感動は段違いです。
ぜひ、機会があれば、写真で見るだけでなく、ご自身の目で見て、そして、自然が作り上げた造形の美しさ、スケールの壮大さを体感してほしいです!!


そして、ここ、張家界をお勧めするもう1つの理由が、天気によってまるで別世界なほど風景が変わり、天気が良くても悪くても楽しめるところ。


例えば、筆者が行った日は、たまたま天気がものすごくよくて、青い空を突き刺し、突き抜けるかのような岩肌のダイナミックさにまた感動だったのですが、

IMG_0596.JPG


ウィキペディアに載ってる写真は、これですよ。
なんて幻想的…。なんだか、仙人か孫悟空が出てきそうですね。


それでは、以下、ハイライトで絶景スポットをいくつかご紹介しますね。


まず、こちらは、天子山。
IMG_0605.JPG


魂を迷わせるという名の、「迷魂台」。
DSC00850.JPG


自然にこんなきれいなアーチができるなんて、まるで奇跡みたいな、「天下第一橋」。
DSC00903.JPG

②に続きます。


2017年3月 4日
2017年2月11日
2017年2月 5日
2017年1月22日
2017年1月 7日
⇒すべての記事を見る

中国旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■中国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • 上海2特派員

    上海2特派員
    Tae Motohashi
    弁護士。2015年より上海在住。理系のバックグラウンドを生かして、現在、主に日本企業の特許権等の権利行使に対するサポートを行っている。ヨガ好きが高じて、2015年には、RYT200修了。巧妙化する模倣品と日々格闘しつつ、休日には、趣味の街歩きや、ゆっくり読書できるカフェの開拓に勤しんでいる。

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集