海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > 中国/上海特派員ブログ

アジアにもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

中国/上海特派員ブログ Tae Motohashi

中国・上海特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

みなさん、明けましておめでとうございます!
筆者は、ここ上海で2017年のお正月を迎えました。
中国では、春節(旧正月)を盛大に祝うため、新暦のお正月は今一つ盛り上がりに欠けるのですが、
そこは日本人のDNAが騒ぐのか(?)せっかく天気もよさそうだ、ということで、
初日の出鑑賞がてら、外灘(ワイタン)に散歩に出かけてきました。


外灘といえば、夜景スポットとして有名ですが、実は、日出の鑑賞にもおススメ。
特に日出がきれいに見えると評判なのが、乍浦(ジャープー)橋。
ここからはちょうど、黄浦江(ファンプージャン)の東側の浦東地区の超高層ビル群を臨むことができ、
その間から上ってくる朝日を見ることができるのです。


↓こんな感じ↓


IMG_0670 (1).JPG


太陽が出てきてからの方が写真映えはするのですが、日の出前の凛とした静けさの中に浮かび上がるモノクロの世界にも心打たれます。


ちなみに、写真に写っている鉄橋は、外白渡橋。1907年につくられた歴史ある橋で、
この橋から日の出を見るのもありですが、この橋自体が美しいですし(週末は結婚写真を撮影するカップルが多数)、
浦東地区との距離感からしても、筆者としては、乍浦(ジャープー)橋から日の出を見るのがおススメです。


日の出鑑賞の後は、上述の外白渡橋を渡り、そのまま外灘散歩へ。
いつも観光客でごった返す外灘エリアも、祝日の早朝なら、人も少なく、租界時代の風情ある街並みをゆっくり散策できます。


DSC01015.JPG


青い空に、赤い国旗。そう、ここは中国なんですね。


DSC01012.JPG


15分おきに、江海関の鐘が鳴るのですが、人が少ないためか(あるいはおなかがすいているからか?)鐘の音が身体に響いて、まるで租界時代にタイムスリップしたかのような不思議な感覚に。


「中国の歴史」(岸本美緒著)によると、「1920年代になると、上海は(略)日本の東京をもしのぐ東アジアの国際金融の中心地となった。
バンド(外灘)には、西洋風のビルが立ち並んで威容を誇り、(略)モダンな都市文化が人々をひきつけた」そうです。
当時の金融エリートたちも、この鐘の音を聞きながら、この通りを闊歩していたのでしょうか。


DSC01021.JPG


外灘散歩の醍醐味は、この趣のある街並みと、高層ビルの立ち並ぶ浦東の景色とをいっぺんに楽しめるところ。


DSC01019.JPG


かたや租界時代の歴史ある重厚な建物、かたや近未来的な高層ビル群。
川を挟んで向かい合う景色があまりに対照的で、でも、どちらもお互いに引けを取らないスケールなので、
まさに「対峙する」という言葉がぴったりです。
こんな風景、他にあるのでしょうか?
その両極の間に立って、時の流れの中のある1点に今私は生きている、
ということを実感させてくれる、私が上海で一番好きな場所です。


☆行き方
乍浦橋へは、地下鉄12号線天潼路駅から徒歩8分ほど。3号出口を出て右折し、最初の信号を右折すると、突き当りに川が見えるので、左折し、遊歩道を通って川沿いに2つ目の橋です。


2017年1月 7日

みなさん、お久しぶりです!
すっかり更新が滞ってしまっていますが、お伝えしたいネタはたくさんあるので、
これから少しずつアップしていこうと思います。


さて、今日ご紹介するのは、吉田特派員も以前、ご紹介されていた、日本人女性のオリジナル漢方コスメブランド、「&flow(アンドフロー)」。

「地球の歩き方」ガイドブックにも掲載されているのですが、田子坊にあったお店がクローズして、永嘉路(ヨンジャ―ルー)にとってもかわいらしいお店がオープンしていますので、改めてご紹介したいと思います。


新しいお店は、こんな広い中庭があって、明るくて静か。

IMG_0438.JPG


広い店内には、ネイルサロンや小さなブティックも併設されています。


&flowのコスメやお洋服、雑貨も、こんな風にかわいくディスプレイされているので、

IMG_0429.JPG

IMG_0435.JPG

見ていて飽きないし、ついつい、予定外のものまで買ってしまう!のです。


こちらが、&flowの代表、竹下さん。

IMG_0436.JPG

竹下さんは、中医薬大学で学んだ本格派。
自らが開発したコスメにも、中医美容の思想が生かされていて、「気・血・水」の流れ=flowに着目して、健康的で美しい肌を保つ、というのが、ブランドの基本コンセプト。
竹下さんのお肌もつるつるピカピカ!!これはものすごい説得力です。


お店では、手作り石鹸が根強い人気のほか、上海っ子にはハンドクリームも人気だそう。
筆者のお気に入りはこの3品。

IMG_0441.JPG

左から、レイシエキス配合の手作り石鹸、110元(執筆時のレートで約1,857円)。敏感肌用だそうです。
こちらの水は日本と違って硬水ですが、きちんと泡立ってくれるのがうれしい!


真ん中は、ゼラニウムとローズのボディ用乳液、160元(約2,700円)。
余分な成分(シリコンなど)が入っていないため、肌に浸透するのに少し時間がかかるのですが、それがかえって、マッサージするのにちょうどいいんです。


右は、美白効果が期待できるオイル「Snow white」、200元(約3,376円)。
竹下さんいわく、顔用らしいのですが、筆者はボディに使用。デトックス効果がすごいんです!!
普段のボディケアは↑の乳液を使用しますが、週末など、時間のある時のボディケアはこちらのオイル、と使い分けています。
アルガンオイルやザクロオイルなどが配合されてます。


ちなみに、店内では、オーガニックの紅茶や、ナツメのお茶など、体に優しいお茶も頂けて、このお店に来るだけできれいになれそうな気がしてきます(笑)。

IMG_0433.JPG


「上海に来たときは、自分のコスメブランドを持つなんて思いもよらなかった」と語る竹下さんの語り口は、とても穏やかで自然体。
肌に優しい&flowのコスメにも、そんな竹下さんの人柄が息づいているのかもしれません。


☆アドレス
永嘉路588号 588studio内

☆行き方
地下鉄の最寄り駅は1号線 衡山路駅から徒歩10分ですが、以前、ご紹介したベーカリーカフェ聚福
からも徒歩約10分です。聚福から行く場合、烏魯木斉南路を北上(肇嘉浜路駅とは逆方向)し、2つ目の大きな十字路を右折して永嘉路に入り、100mほどのところです。



2016年12月25日

みなさん、こんにちは。


中国はただ今、国慶節休暇中。
国慶節は、春節と並ぶ貴重な長期休暇ですが、中国国内から上海に訪れる観光客も多いためか、開いているお店も多く、また、最初の数日間だけ休んで、その後再オープンするというお店も多いようです。
ちなみに、筆者は、初日に外灘(ワイタン)のカフェで読書していたら、あまりの混雑のためか、夕方には、最寄り駅の南京東路駅が封鎖され(!)、ちょっと困ってしまいました。
外灘は上海でお気に入りの場所の一つ。後日、おすすめカフェなども含め、このブログでご紹介したいと思います。


さて、第1回目のブログでは、ファストファッションのお店をご紹介しました。
今日は、ファストファッションとは打って変わって、オーダーメイドのお店をご紹介します。
オーダーメイドといっても、上海では割とメジャーで、そんなに堅苦しいものではないんですよ。


4-1.JPG


こちらは、上海の繁華街の一つで、徐家匯から一歩入ったところにある、日本人女性のお店、「Atelier Herringbone(アトリエ ヘリンボーン)」。


実は、筆者の姉も上海に住んでいるのですが、ある日、とても素敵なワンピースを着ていたので、どこで買ったのかと尋ねたところ、こちらでオーダーメイドで作ってもらった、とのこと。
どうりで、Sサイズでもまだまだ大きくて、服選びがいつも難航する姉にもピッタリなわけです。
また、別の日に着ていた服も素敵だったので、また購入元を尋ねたところ、やっぱり、アトリエ・ヘリンボーンで作ってもらった、とのこと。
もう、行かないわけにはいかない、ということで、以降、姉妹でお世話になっています。
この日は、洋服のお直しをお願いしにお邪魔しました。


こちらが、オーナー兼デザイナーの北川さん。


4-2.JPG


オーダーメイドや洋服のお直しは、短期旅行者の方には不向きかもしれませんが、店内には1点もののレディメイドの服もたくさんありますよ。
今回は、その中から秋にぴったりのお洋服をいくつかご紹介しますね。


チェック生地で作ったチャイナ服。かわいいです!チャイナドレスよりも活用できそう。430元(執筆時のレート<以下同じ>で約6,450円)。


4-3.JPG


こんなオフィス向きのブラウスも発見。480元(約7,200円)。


4-4.JPG


北川さんにも、この秋おすすめの1着を選んでもらいました。
北川さん、笑顔はチャーミングですが、洋服について語る時の目は真剣。まさに「職人」です。


4-5.JPG


北川さんのおすすめがこちら。ボルドーのレースのワンピース、850元(約12,750円)。日本で買ったら2~3万円くらいしそう…


4-6.JPG


北川さんが初めて上海を訪れたのは、2003年。
当時、街にはおしゃれに関心を持っていそうな女性はほとんどおらず、上海でオーダーメイドのお店を開くことは考えもしなかったそうですが、その後の経済発展に伴って、女性たちのファッションに対する意欲も目覚ましく向上していったそう。
2012年にお店をオープン。今では、日本人駐在員の奥さま方はもとより、地元マダムのお客様も増えているとか。


そんな、上海女性にも愛されるお店で、お気に入りの1着を見つけてみてはいかがでしょうか。


☆アドレス:天平路238号
☆行き方:地下鉄1号線、9号線、11号線の15番出口を出て右折(または、16番出口を出て左折)、味千ラーメンが見える交差点を右折し、広元路に入る。コンビニエンスストア「好徳」が見える交差点を左折して20mほど。


2016年10月 5日
2016年10月 2日
2016年10月 1日
2016年9月23日
⇒すべての記事を見る

中国旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■中国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ