海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > 中国/深セン特派員ブログ

中国/深セン特派員ブログ ペッペケ

中国・深セン特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

order1.png
■メインブログもよろしくお願いします!
「香港・中国深セン的観光旅行生活情報局」


中国はオーダーメイドの服が安い

中国に来る目的は人さまざまだが、服をオーダーメイドで作る人も多い。

なぜなら安いのである。

日本だとオーダーメイドのスーツを作ると10万円くらいはくだらないが、深センで作ると1万円程度で作れるのである。

私も作ったことがあるが、出来はなかなかよく、満足している。

縫製もしっかりしている

order2.pngもちろんスーツだけではなく、シャツ、ワンピース、子供服などなんでも作ることができる。

一時期香港でスーツを作ることがはやったが、だんだんと値段が上がっているようだ。

聞いたことがあるが、スーツを作ると5万円~が相場のようで、日本よりは安いが、海外まで行くことを考えるとそれほどお買い得感はない。

香港で作るなら国境を越えた深センで作ろう!



どこで作る?

深セン市内のいろいろなところで作れるが、有名なのは、

香港から羅湖イミグレを超えてすぐのところにある「罗湖商业城」だ。

この中にオーダーメイドの服を作れる店がたくさんある。

また、東門にも布の問屋ビルがあり、その中でも作ることができる。

ここで作った時の記事
→■オーダーメイドのスーツが東門で1万円で作れた!



中国語ができなくても大丈夫?

オーダーメイドの服を注文するのに中国語ができなくても大丈夫?と思うが、心配ない。

作りたい服の写真を用意し、それを見せる。

そして、値段交渉は電卓で行えばよいのだ。

後はサイズを測ってもらうだけ。特に難しいことはない。

出来上がりまで数日。スーツのようなものだと1週間以上かかる場合があるので、完成後また取りに行くか、それとも送ってもらうかを伝える必要はある。

東門の布の問屋ビル

order3.png


オーダーメイドの服を作りに行こう

オーダーメイドの服はなかなかいい。

深センに行くならオーダーメイドの服を作ってみよう!




中国深センについて書いたほかの記事も是非ご覧ください



2018年1月 8日

■メインブログもよろしくお願いします!
「香港・中国深セン的観光旅行生活情報局」

2018年になった

1月1日だ。

月日が経つのは早い・・。2018年になってしまった。

皆さんはどのような新年をお迎えになっただろうか。

日本にいる皆さんは正月気分を味わっているところだろうか。



中国では全く正月感がない

しかしながら、今の中国深センは全く正月感覚はない。

中国では一応1月1日は休日になっているのだが、普通の休日と変わらない。

休日のため、出かける人は多く、観光地は人でごった返すのだが、正月感はないのである。



20180101.jpg

中国の正月本番は旧正月

中国の正月本番は旧暦の正月、つまり旧正月だ。

暦が新暦と違うので、毎年日付は前後する。

2018年は2月16日が旧正月の1月1日だ。

今年は2月15日の夜から2月16日が中国では年越しとなり、いろいろなイベントが行われる。

15日の夜は日本の大晦日と同じように年越し特番の番組が放映され、年越しの瞬間は花火や爆竹で新年を祝うのである。

また、多くの人はこの時期に長期休暇を取り、故郷に帰り、家族や親戚と会う。

深センには地方から出稼ぎに来ている人が多くいるため、旧正月の間は多くの店が休業となり、人の数も減る。

その時には中国にもゆっくりした、正月の雰囲気が流れるのである。

中国の正月まで、あと1か月半ある。

中国の正月まではまだまだだ。




中国深センについて書いたほかの記事も是非ご覧ください


2018年1月 2日

■メインブログもよろしくお願いします!
「香港・中国深セン的観光旅行生活情報局」

深センで食べられるチェーンのラーメン屋

今日は深セン市内各所にあるチェーンのラーメン屋を紹介したいと思う。

それがこの店である。

「家家長沙米粉」
jiajiachangshamifen2.jpg

チェーン店であり、深セン各所にある。価格は市内中心部で1杯15元から20元(250円から300円くらい)とリーズナブルだ。郊外だと1元2元ほど安くなっている。




おすすめメニューの紹介

ではおすすめメニューの紹介をしたいと思う。

個人的には以下の2種類をよく頼む。結構おいしいと思う。

「榨菜肉丝面」(ザーサイ肉ラーメン)
jiajiachangshamifen4.jpg

ザーサイと肉を辛目に炒めたものが上に乗せられている。ザーサイの酸味と辛い肉炒めがラーメンとぴったりマッチ。これはおいしい!

「酸豆角肉末面」(豆の漬物と肉ラーメン)
jiajiachangshamifen5.jpg

こちらは酸豆角という長い豆の酸っぱい漬物とひき肉を炒めたものが乗っかっている。この豆の漬物が個人的にはかなり好きだ。酸っぱさが病みつきになるうまさである。

店によって値段は違うがどちらも15元~(250円程度)で食べられる。



面と粉がある

ちなみに、すべての商品で「面」と「粉」を選べる。

上の商品でいうと、「榨菜肉丝”面”」以外に「榨菜肉丝”粉”」を選択することができる。

これはどういうことか?

「面」は日本語表記だと「麺」のことだ。日本で食べるような麺である。

「粉」は中国語で小麦粉以外の材料で作られた麺のことを指す。米粉、でんぷん粉などいろいろな種類である。この店ではベトナムのフォーのような米粉の麺が出てくる。

この店に限って言えば、個人的には「面」の方がおいしいと思う。(もちろん、粉がおいしい料理もたくさんあるが)




食べてみよう

では食べてみよう。

まずは麺をすすってみる。
jiajiachangshamifen1.jpg

うーむ。うまいね。硬さも腰も日本で食べるような麺である。

日本人にも親しみやすい麺である。これはうまい。

次にスープ。
jiajiachangshamifen3.jpg

上に乗せられていた肉炒めに唐辛子がかなり入っているので、スープも辛目になっている。

ダシがきいており、しっかりと味がする。うまい!



深センに来たら行ってみてほしい

この「家家長沙米粉」は深センの各所にあるので、もし見かけたらぜひ一度食べてみてほしい。

中国深センについて書いたほかの記事も是非ご覧ください


2017年12月25日
2017年12月18日
2017年12月11日
2017年12月 4日
2017年11月27日
⇒すべての記事を見る

中国旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■中国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • 深セン特派員

    深セン特派員
    ペッペケ
    「ペッペケ」と申します。日本で社会人時代を数年過ごした後、中国の深センにやってきました。深センは香港のすぐ隣にある発展著しい熱い都市です。香港旅行のついでに来ることもできます。現地から深センの様子をお伝えできれば幸いです。ブログはこちら DISQUS ID @disqus_eAjn7MPOMr

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集