海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/滋賀特派員ブログ

日本国内/滋賀特派員ブログ FUNAZUSHI-MARU

日本国内・滋賀特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

湖北に春を告げる植物
滋賀県高島市、湖西から湖北エリアに位置するこのあたりは雪の大変多い地域。 山や平野に積もった雪はやがて解けて琵琶湖に注ぎますが、その水の量は琵琶湖全体の1/3にもなるといいます。 まさに琵琶湖の源流といっても過言でないくらいです。


そんな高島市に春の訪れを感じさせる場所があるのです。今津:弘川の「ザゼンソウ群生地」です。
ザゼンソウとはサトイモ科の植物で、仏像の光背に似た形の花弁や、その花弁に包まれる黄色の「肉穂花序(にくすいかじょ)」と呼ばれる中心部の花のようすが座禅を組む僧侶の姿に見える植物です。
冷帯から温帯の山岳湿地帯に生育しており、ここ今津の群生地は日本の南限となっています。


このザゼンソウ、発芽すると肉穂花序がなんと20度以上にも発熱するため、周りの雪を溶かして雪の間から顔を出すのです。
それが丁度この2月中旬から3月初旬にかけて・・・、まさに湖北に春を告げる植物ですよね。




今津のザゼンソウ群生地

ザゼンソウ群生地には車で行くのが便利です。(ただしスタッドレスは必須。交通機関ならJR近江今津駅より小浜行きバスで約7分 「ざぜん草前」下車、徒歩3分)高架になっている国道161号を敦賀方面に走り、国道303号と交わる弘川ランプで降りるとすぐにあります。

1chushajo.JPG

車は必ず所定の駐車場へ。この付近は一般の住宅街になっていますのでくれぐれも付近の住民の方の迷惑にならないように・・・
駐車場から徒歩3分の藪の中がその場所。


2zenkei.JPG

まだまだ雪も深そう・・・果たしてザゼンソウは見れるのでしょうか? 駐車場の警備員さんに聞けば見頃はもう少し先と言っておられましたが・・・。


3hasi.JPG

ここは饗庭野(あいばの)の伏流水が作る湿地帯。入り口のところから奥に行くと木製の細い遊歩道が渡されており、その上から眺めることができます。
それ以外のところで湿地帯に入っていくことはできませんよ。雪の下にもまだまだザゼンソウの芽が眠っていますから。


4zazen.JPG

目を凝らすとあちこちにザゼンソウが・・・・雪にもポコポコと穴が開いており、その中にはザゼンソウがいます。


今年は沢山発芽しているようですが、まだまだ小さいようです。そんな中、遊歩道の足元にありました・・・。

5zazen.JPG

これがザゼンソウです。まさに仏像のようですね。
でも実は英語で「Skunk Cabbage(スカンクキャベツ)」という不名誉な名前で呼ばれるように全草に臭い匂いがあるそう。
この匂いは虫を呼び寄せるのに役立っているのですけどね。


6zazen.JPG


7zazen.JPG

ザゼンソウはその発熱によって、他の植物がまだ雪の下に埋まっているうちに雪の上に顔を出し、受粉してくれる虫を独り占めしているのです。
この初春の風物詩もそういった自然界の厳しい競争の一端なのです。


8zazen.JPG

そんな厳しい自然の仕組みも、私達から見るといち早く春の訪れを告げてくれているようです。

9cameraman.JPG

春の訪れに敏感なのはザゼンソウだけではないようです。この瞬間を逃すまいとたくさんの方々が、立派なレンズが付いたカメラをザゼンソウに向けていました。




10kyukeijo.JPG

2月17日から3月初旬までは、この地域の自治会館を利用した休憩所が設けられています。
地元の方々で運営されており、撮ったばかりザゼンソウの写真を見ながらコーヒーで一息つけます。
中ではガイドの方からザゼンソウについての詳しい説明もありますよ。

11omiya.JPG

地元のお土産も売ってます。
中でもここに来たら買いたいのが…

12monaka.JPG

「ザゼンソウ最中」
中には大きな栗が入っており、甘さ控えめの餡とのマッチで、ホクホクとした食感が美味しかったですよ!

13tane.JPG

ちなみにこれがザゼンソウの”タネ”。
ザゼンソウは一度発芽すると、25年くらい同じところから生えるようです。
毎年同じ場所のザゼンソウを定点観測するのも面白いかも…




休憩所「今津ざぜん草の里」
【開店期間】2018年2月17日(土)~ 土日のみ開店(3月中旬頃までの予定)
【開店時間】10:00~15:00

 
「ザゼンソウ群生地」
住所:滋賀県高島市今津町弘川
問い合わせ:(公社)びわ湖高島観光協会 TEL:0740-33-7101 FAX:0740-33-7105
アクセス:車で国道161号線、弘川ランプを降りて左折。3分で到着
     電車で湖西線JR近江今津駅より小浜行きバスで約7分 「ざぜん草前」下車、徒歩3分




2018年2月19日
守山鮒ずしの会
滋賀のソウルフード・・・と言えば、「鮒ずし」‼


ご存知かと思いますが、琵琶湖で獲れるニゴロブナという鮒を塩漬けした後、ご飯を詰めて漬け込み乳酸発酵させるナレズシという発酵食品の一種です。
全国区的に割と知られた存在ではあるのですが、どちらかというとそれはネガティブなイメージではないでしょうか。

そのイメージの元になっているのが鮒ずしの強烈な匂い・・・。どうしてもその匂いがキツいので、ソウルフードと言いつつも滋賀の人でも食べたことが無い人は多いくらいなのです。
しかし、滋賀のドッシリ系旨口の地酒に合わせるとこんなに合う肴は他にはありません!
また最近ではチーズやワインと合わせたり、サンドイッチにするなど、その食べ方も工夫され徐々に身近に。
先日なんか大手メーカーのポテトチップスにも「鮒ずし味」が地域限定で登場しました。




そんな鮒ずしを地域振興のブランドにしていこうという取り組みが守山市で発足しました。
それが「守山鮒ずしの会」。
市のまちづくり施策の一環として、市や漁業組合の方々が一体になって守山の鮒ずしをブランドとして盛り上げていこうと言う趣旨で立ち上がったのです。

どういうわけかFunazushi-maru、この重要な第1回目の会合へお誘いいただくことに・・・
自腹では滅多に買えないにも関わらず、鮒ずし好き好きオーラをそこら中にまき散らしているとこんなにいいことがあるものです。




ディープな試食会に潜入

1riseville.JPG

会場はJR守山駅から徒歩1分のところにある「RiseVille都賀山(ライズヴィルつがやま)」

2funa.JPG

第1回目ということで、まずは様々な生産者の鮒ずしの違いやお米や魚の違いなどのバリエーションを知るために、試食会という形式で開催されました。


会場に入ると早くも室内には鮒ずしの酸い―香りが充満しています・・・。
それもそのはず、


3funa.JPG

これでもかと並べられた鮒ずしの皿!
ちなみに鮒ずしはかなりの高級食品であるため、琵琶湖産の鮒で作られたものは安くても〇千円から。高いものでは数万円するものもあるくらい。
ここに並んだものはいずれも生産者の方の自慢の一品だらけなので、金額を考えると頭がクラクラしてくるぐらい。
こんな光景は今まで見たことありません・・・。


鮒ずしと言えばお酒。ということで、

9jizake.JPG

滋賀の地酒や、

10wine.JPG

ワインの試飲も行われました。なんという至福の時間・・・




さて、では試食会で提供された様々な鮒ずしを紹介。

4funa.JPG

6名の守山を代表する生産者の方がそれぞれ自慢の鮒ずしを持ち寄っていただいています。
この中から自分の好みで評価してくのですが、酸味が強い弱い、塩気の強い弱い、卵の部分の味や身の部分の味と、それぞれ全部バランスが違うのが面白い。


5funa.JPG

6funa.JPG

コシヒカリやみずかがみと言ったお米の品種による違いなんかも作り分けされており、その微妙な味の違いによっても参加者の好みが分かれていました。


7funa.JPG

通常卵をもったメスの鮒ずしが値段が高いのですが、卵の無いオスの方が地元の方は好きだったりします。

8funa.JPG

また鮒以外にも、鯉やニゴイ、ワタカといった魚で作られたナレズシも・・・




12sishoku.JPG

大事な評価なので忘れないようにお皿に番号を書き込んで、それぞれを一口ずつ取っていきます。で試食。
気になった鮒ずしはもう1回もらいに行きます。

アンケート用紙に評価を書き込むときには鮒ずしでお腹一杯に・・・こんな経験、おそらく滋賀県人でもなかなかできないのでは。


13ocha.JPG

試食の仕上げに緑茶に鮒ずしを入れて飲んでみます。鮒ずしの旨みと塩分がお茶に溶け出し、お腹にやさしいスープの出来上がり!
実際、鮒ずしのお茶漬けはホントに絶品ですよ。




鮒ずしに目も鼻も胃袋も埋め尽くされ至福の時間・・・となりました!
今回いろんな鮒ずしを試食することができましたが、このバリエーションの違いは鮒ずしの可能性を十分感じられるもの。
きっとこの中にあなた好みの鮒ずしもあるかもしれません。食わず嫌いにならずに是非皆さんも「守山の鮒ずし」にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
あなたの食の世界が大きく広がると思いますよ。


2018年2月13日
草津あおばな館
1aobana.JPG

草津市の中心部から車で10分程度琵琶湖へ向かったところに、JAが運営するJA草津市農畜産物交流センター「草津あおばな館」があります。

10aobana.JPG

草津あおばな館では、その日の獲れたて新鮮野菜が毎日店頭へ並べられており、地元産のお米もその場で精米してくれたりします。ここへ来れば草津の旬の様々な食材が手に入るのです。

11aobana.JPG

もちろん滋賀と言えば「鮒ずし」!
琵琶湖の名産「鮒ずし」もとってもリーズナブルなお値段で揃えられています。そのほかにも小鮎の佃煮やエビ豆といった湖魚料理も豊富です。


そしてJA草津の一押しが「愛彩菜」という草津産の野菜。

12aisaina.JPG

こちらの愛彩菜、ワサビ菜の一種。

13aisaina.JPG

ワサビ菜ということで、生で味わうとほんのりワサビの香味がさわやか! 水菜のようにシャキシャキとしていてクセがなくサラダが美味しい野菜です。


ちなみに東洋経済住みよさランキング近畿編で5年連続1位の草津市。中心部では都市化が進んでいますが、実は滋賀県内でもトップクラスの野菜産地なのです。ここ草津はそんな野菜王国としての一面もあり、その産直である「あおばな館」にいかに美味しい野菜が集まるのかは想像に難くないでしょう!




ファーマーズカフェ愛彩の斬新サンドイッチ

そんなあおばな館内の奥にファーマーズカフェ愛彩があります。
実は2017年9月にリニューアルオープンし、「NICOLAO Coffee And Sandwich Works」というお店に生まれ変わりました!

2nicolao.JPG

2年ほど前に滋賀に魅了され移り住んでこられた「NICOLAO」を営んでおられるご夫婦。
同じ草津市内の烏丸半島で「カフェ・イントロ」というお店を立ち上げられたのですが、その後こちらに移ってこられました。
カフェイントロの頃からもファンも多かったということでリニューアル当初からたくさんのお客さんが詰めかけたそうですが、これだけ新鮮な草津の野菜がいつでも手に入る絶好のロケーションがプラスされ、ますます魅力がアップしたのではないでしょうか?
そこで今回、気になっていたお店に初めて入りました!




3nicolao.JPG

お店の内装はDIYで施されたとか・・・すごくお洒落で落ち着く雰囲気です。

4nicolao.JPG

コーヒーとサンドイッチが売りのお店ですが、その他のドリンクやフラッペも充実。


でもやっぱり気になるのはサンドイッチ!

5nicolao.JPG

お店の一番奥で注文します。
店頭のケースには何やらグリーンがクルクルと渦巻く物体が!
これが何ともインスタ映え確実なサンドイッチ「PAIN DE MIE(パン・ド・ミ)」です。


僕もこれをお目当てに参りましたので、さっそくいくつかのメニューから「デビルエッグ」を選択。

6nicolao.JPG

中身はシンプルに卵サラダ&グリーンリーフの渦巻です。
このグリーンリーフ、これだけたっぷりだとちょっと青臭いかなと思いましたが、さすが新鮮野菜をたっぷり使っているだけあって正にシャキシャキ感の塊!
クセのない爽やかな美味しさに卵サラダとパプリカパウダーがマッチしています。
若干食べるコツがあるので、お店の方から「横のところから食べてくださいね!パンだけ先に食べちゃうとバラバラになっちゃいますので・・・」とご指導いただき、初めてながら上手に頂くことができました。コーヒーも大変美味しい!
こうなると他のサンドイッチも気になりますねぇ。




7nicolao.JPG

お店の窓からは草津の長閑な風景・・・すぐそこの畑から僕の胃袋にやってきたって感じがリアルにしますね。

9nikolao.JPG

NICOLAOさんにはサイクリストのお客様も多いみたいで、お店の入り口近くにはちょっといい感じのサイクルラックが完備。
畑の向こうには比叡山も・・・いい景色です。


今は寒いですが、暖かくなれば外のテーブルやテラス席などもありますので、さらなる解放感も得られますよ。
またお店のメニューはほぼすべてテイクアウトOK!
サイクリストの補給食としてもいいのではないでしょうか。あおばな館の食材とともにお土産にもなりますしね。
今度は「愛彩バルック・エクメーイ(鯖サンド)」食べようっと!




ファーマーズカフェ愛彩「NICOLAO(ニコラオ)」
〒525-0029
滋賀県草津市下笠町3203草津あおばな館 1F
営業時間 9:00~18:00(LO17:30)
定休日 毎週火曜日と第1・第3月曜日が定休日
(祝日の場合は営業-翌日振替休業)





2018年2月 5日
2018年2月 1日
2018年1月18日
2018年1月13日
2018年1月 5日
⇒すべての記事を見る

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■滋賀県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 滋賀特派員

    滋賀特派員
    FUNAZUSHI-MARU
    近江国 彦根に生まれ京の刷物屋で働き、週末は東海道・中山道の分岐点「草津」を中心にロードバイクで街道を駆け巡っておりやす。昨年は東海道57次(大阪:高麗橋~東京:日本橋)をロードバイクで走破。
    琵琶湖だけじゃない近江の国の知られざる魅力を少しでも多くの方に知っていただければと活動中!
    ブログ:FUNAZUSHIの国から.work DISQUS ID @disqus_IL7NPPr8QW

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集