海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/滋賀特派員ブログ

日本国内/滋賀特派員ブログ FUNAZUSHI-MARU

日本国内・滋賀特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

「大津絵」ってご存知でしょうか?
滋賀に住んでいる僕も最近まで知らないくらいだったので(初めて見たのはお酒のラベル!?)、
他府県の方なら尚更知らない人が圧倒的だと思います。


江戸時代初期に東海道の大津宿から逢坂の関(これは聞いたことあるかな? 百人一首の蝉丸法師の句で有名な
あれです。大津から京都へ入るための関所があったところ)あたりには旅籠やお茶屋さんや土産物屋が沢山並ん
でいました。
芭蕉の句にも「大津絵の筆のはじめは何仏」と詠われているように、
「大津絵」は元はそこで売られていた仏画が発祥となった大衆画なんです。


9oni.jpg

▲「鬼の寒念仏」
このような鬼の絵に代表されるように、一風変わったユーモラスな画風が魅力的なんですよね。

大津絵はある種の風刺画になっていて、この絵は(お坊さんの格好をした偽善者)を表していると言います。
他にも「外法と大黒の梯子剃」(頭の長い寿老人の頭にはしごをかけて大黒が剃っている図:幸福を求め
すぎると滑り落ちるよっという風刺)や「座頭」(盲目のお坊さんが犬に褌を引っ張られている図:座頭は
当時は権力側。威張っているといつか庶民からの突き上げを食らうよという風刺)などなど・・・
それぞれに隠された意味があるんです。


滋賀県は今も交通の要衝となっているほど幹線道路が多く走っているだけに、近代化による人々の往来の変化
を大きく受けました。
それまで京都の玄関口として大きな役割があった大津の街も今では「これが県庁所在地なの?」
って驚かれるほど、物静かな街です。
そんな中この「大津絵」の需要も激減し、今ではたった一軒で伝統を守り継いでおられます。


今回はその一軒が営んでおられる「大津絵の店」を訪ねました。

8otsue_shoumen.jpg

長等神社の参道沿いに趣のある建物が出迎えてくれます。

13tennai.jpg

店内に入ると大津絵グッズがいっぱい! 奥が工房になっているようです。

大津絵の特徴はその独特の意匠と色彩。
主に墨、丹(朱)、胡粉(白)、黄土の4色で表現がされています。
(青色がないのは青の顔料が当時は手に入りにくかったのが理由とのこと。高価な絵画とは違う庶民の絵なので)
画題は初期には沢山あったようですが徐々に絞られ100数種類になり、後期には特に人気の高い10種類ばかりが描かれるように。
またお杖は版画などではなく1枚1枚を客の求めに応じて素早く手で描く必要があったため、絵柄や書き方もそれ
に応じたものになってきました。
同じ「鬼の寒念仏」でも書き手や書いた日によって多少違ってきます。そんな味のある絵が大津絵の特徴なんですね。

ちなみに早く何枚も書く必要があるので、紙を数枚並べて同じ色ばかりを先に描いていきます。
そして最後に墨で輪郭をかくという技法だと聞きました。まさに手動大量生産といった感じ。

店内にあるグッズはさすがの伝統工芸品なので、高額なものもありますが、
11omiya.jpg

絵皿の額や、

12ippitsusen.jpg
一筆箋、絵葉書、携帯ストラップなど気軽に買えるものも多く販売されています。
大変珍しい絵柄である大津絵のハガキや一筆箋で便りが来たら、頂いた方も興味深く感じられるのではないでしょうか?


僕はこの日はお猪口をいただきました。

15ochoko.jpg

大津絵のお猪口で、滋賀の地酒をいただくとさらに美味しいに違いない!
もちろんアテは「ふなずし」で・・・。

—————————————————————
「大津絵の店」
滋賀県大津市三井寺町3-38
電話:077-524-5656
営業時間:午前10時~午後5時
定休日:第1・第3日曜日(祝日は営業)


交通
●JR大津駅から徒歩20分または、車で5分
●京阪三井寺駅から徒歩10分
—————————————————————


2017年8月16日

滋賀県は盆地です。なので周りの山々から琵琶湖を望む展望台などもいくつかあるのですが、
その中で一番は蓬莱山からの眺めだと僕は勝手に思っています。
蓬莱山の標高は滋賀では7番目の高さ(1,179m)なのですが、湖西は琵琶湖と山の距離が短く、山頂からは眼下にすぐ
広がる琵琶湖の景色を楽しむことができます。
またなんといってもアクセスが簡単!
実は蓬莱山は「びわこバレイ」という滋賀を代表するレジャースポットとなっており、山頂までは大型のロープウェイ
に乗ってわずか4分程度。夏場は様々なアスレチックや遊具などの施設が沢山あって、大人も子供も一日中楽しめる
スポットになり大変賑わっています。


この夏、そんな蓬莱山に新たな絶景スポットが誕生しました。


それが「Café360」


なんと360度の全方位絶景を我が物にしつつ、ドリンクやスイーツが楽しめる超贅沢な時間が過ごせる場所だという
ではありませんか!
僕もそんな贅沢な気分を味わってみたいっ、と思い、さっそく行ってきました。


ただそこは地球の「歩き方」滋賀特派員であるfunazushi-maru、普通に行っても面白くないので
(歩く)ことにこだわりたい!
やはり苦労の末にたどり着いた絶景は、きっとロープウェイなんかで手に入ったものとは天と地の差
ほどの味わいに違いがでるはず。(実はロープウェイ代ケチっている・・・だって往復2,200円なので・・・)


2iriguchi.jpg

まずは「びわこバレイ」を目指し、駐車場代500円を払って中に入ります。
いくつかの駐車場のエリアがあるのですが、僕の場合は「キタダカ道」という登山道のある「9番」エリアに駐車。


ちなみにロープウェイ乗り場はこの込み具合。
4ropeway.jpg

ほんとに人気があるんですね。


僕はひっそり静かな登山道から絶景を目指します!
5kitadaka.jpg

※ちなみに私の昔のブログ
「キタダカ道」登山の詳細をアップしています。

キタダカ道で山頂までは4㎞程の距離。大人の脚でだいたい2時間~3時間といったところでしょうか?

6tengusugi.jpg

途中に山の主(天狗杉)も出迎えてくれます!

7ropeway.jpg

登山道の近くをロープウェイがあっという間に通り過ぎます・・・
絶景はそんな簡単に見るもんじゃないって。と強がってみる・・・。
と、汗まみれになりながら2時間ちょっとの登山が終了。持ってきた水筒2本がなくなっちゃった。


8sanchoeki.jpg

こちらロープウェイ山頂駅。 ここは打見山という山の山頂になるので蓬莱山はまだ先・・・。

しかしこちらにも2016年7月にオープンした「琵琶湖テラス」という元祖絶景スポットがあるんです。

以前来たのは2016年5月なので、その時はまだできてなかったんですよね。で行ってみました。
14hana.jpg

手前のレイクビューレストランの先に・・・、

「琵琶湖テラス」の入り口があります。
9terasu_iriguchi.jpg

むしろここ目当てで来ている人も多いかも・・・。カフェ行列ができてました。
このテラス、カフェに入らなくても見学は可能!こりゃ嬉しいですね。
そこに現れた景色は・・・

10terasu.jpg

テラスの縁に設置された水辺の青のせいで、まるで空や琵琶湖の上に浮いているかのような景色!

11tersu.jpg

下に目をやるとカラフルな百合の花畑が!
この日はちょっと雲で琵琶湖の様子がはっきりとは見えなかったのですが、それが却って雲の上に浮いているかのよう。
もうここで取材終了でいいじゃん! って一瞬思いましたが、今日のお目当てはもっと高いところにあるんだよ!

15horaisan.jpg

打見山から蓬莱山はさらに芝生の上をテクテク歩いて登ります。(ちなみにリフトは往復1200円。で、これもケチった・・・絶景のためならァ)


見えてきた!あれが絶景スポット・・・
16cafe_enkei.jpg

円形の建造物が丁度蓬莱山の頂上あたりに設置されています。

そしてようやくたどり着きました・・・。麓から約3時間、汗と土にまみれながら登り切った先に見えた景色とは。


18cafe.jpg

視界360度のまさに「てっぺん」に来た者だけに許された絶景!
打見山からさらに登った分、明らかに視界が大きく広がっていました。

17cafe.jpg

Café360ではこちらのテント張りのお店でドリンクやスイーツを購入。ドリンクはどれも500円ですが、いずれも瓶に入ったもの。
それに氷が付いてきます。さすがに頂上は気温が違うのでホットがあってもよかったんですが・・・。
いやいや贅沢は言わない、こんなところにカフェを設置するだけでも大変なのでしょうから。

19icecoffee.jpg

僕はアイスコーヒー(丸福珈琲店の瓶入りアイスコーヒー)にしました。

20coffee.jpg

雲と同じ高さの天空のカフェスペースで眼下に琵琶湖を見据えながらいただくコーヒーは、ここまで登り切ってきたんだという
自負もあって、ほろ苦さが心地よい・・・。
(周りを見ると、綺麗な格好のカップルや家族ばかりでしたが)

21chare.jpg

そんなカップルが絶景を二人占めするのにピッタリなチェアもあります。(汗・土まみれの僕が座るのは気が引けるので座ってません)


22image.jpg

琵琶湖の雄大さを心行くまで堪能できる「café360」、まさに滋賀県一の絶景カフェでした。
ロープウェイもよいですが、是非自分の脚でたどり着いて絶景を美味しいドリンクとともに味わってみてはいかがでしょうか?
こんな贅沢な体験はなかなかできませんよ。


2017年8月 7日

石山寺と言えば滋賀の中でもメジャーな観光スポットにもなっている有名なお寺。

10ishimayadera.jpg

今回はそんな石山寺に来たら是非味わって欲しいスイーツをご紹介いたします!

その名は「たばしる」
先日から松尾芭蕉にゆかりの場所を紹介しておりますが石山寺を詠んだ句に、


「石山の石にたばしる霰かな」


と言うものがあります。

「たばしる」とは跳ね返っている様子を表す言葉で、この言葉を名前にした和菓子なんです。


最寄りの駅は京阪石山寺駅。

1keihanishiyama.jpg

駅を出ると琵琶湖から続く瀬田川の流れが出迎えます。

11setagawa.jpg

瀬田川の流れにそって南下すると石山寺に行きつくのですが、
その少し手前に、老舗の和菓子店といった雰囲気なのに何やらたくさんのロードバイクが止められた不思議なお店が…

2sajotoson.jpg

それが「和菓子と甘味 茶丈藤村」
「たばしる」にはこちらのお店で出会うことができます。

藤村という名は石山寺に寄宿したことのある詩人「島崎藤村」にちなんでつけられたそうです。

3tennai.jpg

▲店内の様子


お店の女将さんがサイクリストということもあり、バイクスタンドが設置されているなどサイクリストウェルカムなお店。
サイクリングには甘いものがつきものですしね。

店内で様々な種類の甘味を味わうことができます。この日もたくさんのサイクリストの方々が涼まれていました。
私もこの日は娘とサイクリングしながらの訪問。

4menyu.jpg

この時期らしくかき氷などのメニューも豊富にありますが、
ここはやはり「たばしる」と「おうす」(御抹茶)のセット(700円)を。

6tabasiru.jpg

娘は本蕨餅(700円)をいただきました。

5warabimochi.jpg

「たばしる」はぱっと見の感じは小さめの大福餅って感じですが、中の餡が普通の大福とは違います!

7nakami.jpg

正確には餡という感じではありません。
最高級の小豆「丹波大納言」という大粒の(小豆なのに!)小豆を蜜漬けし、炊き上げたものをそのままふんわりとしたお餅にクルミと一緒に包んでいます。
小豆の形がそのまま残っており、口の中に大粒がコロッと転がり込んできて食感が非常に面白い。
また甘さが控えめで、最高級小豆本来の甘さや美味しさがストレートに味わえるといった感じ。
大納言小豆の下に隠れたクルミのカリっという食感もサプライズ的な演出になっています。

大福系のお餅は日本全国にいろいろありますが、この食感が楽しめるものはは珍しいのではないでしょうか?
今回はお抹茶と一緒にいただきましたが、上品な甘さのたばしると一緒にいただき贅沢な時間を過ごすことができました。

8omiya.jpg

「たばしる」は店内でいただくことはもちろん、お土産として持ち帰ることもできます。
1個からのばら売り(180円)もありますよ。

他にも「若鮎」といった琵琶湖の鮎をイメージしたお菓子も。

9wakaayu.jpg

若鮎はカステラ風の生地でお餅を包んだもので、こちらも琵琶湖のお土産にピッタリですね。

滋賀には他にもいろいろなお土産がありますが、石山寺に来たら是非寄ってみてはいかがでしょうか?
この不思議な食感にきっとハマること請け合いです!
またサイクリングやランニングの方には水や氷の補給もされていますので、アスリートにもおすすめのお店です。


2017年7月29日
2017年7月19日
2017年7月 2日
2017年7月 2日
2017年7月 1日
⇒すべての記事を見る

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■滋賀県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内特派員ブログ一覧

ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 滋賀特派員

    滋賀特派員
    FUNAZUSHI-MARU
    近江国 彦根に生まれ京の刷物屋で働き、週末は東海道・中山道の分岐点「草津」を中心にロードバイクで街道を駆け巡っておりやす。昨年は東海道57次(大阪:高麗橋~東京:日本橋)をロードバイクで走破。
    琵琶湖だけじゃない近江の国の知られざる魅力を少しでも多くの方に知っていただければと活動中!
    ブログ:FUNAZUSHIの国から.work

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集