海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/滋賀特派員ブログ

日本国内にもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

日本国内/滋賀特派員ブログ FUNAZUSHI-MARU

日本国内・滋賀特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

前回の国分・幻住庵を麓に降りて、旧東海道を自転車で15分ほど走ったところに「義仲寺」はあります。
ここはその名が表すように「木曽義仲」という平安時代末期の源氏の将軍を祀る寺です。
歴史好きな方ならその名は知っていると思いますが、一般的には源氏と言えば「源頼朝」や「源義経」のほうがなじみ深いでしょうか。
「木曽義仲」=源義仲は平家追討に活躍した後に頼朝・義経との源氏同士での戦闘に敗れ、この大津で討ち死にしました。
後に義仲の側室・巴御前がこの地に義仲の墓所を作ったのが今の義仲寺です。


1shomen.jpg


墓所を作った巴御前はたいそう長生きされた方で、義仲寺の入り口には「巴地蔵堂」があり、今でも長寿を願う人からの信仰の場になっています。

9jizodo.jpg

松尾芭蕉は木曽義仲を尊敬していたそうで、「骸は木曽塚に送るべし」と遺言していました。
その遺言通りに大阪で亡くなった芭蕉はその日のうちにこの義仲寺に運び込まれ、木曽塚(木曽義仲の墓)の隣に葬られたということです。

2teien.jpg

義仲寺の中に入ると時が止まったかのようなしっとりとした空気が流れています。


3kuhi.jpg

20の句碑が境内にはありますが、入ってすぐの右手には芭蕉直筆の句碑があります。

「行春をあふみ(おうみ)の人とおしみける」

と詠われており、芭蕉がいかに近江の人々が好きであったかを思わせる一句ですね。実際に芭蕉の門人36俳仙のうち12人が近江であった
ようで、ここ義仲寺境内にある無明庵でたくさんの門人に囲まれて過ごしたのでしょう。

境内の中央あたりにはいくつかの小さなお墓があるのですが、中心にやや大きめの墓が二つ、

4kisokoubo.jpg

手前が木曽義仲公の墓
そして、その奥にありました。

5bashooubo.jpg

俳聖:松尾芭蕉はここに眠っているのですね。三角形が独特です。
遺言通りに木曽義仲の隣り合わせに葬られた芭蕉。今も愛した人々に囲まれて日々訪れる人たちと一句謳っているのかも・・・

境内の一番奥に「翁堂」という庵があります。

6okinado.jpg

その天井には、

7tenjo.jpg

伊藤若冲の「四季花卉の図」が描かれています。

8tsue.jpg

入り口近くの史料館には芭蕉がなくなる間際まで使っていた杖が展示されていました。
その他にも前回の「芭蕉が愛した大津(その1)幻住庵を訪ねて・・・」でご紹介した幻住庵を芭蕉に提供した門人の「菅沼曲翆」の墓や、巴御前の墓などもありました。

近江の国を愛していた松尾芭蕉・・・幻住庵や義仲寺以外にもあちこちのその足跡が残されています。
芭蕉が生涯に制作した俳句は確認されているもので980句とのことですが、そのうちの1割近くはここ近江の国の大津あたりで詠まれているらしい。
やはりかなりの大津好きだったんですね。

「旅に病(やん)で夢は枯野をかけ巡る」

芭蕉の旅の人生の最後に選んだここ滋賀・大津の地にはそれだけの魅力が人や風景にあったのだと思います。
私もそんな感覚をもっと研ぎ澄ませて伝えられればと思っておりますが、伝わっておりますでしょうか・・・。


2017年7月19日

俳聖 松尾芭蕉。
俳句に疎い方でもその名前は一度は聞いたことがあるでしょう。

「古池や蛙飛びこむ水の音」
という俳句が有名ですよね。
また全国各地を旅してつくった作られた「奥の細道」という俳諧紀行文は誰もがしるところ。
(学校でも習いましたよね。)

全国を旅してまわり一所に長居することのなかった芭蕉ですが、近江の国は大変愛していたようで生涯に何度も訪れており、
実は芭蕉のお墓は大津の「義仲寺」にあります。
(義仲寺については次回・・・)
そんな芭蕉が晩年に4か月もの(芭蕉の滞在時間としてはかなり長い)期間を過ごしたのが大津市国分にある「幻住庵」です。

「幻住庵」があるのは「瀬田の唐橋」から西へ進んだ石山寺の奥にある国分という地。

1karahashi.jpg

瀬田の唐橋ではこんな句を・・・
「五月雨に 隠れぬものや 瀬田の橋」
近江八景の一つである瀬田の唐橋を望む景色は芭蕉も何度も眺めたのではないでしょうか?

橋を渡って京阪唐橋駅を越え国分へ。
標高270mの国分山の中腹に「幻住庵」はあります。
正確には「近津尾神社」の境内に幻住庵跡の碑が残っているのみなのですが、
その境内から少し上ったところに平成3年に庵が再建されました。

まずは、ふもとの駐車場から「近津尾神社」へ向けて登っていきます。

14isidan.jpg

駐車場からは「せせらぎ散策路」という小道が。石段脇にはせせらぎが流れ、木陰が涼しいですね。

石段を登り切る手前あたりに「とくとくの清水」という湧き水があります。

16tokutoku.jpg

芭蕉はこの地で記した「幻住庵記」に
「たまたま心まめなる時は、谷の清水を汲みてみづから炊ぐ」とあり、ここに降りてきては湧き水を汲んだのでしょう。

その先でさらに階段を登ったところに「幻住庵」はありました。
いたるところに地元の小中学生が作った俳句が木々につるされています。

18mon.jpg

簡素な門が侘びさびを感じせますね。

19gennjuan.jpg

茅葺の庵に、鹿威しのカコーンという響き・・・
今にも芭蕉が出てきそうな雰囲気!

庵の軒先からは大津の街並みが見下ろせます。芭蕉もここからの景色を楽しんだのでしょうか。

21kesiki.jpg

こんな景色を眺めていると私も一句詠んでみたくなりましたが、何にも浮かびません・・・。


幻住庵のすぐ近くには「太子堂」という聖徳太子の2歳像を祀るお堂があります。

30taisido.jpg

この日はたまたま中の太子像を見せていただきました。

31daisizo.jpg

鎌倉時代のものだそうです。

この太子堂からの景色もなかなかの絶景!

32chobo.jpg

幻住庵には紅葉の季節にも是非訪れてみたいですね。そのころにはせめて一句くらいは思いつかないでしょうかね。


2017年7月 2日

先日の長命寺に続いて、滋賀の「アジサイ」スポット第2弾!
「もりやま芦刈園」を紹介します。
「もりやま芦刈園」は守山市杉江町の湖岸からほど近い場所にある公園で、園内には日本アジサイと西洋アジサイがそれぞれ50種、
全部で10,000本が咲き誇る「世界のあじさいの殿堂」です。


守山市観光物産協会のサイト


今が丁度見頃ということで行ってきました!

1iriguchi.jpg

通称「メロン街道」と呼んでいる草津と守山のメロン産地を横断する道路に面しており、アジサイの季節以外は観光客は少ないですが、さすがのこの季節は一杯。
駐車場も表は満車で、裏側に臨時駐車場が用意されていました。

2cosmos.jpg

芦刈園の前にはコスモスの花畑が出迎えてくれます!

3shoumen.jpg

入場料300円を払って中に入ると、様々な色や形のアジサイがいっぱい。
(ちなみに有料期間はアジサイの咲く6月~7月で、その他の時期は無料で入れます)


そもそもアジサイってこんなにたくさんの種類があるなんて知らなかった・・・

9ajisai.jpg

こんなアジサイや、

8ajisai.jpg

こんな珍しいアジサイも・・・

4park.jpg

奥に行くと木々に覆われた小さな森の様相。木々の根元を覆うようにアジサイが埋め尽くしています。

7iori.jpg

園の中ほどには東屋のある小高い場所が。そこには一面のシロツメ草が咲いていて、アジサイとのコラボレーションが綺麗ですね。

5mizube.jpg

水路がありました。
菖蒲でしょうか、水路沿いに植えられています。その他園内にはバラやボタン、それにジュウガツザクラなど四季を通じて
様々な花が楽しめるそうですよ。

6pink.jpg


10ajisai.jpg

もりやまの芦刈園は様々なアジサイが「やまもり」のまさに世界のアジサイの殿堂でした!
アジサイが終わっても、季節の花がかわるがわる楽しめますのでゆっくりと散策にきてみてはいかがでしょうか?
これからの暑い季節は木陰を求めに来てもいいかもしれませんね。


2017年7月 2日
2017年7月 1日
2017年6月26日
2017年6月23日
2017年6月20日
⇒すべての記事を見る

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■滋賀県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内特派員ブログ一覧

三宅島与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大阪宮古島富山山形広島徳島新宿新潟札幌東京松前横浜沖縄湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福島種子島能登金沢釧路長崎長野青森鹿児島