海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 滋賀特派員ブログ > 「第26回 草津市水産まつり」で琵琶湖の恵みに出会...

日本国内/滋賀特派員ブログ FUNAZUSHI-MARU

日本国内・滋賀特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年6月26日

「第26回 草津市水産まつり」で琵琶湖の恵みに出会う!


メール プリント もっと見る

「第26回 草津市水産まつり」で琵琶湖の恵みに出会う!

6月25日に草津市 北山田漁港にて行われた「第26回 草津水産祭り」に行ってきました!

1shomen.jpg

この日は生憎の小雨交じりの曇天だったのですが、たくさんの家族連れが来場しており、なかなかの人気ぶり。

2kaijo.jpg

ちなみにfunazushi-maruは奥様が午前中車を使っておりましたので、やむなく大好きなロードバイクで参戦です・・・。

僕のお目当てはお酒のアテとなる「湖の幸」
フナズシの試食をいただきます。

3fnazushi.jpg

小さいもので1500円、中くらいが2000円、大きいのが3000円といずれも卵入りのものなのでフナズシとしてはお買い得だと思います。
(私の小遣いでは敷居が高いのですが・・・)

僕は「琵琶湖産モロコの佃煮」500円を購入しました。湖魚佃煮は滋賀の地酒にめっちゃ合います!

4kogyoryori.jpg

その隣のテントではなんと、出来立ての「ホンモロコの天ぷら」と「鯉のから揚げ」の試食が!
10時からでしたが僕が着いた9時30分ごろにはすでに行列が・・・
無くなり次第終了との事なので早速並んで、出来立てをゲット。

6shishoku.jpg

ホンモロコの天ぷらは一口サイズでサックサクの美味しさ!
びっくりなのが鯉のから揚げ。下味がしっかり付けられてはいましたが、川魚独特の臭みや小骨などが一切なくて、出来立てのホクホク感もあり非常に美味しい。ほんと言われなければ普通の白身魚ですね。
これはビールがあったらめっちゃ進むだろうな・・・。

この日は草津市のマスコット「たび丸」君も参戦。子供たちに笑顔を振りまいてました。
5tabimaru.jpg

この草津水産まつりでは子供向けのイベントも豊富なんです。
会場となる北山田漁港の水辺では釣り糸を垂らす子供たちとお父さんが沢山!
というのも「外来魚つり大会」が催されていたからで、ブラックバスやブルーギルといった外来魚をたくさん釣った人には豪華賞品が出るんです。
そりゃ頑張りますよね!

9sakana.jpg

他にも「ニジマスつかみ取り」や、
7tukamidori.jpg

「ニゴロブナの稚魚放流」なども。
8houryu.jpg

こちらは漁船に乗って、琵琶湖の沖までいって稚魚を放流する体験ができるというもの。
いずれも先着や抽選なので体験できた方はラッキーですね。
漁船に乗ることなんでめったにないことなので本当に貴重な体験です。

最後にご紹介するのは「琵琶湖八珍」ってご存知でしょうか?
滋賀県が最近特にプッシュしている湖魚たちです。

11biwakohacchin.jpg

・ビワマス
・ニゴロブナ
・コアユ
・ホンモロコ
・ハス
・ゴリ
・イサザ
・スジエビ

昔から滋賀の人々の生活を支えてきた琵琶湖の恵みの数々・・・。
滋賀に来た際には、是非これらの湖魚料理を探してみてはいかが?きっと普段の魚料理とは一味違った世界が広がるはずです!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2017年6月26日
« 前の記事「滋賀の食材を食べつくせ!守山市の「おうみんち」に行ってきた」へ
»次の記事「近江の「アジサイ寺」長命寺で、雨の季節の彩りを感じる」 へ
おすすめ記事
    滋賀特派員 新着記事
    築城410年で盛り上がる国宝「彦根城」、ひこにゃんも頑張ってる!
    自転車ごと乗れるガチャコン、近江鉄道「サイクルトレイン」
    彦根に来たら「スイス」に行こう⁉
    栗東市の名勝「旧和中散本舗」の夏の一般公開
    滋賀と言えばやっぱり「フナズシ」!~老舗で本物に出会う
    「大津絵」~江戸時代から続くユーモラスな旅のお土産
    標高1179mの絶景カフェ誕生!~Café360でとっておきの時間を過ごすのだ!
    石山寺参拝のお土産「たばしる」って?~ 何故かサイクリストが集まる甘味処

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■滋賀県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川高知鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 滋賀特派員

      滋賀特派員
      FUNAZUSHI-MARU
      近江国 彦根に生まれ京の刷物屋で働き、週末は東海道・中山道の分岐点「草津」を中心にロードバイクで街道を駆け巡っておりやす。昨年は東海道57次(大阪:高麗橋~東京:日本橋)をロードバイクで走破。
      琵琶湖だけじゃない近江の国の知られざる魅力を少しでも多くの方に知っていただければと活動中!
      ブログ:FUNAZUSHIの国から.work DISQUS ID @disqus_IL7NPPr8QW

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集