海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 滋賀特派員ブログ > 天気の良い日は青空の下で日本酒だァ!「お酒日和」に...

日本国内/滋賀特派員ブログ FUNAZUSHI-MARU

日本国内・滋賀特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年6月18日

天気の良い日は青空の下で日本酒だァ!「お酒日和」に参戦


メール プリント もっと見る

天気の良い日は青空の下で日本酒だァ!「お酒日和」に参戦

滋賀特派員 FUNAZUSHI-MARUです。こんにちは!
まず最初に言いたいのは、「滋賀の地酒は美味しい‼」ということ。

滋賀には約50の蔵元がありますが、400本以上も琵琶湖へそそぐ川の伏流水が豊富であることはもちろん、近江米の産地でもある滋賀県。
美味しい米と水がそろえば間違いなく美味しいお酒が沢山あるのは必至なんです。
私オーバーフォーティーになってから地元のお酒が美味しいことに気が付きまして激ハマりしております。

そんな滋賀県の県庁所在地 大津 にあるパルコ前で、青空の下で滋賀を代表する酒蔵のお酒が大変リーズナブルなお値段で楽しめるイベント
「第二回 おさけ日和」に行ってきました。

1parco.jpg.jpg

当日は5月の爽やかな風が吹く、絶好の「おさけ日和」!

2tent.jpg.jpg

総勢12蔵の蔵元がこの時期のおすすめのお酒をだいたい3種類程度ブースに並べてくださってます。

3tiket.jpg.jpg

10枚つづり(1枚100円)のチケットを買えば参戦できますよ。プラ製のカップをもらえば、あとは好きな蔵元のところへ行って注いでもらうだけ。
(ちなみに前売りは1500円で20枚つづりとお得!)

4ate.jpg.jpg

アテはもちろん琵琶湖の湖魚料理。フナズシの3種盛をはじめに小鮎の燻製など滋賀酒にピッタリ!

5suzumasanune.jpg.jpg

実は各蔵元はもう1本秘密のお酒を用意してきてます。それが「レア酒」
FUNAZUSHI-MARUがいただいたのは「鈴政宗 無濾過純米大吟醸20年古酒」
20年間も酒蔵の冷蔵庫で大切に保管されていたという大変貴重な1本がチケット4枚で味わえるんです。
こんなお得なイベント、地酒好きなら見逃せませんよね。
当日の会場は滋賀県の方はもちろん、京都や大阪など各地から滋賀酒もとめて沢山の人が集まっていました。
ただ難点が・・・、5月と言えども日焼けには注意です・・・。

パルコ内では「日本酒マニアック博in滋賀」も開催中でした。
6maniak.jpg.jpg

こちらでは、全国各地の変わったボトルデザインのお酒やイケメン蔵人のポートレート、日本酒女子のポスター、ご当地ワンカップ選手権など、日本酒好き必見の展示がいっぱいでした!

滋賀の日本酒熱は今かなり上がってきていますよ。それ以外にも滋賀県内の各蔵では年中どこかで蔵祭りなどのイベントが開催されていますので、滋賀に来たら是非美味しい滋賀のお酒を飲んで魅力にハマってくださいね!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 夜遊び・クラブ・お酒
2017年6月18日
« 前の記事「生まれ変わった天井川。草津市の新しい憩いのスポット誕生!」へ
»次の記事「滋賀に来ないと見られない!「ウツクシマツ」自生地って?」 へ
おすすめ記事
    滋賀特派員 新着記事
    築城410年で盛り上がる国宝「彦根城」、ひこにゃんも頑張ってる!
    自転車ごと乗れるガチャコン、近江鉄道「サイクルトレイン」
    彦根に来たら「スイス」に行こう⁉
    栗東市の名勝「旧和中散本舗」の夏の一般公開
    滋賀と言えばやっぱり「フナズシ」!~老舗で本物に出会う
    「大津絵」~江戸時代から続くユーモラスな旅のお土産
    標高1179mの絶景カフェ誕生!~Café360でとっておきの時間を過ごすのだ!
    石山寺参拝のお土産「たばしる」って?~ 何故かサイクリストが集まる甘味処

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■滋賀県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川高知鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 滋賀特派員

      滋賀特派員
      FUNAZUSHI-MARU
      近江国 彦根に生まれ京の刷物屋で働き、週末は東海道・中山道の分岐点「草津」を中心にロードバイクで街道を駆け巡っておりやす。昨年は東海道57次(大阪:高麗橋~東京:日本橋)をロードバイクで走破。
      琵琶湖だけじゃない近江の国の知られざる魅力を少しでも多くの方に知っていただければと活動中!
      ブログ:FUNAZUSHIの国から.work DISQUS ID @disqus_IL7NPPr8QW

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集