海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 滋賀特派員ブログ > 滋賀に来ないと見られない!「ウツクシマツ」自生地っ...

日本国内/滋賀特派員ブログ FUNAZUSHI-MARU

日本国内・滋賀特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年6月20日

滋賀に来ないと見られない!「ウツクシマツ」自生地って?


メール プリント もっと見る

滋賀に来ないと見られない!「ウツクシマツ」自生地って?

皆さん「うつくし松」ってご存じでしょうか?
恐らく滋賀県民でも知ってる人は少ないかも...

うつくし松とは湖南市平松地区に自生するちょっと変わった赤松の一種です。

場所は旧東海道石部宿を過ぎたあたり、甲西駅の付近です。
1carb.jpg

こちらの角を右に曲がって美松山へ向かいます。
3rindo.jpg

すがすがしい林道を通って、その先の住宅街を越えると、

5zenkei.jpg

突然視界が広がり、中央に大きく奇妙な形の松の大木がある広場に出ます。

7utukushi_matsu.jpg

ご覧の通り、このうつくし松は普通の松とは違って、根元の辺りからほうきを逆さにしたような枝の生え方になってます。
実は日本ではこの平松地区にしかこのような松は自生していないのです。
なので国指定の「天然記念物」となっている大変貴重な松なんですね。

植物の研究もされていたという昭和天皇もこの地に行幸されたとのこと。
8yuhodo.jpg

その記念碑を越えると短い遊歩道もあります。
10shamen.jpg

山の斜面には様々な「うつくし松」がまさに美しい姿を見せてます。
一番の見頃は丁度この5月から6月にかけての新緑の季節。
晴れた日は一面の緑とうつくし松が醸し出す不思議な光景がどことなくファンタジックにさえ感じます。

6park.jpg

あまり知られていないせいか、人はほとんどいませんが、大きな駐車場とトイレまで完備。

このうつくし松も例に漏れず、松食い虫などの被害が多く、
35年前に比べて6割程度に減ってしまったとか...
平安時代からこの地で親しまれてきた隠された名所「平松のウツクシマツ自生地」。このまま美しい姿を後生まで残してほしいものです。

是非皆さん興味を持たれたら、まだまだ隠れた名所が沢山の湖南市へ!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2017年6月20日
« 前の記事「天気の良い日は青空の下で日本酒だァ!「お酒日和」に参戦」へ
»次の記事「滋賀の食材を食べつくせ!守山市の「おうみんち」に行ってきた」 へ
おすすめ記事
    滋賀特派員 新着記事
    白洲正子の愛した石の寺~教林坊のもみじ
    近江八景「唐崎」はみたらし団子発祥の地⁉
    「草津街あかり」...旧街道がほのかな灯りに包まれる幻想的なイベント
    「ヨシ」と共に生きる郷
    13基の豪華なカラクリ曳山が競い合う「大津祭」(本祭編)
    由緒あるけど庶民的な湖国三大祭、「大津祭」(宵宮編)
    近江八景と『湖賊』の郷、秘密がいっぱいの「堅田」
    近江の秋の風景を探して・・・伊香立~仰木の棚田

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■滋賀県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 滋賀特派員

      滋賀特派員
      FUNAZUSHI-MARU
      近江国 彦根に生まれ京の刷物屋で働き、週末は東海道・中山道の分岐点「草津」を中心にロードバイクで街道を駆け巡っておりやす。昨年は東海道57次(大阪:高麗橋~東京:日本橋)をロードバイクで走破。
      琵琶湖だけじゃない近江の国の知られざる魅力を少しでも多くの方に知っていただければと活動中!
      ブログ:FUNAZUSHIの国から.work DISQUS ID @disqus_IL7NPPr8QW

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集