海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 滋賀特派員ブログ > 滋賀に来ないと見られない!「ウツクシマツ」自生地っ...

日本国内にもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

日本国内/滋賀特派員ブログ FUNAZUSHI-MARU

日本国内・滋賀特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年6月20日

滋賀に来ないと見られない!「ウツクシマツ」自生地って?


メール プリント もっと見る

滋賀に来ないと見られない!「ウツクシマツ」自生地って?

皆さん「うつくし松」ってご存じでしょうか?
恐らく滋賀県民でも知ってる人は少ないかも...

うつくし松とは湖南市平松地区に自生するちょっと変わった赤松の一種です。

皆さん赤松というと一般的には、
akamatsu.jpg

こんなのを想像すると思います。
が、湖南市のうつくし松は見たこと無いような奇妙な形なんです。

場所は旧東海道石部宿を過ぎたあたり、甲西駅の付近です。
1carb.jpg

こちらの角を右に曲がって美松山へ向かいます。
3rindo.jpg

すがすがしい林道を通って、その先の住宅街を越えると、

5zenkei.jpg

突然視界が広がり、中央に大きく奇妙な形の松の大木がある広場に出ます。

7utukushi_matsu.jpg

ご覧の通り、このうつくし松は普通の松とは違って、根元の辺りからほうきを逆さにしたような枝の生え方になってます。
実は日本ではこの平松地区にしかこのような松は自生していないのです。
なので国指定の「天然記念物」となっている大変貴重な松なんですね。

植物の研究もされていたという昭和天皇もこの地に行幸されたとのこと。
8yuhodo.jpg

その記念碑を越えると短い遊歩道もあります。
10shamen.jpg

山の斜面には様々な「うつくし松」がまさに美しい姿を見せてます。
一番の見頃は丁度この5月から6月にかけての新緑の季節。
晴れた日は一面の緑とうつくし松が醸し出す不思議な光景がどことなくファンタジックにさえ感じます。

6park.jpg

あまり知られていないせいか、人はほとんどいませんが、大きな駐車場とトイレまで完備。

このうつくし松も例に漏れず、松食い虫などの被害が多く、
35年前に比べて6割程度に減ってしまったとか...
平安時代からこの地で親しまれてきた隠された名所「平松のウツクシマツ自生地」。このまま美しい姿を後生まで残してほしいものです。

是非皆さん興味を持たれたら、まだまだ隠れた名所が沢山の湖南市へ!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2017年6月20日
« 前の記事「天気の良い日は青空の下で日本酒だァ!「お酒日和」に参戦」へ
»次の記事「滋賀の食材を食べつくせ!守山市の「おうみんち」に行ってきた」 へ
おすすめ記事
    滋賀特派員 新着記事
    芭蕉が愛した大津(その2)芭蕉の眠る義仲寺
    芭蕉が愛した大津(その1)幻住庵を訪ねて・・・
    「もりやま芦刈園」で世界のあじさい10,000本が「やまもり」‼
    近江の「アジサイ寺」長命寺で、雨の季節の彩りを感じる
    「第26回 草津市水産まつり」で琵琶湖の恵みに出会う!
    滋賀の食材を食べつくせ!守山市の「おうみんち」に行ってきた
    滋賀に来ないと見られない!「ウツクシマツ」自生地って?
    天気の良い日は青空の下で日本酒だァ!「お酒日和」に参戦

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■滋賀県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    三宅島与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大阪宮古島富山山形広島徳島新宿新潟札幌東京松前横浜沖縄湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福島種子島能登金沢釧路長崎長野青森鹿児島