海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 滋賀特派員ブログ > 近江の「アジサイ寺」長命寺で、雨の季節の彩りを感じ...

日本国内/滋賀特派員ブログ FUNAZUSHI-MARU

日本国内・滋賀特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年7月 1日

近江の「アジサイ寺」長命寺で、雨の季節の彩りを感じる


メール プリント もっと見る

近江の「アジサイ寺」長命寺で、雨の季節の彩りを感じる

今年の近畿地方の梅雨入りは6月7日だったものの、それからなぜかいい天気ばかり。
それはそれで自転車乗りとしては嬉しいのだけども、やはり雨が降らないことには
琵琶湖の水位が下がってしまい心配になりますよね。(えっ、ならない?)


と思っていたらようやく最近になって梅雨らしくなってきました。

雨といえば雨の季節の花「アジサイ」
他の特派員の方々も何人か「アジサイ」のレポートを書かれていますが、funazushi-maruもここはアジサイに注目したいと思います。


アジサイと言えば近場では京都の三室戸寺が全国的にも有名ですが、
滋賀にもいくつかアジサイの見どころスポットあります。
今回はその一つ別名「アジサイ寺」とも言われる近江八幡市の「長命寺」に行ってきました。


長命寺は「西国三十三所」巡礼の三十一番目の札所で、開祖は聖徳太子と言われる由緒あるお寺です。
その名の通り無病息災を授けてくれる観音様が祀られています。

お寺の境内は長命寺山(標高333m)の中腹にあり、ふもとから808段の石段をえっちらおっちら登っていくか、
八合目にある駐車場までは車で行くこともできます。

2kaidan.jpg

僕はもちろん下から808段上りますよ!


1tsue.jpg

麓の土産物屋さんのところに無料の杖が貸し出されていますよ。
急な石段が続くので杖があるのは嬉しいですよね。

3kaidan.jpg

さすがの808段、ずっと遥か彼方まで続いているかのよう・・・。蒸し暑さもあり汗だくになってしまいます・・・。
石段の両側には土塀や石垣などがあり、どこか城を思わせる雰囲気。


登り切った先に見えてきたのは、これまた質実剛健な城のような門が現れました。

5mon.jpg


門をくぐった瞬間に目の前に本堂をはじめとして三重塔などが頭上に広がり、なかなかの迫力。

6shomen.jpg

境内に入るとあちらこちらにアジサイの花が咲いています。
が、まだちょっと早かったかな?現時点では蕾みのものが多そうですね。

7ajisai.jpg

アジサイの花がお寺の建物を一層際立たせます。
約500株と言われるアジサイが満開になるとさらに綺麗でしょうね。

10ajisai.jpg

この日は雨が降ったりやんだりの日でしたが、やはりアジサイには雨が似合います。

11senkei.jpg

青モミジも雨に濡れて、しっとりヒンヤリした空気感が聖徳太子のころからの壮大な歴史の重みとともに漂う景色です。

13biwako.jpg

境内の一番奥には展望台があります。雨なので良く見えないですが、白くかすんだ眼下に
悠然と琵琶湖が広がります。
1月にもここへ来ましたが、その時は一面真っ白な平野と黒い琵琶湖のモノクロ写真のようなコントラストが素晴らしかったですよ。
長命寺は四季折々の境内の風景とそれぞれの季節の琵琶湖を同時に感じることのできる、とってもお得な気分になれるお寺ですね。
あとちょっとした山登りにもなるので運動不足な方にも是非!
(ちなみに自転車で八合目まで登れるので、ガッツリ走りたい方の良い練習場所にもなっております・・・長命寺だけに健康増進も大事ですね)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2017年7月 1日
« 前の記事「「第26回 草津市水産まつり」で琵琶湖の恵みに出会う!」へ
»次の記事「「もりやま芦刈園」で世界のあじさい10,000本が「やまもり」‼」 へ
おすすめ記事
    滋賀特派員 新着記事
    白洲正子の愛した石の寺~教林坊のもみじ
    近江八景「唐崎」はみたらし団子発祥の地⁉
    「草津街あかり」...旧街道がほのかな灯りに包まれる幻想的なイベント
    「ヨシ」と共に生きる郷
    13基の豪華なカラクリ曳山が競い合う「大津祭」(本祭編)
    由緒あるけど庶民的な湖国三大祭、「大津祭」(宵宮編)
    近江八景と『湖賊』の郷、秘密がいっぱいの「堅田」
    近江の秋の風景を探して・・・伊香立~仰木の棚田

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■滋賀県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 滋賀特派員

      滋賀特派員
      FUNAZUSHI-MARU
      近江国 彦根に生まれ京の刷物屋で働き、週末は東海道・中山道の分岐点「草津」を中心にロードバイクで街道を駆け巡っておりやす。昨年は東海道57次(大阪:高麗橋~東京:日本橋)をロードバイクで走破。
      琵琶湖だけじゃない近江の国の知られざる魅力を少しでも多くの方に知っていただければと活動中!
      ブログ:FUNAZUSHIの国から.work DISQUS ID @disqus_IL7NPPr8QW

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集