海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 滋賀特派員ブログ > 芭蕉が愛した大津(その1)幻住庵を訪ねて・・・

日本国内/滋賀特派員ブログ FUNAZUSHI-MARU

日本国内・滋賀特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年7月 2日

芭蕉が愛した大津(その1)幻住庵を訪ねて・・・


メール プリント もっと見る

芭蕉が愛した大津(その1)幻住庵を訪ねて・・・

俳聖 松尾芭蕉。
俳句に疎い方でもその名前は一度は聞いたことがあるでしょう。

「古池や蛙飛びこむ水の音」
という俳句が有名ですよね。
また全国各地を旅してつくった作られた「奥の細道」という俳諧紀行文は誰もがしるところ。
(学校でも習いましたよね。)

全国を旅してまわり一所に長居することのなかった芭蕉ですが、近江の国は大変愛していたようで生涯に何度も訪れており、
実は芭蕉のお墓は大津の「義仲寺」にあります。
(義仲寺については次回・・・)
そんな芭蕉が晩年に4か月もの(芭蕉の滞在時間としてはかなり長い)期間を過ごしたのが大津市国分にある「幻住庵」です。

「幻住庵」があるのは「瀬田の唐橋」から西へ進んだ石山寺の奥にある国分という地。

1karahashi.jpg

瀬田の唐橋ではこんな句を・・・
「五月雨に 隠れぬものや 瀬田の橋」
近江八景の一つである瀬田の唐橋を望む景色は芭蕉も何度も眺めたのではないでしょうか?

橋を渡って京阪唐橋駅を越え国分へ。
標高270mの国分山の中腹に「幻住庵」はあります。
正確には「近津尾神社」の境内に幻住庵跡の碑が残っているのみなのですが、
その境内から少し上ったところに平成3年に庵が再建されました。

まずは、ふもとの駐車場から「近津尾神社」へ向けて登っていきます。

14isidan.jpg

駐車場からは「せせらぎ散策路」という小道が。石段脇にはせせらぎが流れ、木陰が涼しいですね。

石段を登り切る手前あたりに「とくとくの清水」という湧き水があります。

16tokutoku.jpg

芭蕉はこの地で記した「幻住庵記」に
「たまたま心まめなる時は、谷の清水を汲みてみづから炊ぐ」とあり、ここに降りてきては湧き水を汲んだのでしょう。

その先でさらに階段を登ったところに「幻住庵」はありました。
いたるところに地元の小中学生が作った俳句が木々につるされています。

18mon.jpg

簡素な門が侘びさびを感じせますね。

19gennjuan.jpg

茅葺の庵に、鹿威しのカコーンという響き・・・
今にも芭蕉が出てきそうな雰囲気!

庵の軒先からは大津の街並みが見下ろせます。芭蕉もここからの景色を楽しんだのでしょうか。

21kesiki.jpg

こんな景色を眺めていると私も一句詠んでみたくなりましたが、何にも浮かびません・・・。


幻住庵のすぐ近くには「太子堂」という聖徳太子の2歳像を祀るお堂があります。

30taisido.jpg

この日はたまたま中の太子像を見せていただきました。

31daisizo.jpg

鎌倉時代のものだそうです。

この太子堂からの景色もなかなかの絶景!

32chobo.jpg

幻住庵には紅葉の季節にも是非訪れてみたいですね。そのころにはせめて一句くらいは思いつかないでしょうかね。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2017年7月 2日
« 前の記事「「もりやま芦刈園」で世界のあじさい10,000本が「やまもり」‼」へ
»次の記事「芭蕉が愛した大津(その2)芭蕉の眠る義仲寺」 へ
おすすめ記事
    滋賀特派員 新着記事
    白洲正子の愛した石の寺~教林坊のもみじ
    近江八景「唐崎」はみたらし団子発祥の地⁉
    「草津街あかり」...旧街道がほのかな灯りに包まれる幻想的なイベント
    「ヨシ」と共に生きる郷
    13基の豪華なカラクリ曳山が競い合う「大津祭」(本祭編)
    由緒あるけど庶民的な湖国三大祭、「大津祭」(宵宮編)
    近江八景と『湖賊』の郷、秘密がいっぱいの「堅田」
    近江の秋の風景を探して・・・伊香立~仰木の棚田

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■滋賀県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北杜・山梨北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京東京2松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 滋賀特派員

      滋賀特派員
      FUNAZUSHI-MARU
      近江国 彦根に生まれ京の刷物屋で働き、週末は東海道・中山道の分岐点「草津」を中心にロードバイクで街道を駆け巡っておりやす。昨年は東海道57次(大阪:高麗橋~東京:日本橋)をロードバイクで走破。
      琵琶湖だけじゃない近江の国の知られざる魅力を少しでも多くの方に知っていただければと活動中!
      ブログ:FUNAZUSHIの国から.work DISQUS ID @disqus_IL7NPPr8QW

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集