海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/新庄・山形特派員ブログ

日本国内/新庄・山形特派員ブログ まつとみ

日本国内・新庄・山形特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

庭月観音とは
山形県最上郡鮭川村にある天台宗の寺院で、正式には庭月山月蔵院といいます。
ご本尊は聖観世音菩薩さまで、庭月観音という名称で親しまれております。
最上三十三観音の三十三番礼所「打ち止めの霊場」として、多くの巡礼者が参拝に訪れます。
34463911_10155389669931921_3683065225189261312_n.jpg
万願の霊場として名高く、七難即滅、七福即生のパワースポットとして知られています。

●おかげさま門
まずはじめに「おかげざま門」がをお出迎えします。
この門は、「今を生きることが出来るのは、皆様のおかげさま」という意味が込められているそうでするそうです。
この門をくぐるときは、合掌し、頭を下げてくぐりましょう。
 そうすれば、実り多い人生となるといわれております。

34605370_10155389662506921_7293657709096730624_n.jpgのサムネイル画像

●観音のお清水
「亀の水」 おかげさま門をくぐり、参道をおりると亀の水があります。
観音堂の下からの湧水であり、縄文時代より湧き続ける聖水とのこと。
この清水は新庄・最上清水50選・第33番になっております。
身を清め、心を安らかにしてから境内へと進んでください。
34446828_10155389662516921_1379400773711953920_n.jpg

●庭月観音本堂(別名おいずり堂)
満願のお勤めをするお堂で御朱印や納経をいただきます。また、参拝記念品も求めることができますよ。
34583527_10155389677901921_4586769414199705600_n.jpg

●山門(仁王様)
境内に入って2番目にくぐる門。門の両脇には観音様の守護神として2体の仁王様が
まつられています。
34670852_10155389669916921_2158249863995719680_n.jpg

●観音堂
山門をくぐるとすぐ見えるのが観音堂です。
御本尊がまつられており、江戸時代後期の御堂で、
見事な彫刻が堪能ができます。
34674511_10155389669946921_1425997612640632832_n.jpg


ご紹介したほかにも境内には歴史あるものがあります。
ぜひ訪れてみてください。

【詳細】天台宗山門派 庭月山月蔵院 庭月観音
住所:〒999-5207
山形県最上郡鮭川村大字庭月2829
TEL:0233-55-2343 FAX:0233-55-2505
アクセス:●JR羽前豊里駅から車で5分程度
新庄市から、山形県道308号曲川新庄線で15分程度
   ●JR羽前豊里駅(JR陸前東線・奥羽本線)―[徒歩]→庭月(約4km/1時間)
 駐車場:大型・小型共参道入口に専用駐車場あり(無料)
庭月観音
近隣おすすめスポット ☆トトロの木約5分 ジブリのトトロにそっくりの木です!人気スポット


2018年6月 7日

「ひとりの小作人になれ、農村劇をやれ」
とまだ無名だったころの宮沢賢治に教えを受け、
農村改善運動に情熱を燃やし続けた新庄市生まれの農民活動家「松田甚次郎」
がいた。
甚次郎は東北地方の農村がもっとも疲れ切っていた昭和初期、
村を元気にしようと農民生活の向上と農村文化・芸術の確立に生涯をかけて取り組んだ人物である。

そんな昭和初期を経て今。6月7月は田植えの時期で農家は大忙しだ。
機械の性能もよくなり田植え機を使っての作業が主流の昨今だが、
手作業で皆一丸となって田植えを行う昔の日本の姿が見直されてきている。
34103748_1077327565738775_7094511049222651904_n (1).jpg
先日新庄市内で行われた田植え体験の様子である。
参加者は30名以上。県外からの参加者もいた。

昭和30年代~40年代にかけて田植定規(じょうぎ)という道具をころがして、
田んぼに苗を植える印をつけて行っていたが、現在も田植定規は大活躍。
34319895_1077327679072097_1086525673897459712_n.jpg
田植え定規を地面にあて、同じ間隔で植える。
温かくぬめっとした独特の肌触りも手植えだからこそ感じられる。
腰が痛くなる根気のいる作業だが、和気あいあいであっという間に時間が流れる。
34105944_1077327432405455_1521681559780851712_n.jpg

メディアの発達や多様性の影響で「昔(昭和後期)と比べて人間関係が希薄化している」と言われている現代。
確かに、地域の伝統芸能が消滅したり、年中行事も簡素化されてしまい、
家族や地域のコミュニティを中心にした繋がりで、親密な人間関係ができていた時代と比べると
人との繋がりは薄くなってしまった。

34160863_1077327552405443_8560047782897909760_n.jpg

しかし今もう一度みんなで一緒になって田植えを行う行事があるほど、
むかしの日本の暮らし方に向き合う人は多い。
紙媒体のイベント告知はもちろん、ネットでイベントを知り、
その日初めて会った人と一緒になって田植えを行う。
いまの時代だからこそできる新しい人間関係の築き方であると思う。
松田甚次郎の地域と社会を耕しつづけ叫び続けた思いはしっかり現代の
人の心に生きている。


今も昔も変わらぬ後世に伝えたい日本の風景だ。


2018年6月 3日

前回ご紹介したエコロジーガーデン内に「コミューンアオムシ」があります。
33338880_1072367016234830_6004273020342894592_n.jpg
・1F cafe
もがみのごはん
・2F select shop
物作り・工芸品の展示販売
・2F kitokito books
だれかの2冊とあなたの1冊

という大自然に囲まれた素敵なスポット。
33491828_1072367002901498_3102041005709328384_n.jpg
特に1階のカフェのイケメンシェフが作るランチがとってもおいしいです!
新庄の地域おこし協力隊OBの渡邊歩さんが腕を振るいます。

この日は前菜ブリのソテーとアサリのトマトパスタ33343953_1072366986234833_3865455456705052672_n.jpg

そして、とってもおいしいハンドドリップコーヒーもありますよ~
33302308_1072366996234832_8655798868966899712_n.jpg
新庄市で知る人ぞ知るコーヒー豆店「三条茶房」のゴールドブレンド!
ランチを注文したときはぜひ一緒に注文してみてくださいね。
33298581_1072367049568160_6049198524287942656_n.jpg
ゆったりとしたひと時をお過ごしください♪

不定休ですので、お電話してからお訪ねください!

 【詳細】
  コミューン アオムシcommune AOMUSHI
  電話:080-2122-4076
  住所:996-0091 山形県 新庄市
     十日町6000-1
  休み:不定休 5月~11月のみ営業 
  commune AOMUSHI



2018年5月24日
2018年5月24日
2018年5月15日
2018年5月15日
2018年4月25日
⇒すべての記事を見る

東北旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■山形県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内特派員ブログ一覧

しまなみ海道・広島ニセコ・北海道三重与論島五島列島京都和歌山埼玉大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿札幌東京東京2東京3栃木横浜・神奈川沖縄沖縄2渋川湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 新庄・山形特派員

    新庄・山形特派員
    まつとみ
    新庄観光協会でお仕事をしている二人がディープな山形情報をお届け!おいしいもの大好き写真大好きです。四季折々の風景と山形県民の熱い人柄粋なお店などてんこ盛りでお届けします。みでケロな~(見てくださいね~!)
    Facebook DISQUS ID @disqus_Eo1l3GHv66

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集