地球の歩き方

海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > カンボジア/シェムリアップ特派員ブログ

カンボジア/シェムリアップ特派員ブログ 西村 清志郎

カンボジア・シェムリアップ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る


こんにちは。シェムリアップの案内人・西村です。


ここ最近、プノンペンやホーチミンをウロウロして、やっとシェムリアップに戻ってきました。


さて、本日ご紹介したいのは新しく発行された書籍『本社はわかってくれない 東南アジア駐在員はつらいよ』(下川裕治編・水谷竹秀(フィリピン担当)、諸星蘭(マレーシア、東ティモール担当)、西村清志郎(カンボジア担当)、室橋裕和(タイ、ミャンマー担当)、森卓(ラオス担当)著/講談社現代新書/2015年3月20日刊)です。

本社は分かってくれない (2).jpg


はい。カンボジアの執筆担当をしており、堂々としたステマです。


とは言え、公平に読んでます。


内容はと言うと、「アジアあるある」のまとめ本ですね。
もちろん、アジア以外でも同様の事があるかとは思います。


簡単な内容紹介ですが、
 - スコールだと遅刻は当たり前
 - 暇だから家に帰る。
 - 自宅を新築するので会社を辞めます
 - 遅刻してはいけないとは知りませんでした
 - 会社の車は自分用
 - 冷蔵庫の中のものはみんなのもの
 - 癒着がバレても悪びれない
 - 不思議な求職者たち
 - 現地化する日本人
 - 同じフロ アの別会社に転職
 - 人前で叱ってはいけない
 - クビにすると会社が負ける
 - 書類審査も人次第
 - 盗難届だと時間がかかる理由
 - カンボジアで運転免許を取る
 - 知らぬ間に移動した小屋
 - 浮気と包丁

などなどございます。

ぱっと見のタイトルだけだでもこれってカンボジアの事だよねーって感じるかもしれませんが、実は他国の内容もございます。


もちろんこれらのストーリーは僕がこの国で10年働いていて実体験に基づくものも多く含まれています。


お時間がある方、是非ご一読ください。
アマゾンでも購入可能です!

※ ご一読いただいた方、コメントお待ちしております。

FBよりご連絡いただく場合、一言メッセージをお願いします。

フェイスブックページへ

ツィッターページへ


You Tubeへ



2015年3月27日| | コメント(0) | トラックバック (0)

こんにちは。シェムリアップの案内人・西村です。


本日もプノンペンの安宿からお送りしております。

さて、最近カンボジアもどんどん物価が上がってきています。
特に、トゥクトゥクやバイクタクシーもなんとも納得がいかないような値段を当たり前に言い放つようになってきました。


今回は、新しく就航したバサカ航空を利用してシェムリアップから移動。少し前まで片道100$近くだったのが、新興航空会社が2社オープンしたおかげで、30$~50$程度で移動できるようになってきました。(他にバイヨン航空などもある。)


しかし、実際のところ、空港までのタクシー料金も馬鹿にならない。シェムリアップの町から空港まで片道4~5$。プノンペン空港から市内まで片道4~9$程度。両方足すと、それだけで陸路移動のバンやバス代と同じくらいになってしまいます。
(プノンペン空港から、市内までの移動の場合空港内でタクシーを手配するのが一般的ですが、この場合、車で片道9$、トゥクトゥクで片道7$となる。


また、少しでも安く行こうと考えると空港外にいるバイクタクシーやトゥクトゥクなどに頼むと少し安く、バイクタクシーで4$程、トゥクトゥクで5$程度で市内まで行ってくれたりするが、それでも降りる時に微妙に値上げされたり、チップを請求されたりしてちょいと面倒。)


しかーし、プノンペンサイドでは最近市内循環バスが出来たことで、それらの悩みも解決。

時間は朝5:30から夜8:30まで、10分~15分おきに運行中で、気になる料金は何と片道1500リエル!!(4000リエル=1$なので40セント程)


今後、旅行者の流れが変わって来そうです!


Phnom Penh Airport (22).jpgプノンペン空港

City Bus PP (4).jpgプノンペン空港の真正面にバス停はある。

City Bus PP (1).jpg目印はこれ。

City Bus PP (5).jpg10分ほど待つとバスが来ました。

City Bus PP (9).jpgチケットは1500リエル。これが半券。

City Bus PP (7).jpgバスの中。

City Bus PP (10).jpgどんどん人が乗ってきます。おじいさん、おばあさん、学生の利用も多く、バス文化が根付いてきたなと感じました。

City Bus PP (11).jpgセントラルマーケット近くで下車。ちなみに終点はリバーサイドのナイトマーケット前です。そこから他のエリアへ乗り換えて移動もできます。

実際に、乗ってみた感想!思った以上に快適でした!

是非ご利用ください!


※ ご一読いただいた方、コメントお待ちしております。


FBよりご連絡いただく場合、一言メッセージをお願いします。

フェイスブックページへ

ツィッターページへ


You Tubeへ



2015年3月17日| | コメント(0) | トラックバック (0)

こんにちは。シェムリアップの案内人・西村です。


ここ最近、いろいろやらなきゃいけないことが多く、ブログ書けませんでした。
ついでに今はプノンペン出張中で、1泊8ドルのゲストハウスで、”闇金ウシジマくん2”のDVDをソリアマーケットで買ってきて、見ながら書いてます。


さて本題です。シェムリアップ在住者は知っている人も多いと思うのですが、ベトナム航空のオフィス近くにへたくそに作られた馬の象があります。(半年ほど前に中国系投資詐欺?会社がシェムリアップのアプサラゾーン5に巨大タワーを建てるという名目で借りていたオフィスの跡地です)

で、そこには巨大なクモのモニュメントが建物にくっついており、“believe it or not”と言う看板が出来ました。


はい、ご説明します。こちらロンドン、タイムズスクエア、ゴールドコーストやタイのパタヤにある”リプリーズ・ビリーブ・イット・オア・ノット”(1918年、探検家である漫画家ロバートリプリーが世界198カ国を旅行しながら集めた摩訶不思議な(変な)グッズを展示したりしているビックリ博物館。)をベースとして4つのテーマに分けて紹介しています。

最近その入り口に、入場料特別プロモーション外国人5$と言う張り紙がつきました。


という事で、さっそく行ってきました。

believe it or not (2).jpg建物。巨大クモがいる。

believe it or not (4).jpg内部

believe it or not (20).jpg1階 クメール動物園フロア

believe it or not (7).jpg絶滅危惧種や、本来ここにいてはまずい動物もいる。いいのかこれ。

believe it or not (14).jpgトッケー

believe it or not (33).jpg3階は、ぐるぐる回り、気持ち悪くなる通路を移動。オースティンパワーズを思い出した。その奥にはガラスの迷路。ちなみに2階は拷問器具や、ジャコウネコがいた。なんだそれは。

believe it or not (39).jpg4階は騙し絵だそう。海外で流行っているからこっちでもやるんだとのこと。

believe it or not (47).jpgだまし絵2

believe it or not (50).jpgだまし絵3

believe it or not (52).jpgだまし絵4

believe it or not (57).jpgで、帰り道にはお土産物屋が。良い物あんまりないけど、そのうちいろいろ入荷するそうです。


という事で、プロモーションは3月いっぱいとの事で、4月以降は10$だそうです。


ご興味ある方、是非。


※ ご一読いただいた方、コメントお待ちしております。


FBよりご連絡いただく場合、一言メッセージをお願いします。

フェイスブックページへ

ツィッターページへ


You Tubeへ



2015年3月15日| | コメント(0) | トラックバック (0)
2015年2月28日| | コメント(0) | トラックバック (0)
2015年2月19日| | コメント(0) | トラックバック (0)
2015年2月18日| | コメント(0) | トラックバック (0)
2015年2月14日| | コメント(0) | トラックバック (0)

カンボジア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カンボジアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

▲ページ上部へ戻る