地球の歩き方

海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > カンボジア/シェムリアップ特派員ブログ

カンボジア/シェムリアップ特派員ブログ 西村 清志郎

カンボジア・シェムリアップ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

こんにちは。シェムリアップの案内人・西村です。


個人的にブログ新企画として、【一枚の写真】を開始させていただきます。


これは単純に、深い意味のない写真だけど、面白いのを見つけたのでちょっと紹介したいな~っていうレベルの物をサクッと読まないでいい感じで紹介していければなと思って始めることにしました。


第1回目は、「バイクベッド」です。


bikebed.jpg


内容は見ての通り、夜になると、セキュリティの兄さんが、お客さんのバイクの上にベニア板を敷いて、その上で寝ると言うだけのものです。


え、セキュリティは寝ずの番じゃないのか!?と言う発想は、この国では該当しないのです。


とりあえず、こんな感じで紹介させていただきますね。

※ ご一読いただいた方、コメントお待ちしております。


フェイスブックページへ

ツィッターページへ


You Tubeへ


2014年3月 7日| | コメント(0) | トラックバック (0)

こんにちは。シェムリアップの案内人・西村です。


ここ最近、個人的にバタバタしており、ブログもなかなかアップが出来ない状態です。

と言うのも、先日紹介したゲストハウスの立ち上げと新しく4月にオープン予定のマッサージ店の準備、その他、締切間近の原稿に追われております。(ちなみに今、日本人2名が立ち上げに駆けつけてくれ、ハンマーで壁を壊しながら、作っております)


でもネタだけは山ほど増えており、近いうちにまとめて紹介していきたいなと思っております。

さて、本日はと申しますと、シェムリアップのNo.1デパート、ラッキーモールで一つ1.3$で売っている中国から輸入された日清UFO3種類をご紹介したいと思います。


前提として、僕は大の日清焼そば(赤と白の袋入り乾麺)ファンなのです。知人や友人が日本から来る際にも、わざわざまとめ買いして持ってきてもらうほどです。


という事で、そんな日清焼そばファンとして、UFOと言う言葉にも敏感。
さっそくそれら3種類を購入し、実際どれが一番美味しいかを、もう1人のグルメジャーナリストと共に検証してみました。


UFO tasting (1).jpg
左から順にXO醤海鮮風味、蚝油牛肉風味、鉄板牛肉風味となります。


UFO tasting (9).jpg
同じ順番で、それぞれの中から具やソースを取り出してみました。

麺の条件を考え、きっちりそれぞれ3分でお湯を捨て、スープを混ぜてみました。


気になるお味ですが・・・、まず、日本のUFOの味に近い物は一切無し


では、どれが美味しいんだという事ですが、グルメジャーナリストと共に順位をつけてみると、


 1位 蚝油牛肉風味 → 緑パッケージ → 3種類の中では一番日本のUFOに近い。(でもはるかに遠い)


UFO tasting (8).jpg
UFO tasting (15).jpg
蚝油牛肉風味

 2位 XO醤海鮮風味 → 青パッケージ → 明らかに別物。でもまあそうだよね。


UFO tasting (6).jpg
UFO tasting (12).jpg
XO醤海鮮風味

 3位 鉄板牛肉風味 → 黄パッケージ → かやく入りだけど、ううむなんか味が弱い感じ。


UFO tasting (7).jpg
UFO tasting (18).jpg
鉄板牛肉風味


となりました。この結果は2人共一致したので、結構正しいかと思います・・・。

で、これらをさらに美味しく食べる秘訣を、ここだけでご紹介します。


それは、キューピーマヨネーズです。


そう、マヨネーズパワーで全てが、どうにか美味しく食べられます。そして、無理やり思い込めば、日本のUFOを感じることができるかもです。出来るだけ心をリラックスさせ、頭の中で赤と白のパッケージを想像しながら、口の中に涎をためて、食べることが大事です。


ご興味ある方、是非、お試しください。もしかするとお土産としても喜ばれるかもです。(なぜカンボジアで中国UFOなんだというのは無しで)


ちなみに、本場中国ではあと2種類、铁板色拉鱿鱼味面、鱼香肉丝味面がある模様です。
http://www.nissinfoods.com.cn/product/gdprolist/4

※ ご一読いただいた方、コメントお待ちしております。

フェイスブックページへ

ツィッターページへ

You Tubeへ


2014年3月 6日| | コメント(0) | トラックバック (0)

こんにちは。シェムリアップの案内人・西村です。


本日は、14日にソフィテルホテルであったインド祭りのショー、「ジャターユモークシャ(JATAYU MOKSHAM)」をご紹介します。


まず、ジャターユは鳥の王の名前、そしてモークシャは解脱を意味します。つまり、ジャターユの解脱(生と死のサイクルからの完全なる解放であり、魂が到達できる最高の目標地点となり、正しい信念、知識、努力しなければこの状態にはならない)という事です。


と言っても、ジャターユってなんなんだってことになるとは思うのですが、こちらはインドの叙事詩、ラーマヤナに登場する鳥の王で6千歳を超します。


ダンダカの森に棲んでいたのですが、たまたま来たラーマ王子と友達になり、ラーマの妻のシータを守ると約束。魔王ラーヴァナがシータを連れ去る時にはラーヴァナと戦ったが、ラーヴァナの背中に大きな傷を負わせ、腕も食いちぎったのです。しかし、その後ラーヴァナの応戦により、翼を切られ、地上に落ちました。あとから駆け付けたラーマの腕の中で死んでいきました。

で、ラーマヤナって何って人も出ると思うのですが、それは是非ウキッてください。


festival of india (33).jpg
ジャターユとラーマ


festival of india (37).jpg
シュールパナカー(ラーヴァナの妹)顔は怖いけどいい人


festival of india (39).jpg
ステップは素晴らしい


festival of india (62).jpg
ラークシャサの王ラーヴァナ


festival of india (80).jpg
マーリーチャ(黄金の鹿に化けている)


festival of india (104).jpg
シータがラーヴァナに連れ去られるシーン


このラーマヤナと言う話をじっくり読むと、主人公のラーマって決していい人だと思わないし、妻のシータもとんでもなく賢くないし、他の登場人物も本当に普通で、本当に人間界の縮図だなと感じますが、その中にいろんな話を盛り込むことで、なりたっているんだなって思います。


こちらインドからクラシカルダンスチーム、カラクシェトラ(Kalakshetra)が来て、カンボジアでプノンペンとシェムリアップでの公演となっているのですが、それぞれシーンが異なり日替わりショーとなってます。


とりあえず、ショーは素晴らしかったので時間がある人はぜひ、見に行ってください。


次は2月17日から19日まで18時より2時間ほどプノンペンのチャットモックシアターでの開催(入場無料)だそうです。


※ ご一読いただいた方、コメントお待ちしております。


フェイスブックページへ

ツィッターページへ


You Tubeへ


2014年2月17日| | コメント(0) | トラックバック (0)
2014年2月14日| | コメント(0) | トラックバック (0)
2014年2月12日| | コメント(0) | トラックバック (0)
2014年2月 5日| | コメント(0) | トラックバック (0)
2014年2月 1日| | コメント(0) | トラックバック (0)

カンボジア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カンボジアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

▲ページ上部へ戻る