地球の歩き方

海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > カンボジア/シェムリアップ特派員ブログ

カンボジア/シェムリアップ特派員ブログ 西村 清志郎

カンボジア・シェムリアップ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

こんにちは。シェムリアップの案内人・西村です。


自分の名刺を見ると、「CEO/PHOTO WRITER」と適当な和製英語で肩書を付けていますが、実の所、Photo Writerだけでは食べていけないので旅行会社からの給与で生活しています。
でも、心は「Photo Writer」(写真を撮って、文章を書く。トラベルライターみたいなもの)なので、仕方なく自分でフリーペーパーを発行し、ついでにいろんな所を見て回り、食すようにしています。


さて、本日は、少し贅沢にシェムリアップでお薦めできる「一つ上のカンボジア料理」の店を9店舗ご紹介します。


一つ上といっても、何から一つ上なのか、どこからどこまでが一つ上なのかなど、様々な質問が出るとは思います。でも、今回ご紹介する一つ上は、僕のふところ事情での一食当たりのランチやディナー代金を2~3倍くらいにしたものを一つ上(1食9~20$程度)とさせていただき、それ以上のもの(たとえば高級ホテルなど)は2つ上というよりも、手の届かない世界だという認識で捉えて、ご紹介しています。


という事で、今回、自分が行きたかった各レストランからフリペ&旅行会社向けのコンプ(コンプリメンタリーの略、つまりタダ食いの許可)を頂き、こちらでご紹介いたします。


でも、コンプでも、自分の思ったことは書いてもいいというのが前提なので、適度にはっきり書きたいと思います。


今回エントリーしたレストランはこちらの9軒。
「ムホープ」「FCC」「アハ」「ザ・グレイ」「スクエア24」「タベル」「ネスト」「パレット」「マルン」です。


他にも、気になる店はあったのですが、とりあえず、自分が興味あった店&皆さんに紹介したい店をピックアップしてみました。
(星は僕の個人的なもので、皆さんの味覚やフトコロ具合、注文する料理により、異なることをご了承ください。)

Aha2014Sep (46).jpg
【アハ/AHA】 オールドマーケットに面したお洒落レストランでシンタマニホテル系列である。
値段は20$近くだが、味は格別。雰囲気も良く、サービスも良い。カップル向けか。五☆

Fcc2014sep (25).jpg
【FCC】 リバーサイドの老舗ホテルに併設したレストラン。クメール料理は3品しかないが、自身の3品だけをメニューに入れている。6~10$程度。アモックはココナッツが甘く感じたが、ロクラック(肉料理)とチャーハンは美味しかった。雰囲気、サービスは良い。四☆

Mahob (53).jpg
【ムホープ/Mahob】 ソフィテルホテル近くにオープンしたばかりのレストラン。元ネストのシェフがオーナーであり、レベルは高い。6~20$程度。ホットストーンビーフステーキは絶品!雰囲気、サービス良し。言う事なしの五☆

Marun (34).jpg
【マルン/Marun】 プノンペンにあるNGOフレンズの系列。ストリートチルドレンたちにホスピタリティやサービス、料理などを教えることを目的としている。5~12$程度。味は普通。サービスは悪くないが、ある意味学校なので学生ウェイトレス達が多すぎて、暇なときはプラプラ歩いてたりして気になる人もいるかも。値段に寄付金が含まれていることもあり高く感じるため、ここは少しからめの評価で二☆。でも活動としては応援したい。

Nest2014sep (19).jpg
【ネスト/Nest】 シェムリアップでも有数の老舗お洒落カフェ。過去何度が賞をもらったこともある。雰囲気、サービスはとても良い。7~18$程度。ロクラック(肉料理)はかなり美味い!五☆

Palate (53).jpg
【パレット/Palate】 リバーサイドにオープンした洒落たレストラン。週末は屋上でライブなどもやっている。雰囲気、サービスはとても良い。久しぶりにレベルの高いスタッフを見たとはっきり感じた。7~18$程度。量は少ないが、リクエストすればライスを追加してくれるのでOK。でもやはり量が少なく感じるから四半☆

Square24 (33).jpg
【スクエア24/Square24】 ボパアンコールホテル系列の洒落たレストラン。建物、内装ともに雰囲気はとてもいい。ただ気になるのがパッケージツアーのお客さんが他と較べて多いと感じるところ。味、サービスはいう事なし。でも量が少し少ないと感じるかも。という事で四☆。

Taberu2014sep (19).jpg
【タベル/Taberu】 カラヴァンサラアパート&ホテル系列のレストラン。日本語の「食べる」が名前となっているためずっと気になっていた。西洋人オーナーだが京都でも店を持っているとのことでこの名前にしたそう。
雰囲気は普通、サービス普通、味普通。聞くところによると、先日までイタリア人セールススタッフを3ヵ月雇用したそうだが、シェムリアップでの旅行業ビジネスマナーを知らず、強気営業で様々なエージェントから嫌われ、お客さんが激減したとのこと。そのためかどうか、閑散としており、店自体が迷走している感がある。マネージャーとシェフは良い人で、今後現地の人向けに3.5$のランチや5.5$ハイティー(プール使用もおまけでついてる)を出して起死回生を計りたいとのこと。急激な方向転換、大丈夫かと心配しつつも影ながら応援してみたい。若干テーマとはそれてしまってる感があるが、二☆。

Thegrey2014Sep (30).jpg
【ザ・グレイ/The Grey】 オールドマーケット近く、キングスロード内にオープンしたカンボジアBBQ料理店。シェムリアップで17の飲食店やサービスを提供するアンコールWグループの一つ。
カンボジア料理店だと思い込んでいたら、BBQだったので、さあどうしたものかとも思いつつ、食べてみると普通に美味しい。9~18$程度。いくつかの肉が同時にセットとして楽しめ、普通の肉の他、サメやワニなどもその中にはある。サービスは良い。初めてカンボジアBBQを食べる人には四☆、何度か行ったことがある人には三☆かなと。

と、いう事で、今回、かなりシビアに書いてみました。
きっと、関係性が悪くなる場所もあると思い、少しでもばれないように☆には漢数字を使ってみました。でも、きっとばれるでしょう。

一応、次のうちのフリペで、こちら紹介する予定ですが、現地で発行する以上、大人の事情で星などつけず、文章は大きく、柔らかくしていることでしょう。


カンボジアに来られる人は、是非違いも楽しんでみて下さい。来れない方は、ダウンロードもできるようになるのでそちらをチェック。発行は10月15日程度からです。


ちなみに、FBはこちら



2014年9月21日| | コメント(0) | トラックバック (0)

こんにちは。シェムリアップの案内人・西村です。


昨日まで1泊2日でプノンペンに出張してきて戻ってきたばかりです。
プノンペンではインターンシップに関するプチセミナーに参加し、シェムリアップとプノンペンでの日本人の雇用と働き方の違いを講演してきました。


「カンボジアで働く」と一言で言っても、その働く場所により条件や働く人のタイプが全く異なるという現状がいっぱいあるんです。


でも、その話は、次回ご紹介するとして、本日ご紹介するのは・・・、

知る人ぞ知る、「ヤマトバケツチャレンジ」(バケツじゃないけど)なのです。
(クロマーヤマトゲストハウスの食堂で出しているから略した名前となってるだけ)


そう、単純に、日本でもよくある制限時間内に食べ切れたら無料!!ってやつです。


で、ここでの内容は、「超大盛りかつ丼」。1.2キロのご飯と約4人前のカツを15分で食べきれればなんと無料!!食べきれなかったら15$を支払わなければならないのです。(今後カツカレーも出る予定だそう)

先日、チャレンジした空腹バックパッカーの若者を15分間追跡取材いたしました。

yamato Challenge (9) copy.jpg
左、普通サイズ、右、ヤマトチャレンジサイズ


yamato Challenge (11).jpg
左、普通サイズ、右、ヤマトチャレンジサイズ


yamato Challenge (17).jpg
左、普通サイズ、右、ヤマトチャレンジサイズ


yamato Challenge (34).jpg
という事で、レディGO!!!
こちらの選手、朝から何も食べておらず、これにかける意気込みは本気です。(本気と書いてマジと読む)


yamato Challenge (40).jpg
7分経過。お茶の飲みすぎか、かなり咳き込み、ペースは大幅ダウン。しかし、かつ丼の要塞は全く崩れる気配はない。


yamato Challenge (41).jpg
14分56秒。残り、3秒、2秒、1秒・・・。


で、結果がこちら。


yamato Challenge (42).jpg
3分の1減ったかどうか・・・。


結局、この後にもう一人の男性が残りを15分で食べれるかやったら、10%残してダウン。成人男性2人でも失敗しました。

という事で、未だ難攻不落の「ヤマトチャレンジ」。初の勝者になるのは誰だと、挑戦者受付中ですとのこと。

ぜひぜひ。


フェイスブックページへ

ツィッターページへ


You Tubeへ


2014年9月 6日| | コメント(0) | トラックバック (0)

こんにちは。シェムリアップの案内人・西村です。


本業もやっと落ち着き始め、昨日、今日と束の間の精神的なお休みをいただき、滞っていたブログをアップしようと思い立ちました。


で、本日ご紹介するのは、今日の朝行ってきたトンレサップ湖周辺にある屋台(ハンモックカフェ)です。
Tonlesap yatai (19).jpg

Tonlesap yatai (2).jpg

Tonlesap yatai (14).jpg

Tonlesap yatai (4).jpg


そこの奥さん、ここだけの話、実は、ここでは知る人ぞ知る”アレ”が売っているのです。


そう、今の時期から獲れる”アレ”よ”アレ”。


で写真を見ていただくと分かるのですが、これがその”アレ”です。

Tonlesap yatai (6).jpg

Tonlesap yatai (7).jpg


はい、勘のイイ方ならもう気がついたでしょ。


そう、トンレサップの森の幸、森ネズミの唐揚げです。

Tonlesap yatai (10).jpg


こちら大きさにより料金が異なるのですが、小1匹2000リエル、大1匹5000リエルとなり、気になるお味はと言うと、「これ、むっちゃ美味いジャン」って言うほどです。


本日、お土産として、日本から来たばかりのインターンシップ生に持って帰ると、最初こそ、嫌よ嫌よだったんですが、カンボジア人スタッフがかなり喜び食べ始めた(みんな大好き大好物)のを見て、恐る恐る食べ始めると・・・、「あら、そこの奥さん、これ意外と美味しいわよ」と言い出しました。


ちなみに、ここではヘビやカエルも売ってますが、こちらも美味しいです。


カンボジアに来た際は、是非お試しください~。
ただし、お腹壊しても知りません。


※ ご一読いただいた方、コメントお待ちしております。


2014年9月 3日| | コメント(0) | トラックバック (0)
2014年8月13日| | コメント(0) | トラックバック (0)
2014年6月21日| | コメント(0) | トラックバック (0)
2014年6月20日| | コメント(0) | トラックバック (0)
2014年6月15日| | コメント(0) | トラックバック (0)

カンボジア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カンボジアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

▲ページ上部へ戻る