海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > シンガポール特派員ブログ > 香りが鍵、記憶を呼び起こすカクテル「Tipplin...

アジアにもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

シンガポール/シンガポール特派員ブログ 仲山 今日子

シンガポール・シンガポール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年10月30日

香りが鍵、記憶を呼び起こすカクテル「Tippling Club」


メール プリント もっと見る

香りが鍵、記憶を呼び起こすカクテル「Tippling Club」

シンガポールでのカクテルペアリングのさきがけ、Tippling Club。レストランについての記事はこちら 。今年もAsia 50 Best Barで12位に選ばれるなど、国際的な評価も高いバーです。今年から新しく、イギリス出身のミクソロジスト、Joe Schofieldさんを迎え、更に香りと味についての国際的な研究機関、International Flavours and Fregrancesと共に、新しいカクテルを生み出しました。

th_1IMG_6797.jpg

Tippling Clubは、バーとレストランに分かれていますが、今回お披露目されたのは、バーのみで楽しむことができるSensorium(感覚) Menuと名付けられた12種類のカクテル。
「記憶を呼び起こす香り」がテーマで、子どものころに持っていた記憶と結びつく香りや味をイメージしたという内容は、「雨」「キャンプファイヤー」など様々。

th_1IMG_6750.jpg

12のテーマを選んだポイントは、「誰もが子どもの頃に持っている、ユニバーサルなもの。たとえば、飲む人は、それぞれの雨のイメージを持っている。それは、アフリカの奥地で感じる雨かもしれないし、京都で感じる雨のイメージかもしれない。だけれども、雨を経験したことがない人はいないでしょう?そんな風に、誰もが思い起こすイメージをテーマにしたんです」とRyanシェフ。

6年ほど前から一緒に料理を研究開発しているという、香りに関する国際組織、IFF(International Flavours and Fragrances)の協力を得て作り上げたメニュー。

th_1IMG_6728.jpg

IFFの担当者からは、「香りは味の大切な構成要素。たとえば、鼻をつまんで料理を食べたら、味は全く違って感じられる。実に、味の80%は香りからくるといわれているんです。でも、香りはこれまで、味とは分離されて考えられてきた。たとえばこれからは、塩辛い味をイメージさせる香り」があってもいいはず、という説明が。

ここでもまず、香りをしみ込ませた紙が配られ、それから実際の試飲へ。

th_1IMG_6753.jpg

RAIN(雨)は、チョークのような大地の香りや樹木の香り、落ち葉に降る雨のような、湿り気を帯びた空気をイメージさせます。「最初は、オークモス、そして、パチューリ、ジャスミンと味が移り変わっていくのがわかるでしょう?」

th_1IMG_6706.jpg

上には小石をイメージした炭のスポンジをカリカリに乾かしたものが乗っています。

この他にも、キャンプファイヤーはスモーキーな香りにマシュマロミルク、焦がしたシロップにジン。上には食べられる炭の粉と、自家製のマシュマロを焦がしたものが乗っています。

th_1IMG_6708.jpg

この他にも、オリジナルの革に入った「Leather」は、レーズンの熟成感のある香りやオレンジのフルーティーで少しビターな印象、バニラの濃厚な香りを感じます。森をイメージさせる「Forest」は、松の葉が飾られ、記憶を呼び起こす味が揃っています。
th_1IMG_6787.jpg

ジョーさんは、The World's 50 Best Bars 2015で5位のThe American Bar、同じく27位で、ロンドンの名門ホテル、The SavoyにあるBeaufort Barを経て、Tippling Clubのヘッドバーテンダーとしてシンガポールへ。

th_1IMG_6716.jpg

「ビジョンを共有できる」というライアンシェフと、8か月かけて話し合って、今回のメニューを作り上げたのだとか。

ライアンシェフも、「話し合っている間中、本当に子どもみたいにお互いに笑いっぱなしで、楽しいんだ。お互いのクリエイティビティが重なって新しいものが生まれる、こういう瞬間が、自分の一番楽しい部分」と語ります。また8か月くらい先に、新しくてもっと難しいテーマに取り組みたいと思っている、とのこと。

th_1IMG_6711.jpg

人間の記憶に一番深く関わる、香りに焦点を当てたカクテルの数々。子供心に戻ってグラスを傾ける、そんな体験ができそうです!

<DATA>
■Tippling Club
営業時間:ランチ 12:00〜15:00(平日のみ)、ディナー 18:00〜深夜 (日曜休)
住所:38 Tanjong Pagar Road, Singapore 088461
TEL:+65 6475 2217
URL: http://www.tipplingclub.com/
アクセス:MRTタンジョンパガー駅から徒歩7分程

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 夜遊び・クラブ・お酒
2016年10月30日
« 前の記事「Robert Parkerワインイベント "Matter of Taste" グランドフィナーレディナー」へ
»次の記事「フランスのミシュラン三ツ星、Flocons de SelのEmmanuel RenautシェフがStel...」 へ
いっしょに読みたい 関連記事
シンガポール特派員 新着記事
フランス銘醸ワインで醸す上質なグラッパの造り手・Jacopo Poli氏来星
[Four Seasons Hotel]ミシュラン一ツ星シェフJerome Royがシンガポールへ!
京都の四季の移ろいを感じる和食「懐石よしゆき」
ミシュラン一ツ星クラッシックフレンチ、新生beniへ!
いよいよスタート![World Gourmet Summit 2017]
【Asia's 50 Best Restaurants】アジアNo.1レストランGaggan x Miele One to Watch 受賞Toc Toc、これからのアジアの味を感じるコラボレーションブランチへ
【Asia's 50 Best Restaurants】授賞式・アジアで一番美味しいレストランは?Day 2
【Asia's 50 Best Restaurants】アジアのベストレストランイベントへ・Day 1
1年前の同じ月に投稿された記事
ガーデンバイザベイPOLLENとオランダシェフの夢の競演
マリーナベイサンズにゴードン・ラムゼイの新店!「ブレッドストリートキッチン」
お姫様気分を味わえる王道ホテルフレンチ「Brasserie Les Saveurs」
「4XFOUR 」個性あふれるスターシェフ4人が期間限定レストランをオープン!
ミシュラン星付きシェフの味が、今度は2人で100ドルに!
シンガポールを代表するペストリーシェフの店、Antoinette
シンガポールと日本を乾杯でつなぐ!10月1日は「日本酒の日」

シンガポール旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■シンガポールの旅行記・口コミ「旅スケ」へ