海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > スコピエ特派員ブログ > 靴の宝庫マケドニア

マケドニア/スコピエ特派員ブログ 佐川 知子

マケドニア・スコピエ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年5月28日

靴の宝庫マケドニア


メール プリント もっと見る

靴の宝庫マケドニア

shoe%20shop.JPG
%8CC2411.JPG
ギリシャ人はとてもブランド好き、だが靴だけはギリシャで買うという。確かに、
ギリシャの大都市,テサロニキには靴屋が多かったし皮がとてもよかった。しかし
!マケドニアも捨てた物ではない。隠れたところに,あるわ、あるわ。小さい靴屋
がいっぱいあるし種類も豊富だ。なんといってもうれしいのは日本人の足のサイズ
にぴったりあうし値段が手頃なのだ。数ヶ月前に冷やかし程度マケドニアに来た友達
はストッキングと靴の魅力にはまりブーツを含め3足をお買い上げになられた。私も
街に出ると,いつも靴屋とストッキングやをみてあるく。(ストッキングも種類が豊
富な上、値段もてごろ。ストッキング特集は次回ね!)
この二足は,私の娘にかったもの。値段は? 一足25ユーロです.(約4000円)
そしてなんといってもはき心地がいいんです。
Schuhe-2.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産
2008年5月28日
« 前の記事「Skupi (スクピー)の発掘現場」へ
»次の記事「ああ,自然!」 へ
おすすめ記事
    スコピエ特派員 新着記事
    【急募!】スコピエ特派員を募集しております!
    マケドニア、モンテネグロで多い名前
    マトカ渓谷
    アイスランド火山の影響*マケドニア
    マケドニアでモテる女性!
    ワインバー NANA
    マケドニアのいいところ。
    2010年1月28日のお天気

    マケドニアとその付近のエリア ツアー情報


    2017/8/23更新

    ヨーロッパ 航空券情報


    マケドニア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■マケドニアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • スコピエ特派員

      スコピエ特派員
      佐川 知子
      本職はバイオリン奏者です。旧ユーゴの国は日本人にとってあまり馴染みがありませんし紛争のあった地帯ですから危険な感じもしますが、人々は優しく自然もそのままの形で残っています。日本文化にも関心が高いので茶席などしたり、現地の小学校で折り紙など教えています。今年から国立オペラ座の団員になります。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集