海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > スコピエ特派員ブログ > スコピエ〜イスタンブール〜スコピエ

マケドニア/スコピエ特派員ブログ 佐川 知子

マケドニア・スコピエ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年9月30日

スコピエ〜イスタンブール〜スコピエ


メール プリント もっと見る

スコピエ〜イスタンブール〜スコピエ

スコピエからイスタンブールへは約1時間15分の空の旅だ。180ユーロぐらいで(3万弱)往復できる。今回、イスタンブールへは10日程滞在したので、地球の歩き方の本を片手にイスタンブールはすべて歩き尽くした気がする。そして 飲み尽くし、食べ尽くした。
イスタンブールはいっぱいガイド本もでているので、観光ガイドは抜きにして、私の街の印象と気をつけなければいけないところと、結構気に入ったいけてるレストランをつらつら、書いてみます。
街の印象→(良い所)1、景色が非常にいい。坂道だらけで(かなりの)歩くのは疲れるが海を抱き急な傾斜に家々がはりつき小高い丘にモスクが整然と構える景色が良かった。
2、エジプシャンバザールやスパイスバザールではトルコ人の生活をみることができる。多くの街では観光客向けの顔しかみれない。3、モスク建築の技術が高く芸術的 4、バスやトラムがきたなくない。5、トルコ人はポイポイ道ばたに物をすてるが夕方8時頃になるとごみ収集車が毎日やってきて路上清掃にあたり政府が街をきれいにすることに熱心なところ 6、トイレがまあまあきれい(でも100円くらい払う)で、一寸見渡せば WC の看板を探せる点 7、新鮮な魚がたべれる(スコピエに住んでいるので、私にとってはありがたいのです)8、親切な人が多い
(悪い所)1、タクシーの運転手が遠回りをして料金を跳ね上げる所(8回のうち6回だまされた。イスタンブールは道が入り組んでいてくるくる回られると方向感覚が麻痺して、わからなくなる、後でじっくり地図をみるとだまされたのが分かった)2、色々な匂いが交差していてたまに食欲がなくなる。3、ハマム(トルコ風呂)にいったら45ユーロと高かった割に(ホテルで斡旋してくれる)マーサージが10分だった。オスマントルコの時代のハマムで内部はエキゾチックで楽しめたが垢擦りとマッサージはどうでもよかった。どうも、よその観光客向けのハマムも同様らしい。ジモっティーのいくハマムはまず汗をだし自分で体をあらうのみで1000円くらい。マッサージ45分間で2000円強ということだった。いずれにせよトルコ人にとってもハマムは高くたまーにしか行けないらしい。だが!ほとんど混浴だからちょっと面白かった。(裸ではありません。)4、ビール(450cc)400円強 ワイン(一杯)800円強ワインはウィーンの方が安かった。5、グランドバザールで客引きがしつこい点。おまけにストーカー行為が一回あってイスタンブール大学に退避した。

お土産→美しいトルコ絨毯をはじめとして(値段交渉は言い値の半分から交渉するのが良いと思います)イズミックタイル(良い物は一枚3万から4万、お手軽なものは400円くらいから)ガラス細工 リンゴのお茶、香水など様々。

好きだった場所→1、リュステムパシャジャーミー(理由、1500年代の美しいイズミックタイルがふんだんに使われていて現代技術にはできない技(美しい赤色)に感動した。)エジプシャンバザールの中にあり見つけにくいので分からなかったら、その辺の人に聞くとすぐおしえてくれます。2、ボスポラス海峡クルーズの最終点アナドル カヴァウから歩いて砦をめざし登りきった所からみた黒海、魚料理もイスタンブールよりおいしかった 3、ブルーモスクと霊廟(歴代偉かったスルタンとご家族の棺がメッカの方向をむいてならんでいる。)なんだか、心が穏やかになった。4、ガラタ橋のたもと(新市街側から旧市街を望む)で魚をたべながらのワイン一杯は素敵だった。船の発着や夕暮れ、アザーンをBGMに。5、ガラタ塔のてっぺんからの風景 6、ゼイレックジャーミー からの景色(後で詳しく)7、考古学博物館8、水道橋

☆ゼイレックジャーミーは元々行くつもりはなかった。私のホテルから(タキシム広場)イスティラーク通りを歩きガラタ橋を渡ってグランドバザールを横切りイスタンブール大学をぬけて小さいカフェで100円の紅茶と200円のサンドイッチをたべたあとバレンス水道橋まであるいたら(3時間くらいかかった)雲行きが怪しくなってきた。ホテルまでそのまま歩き続ける予定だったが濡れるのもいやなので地図をみたらゼイレックジャーミーが近かったのでそこに入って雨宿りを考えたのだ。だが!雨足は私よりも早くゼイレックジャーミーに登る道で土砂降りとなり、カフェが見えたので走り込んだ。それが 最高なる景色との出会いだった。そしてとってもおいしいレストランとの。走り込んでメニューをみせてもらったら意外にたかくワインが一杯8ユーロくらいだったので(1200円くらい)途方にくれてしまった。なぜならそのときは800円くらいしかもっていなかったから。やっとメニューの中に500円のお茶をみつけ頼んだらとてもおいしいクッキーが二つお洒落な器にはいってでてきた。最初はずぶぬれの自分が情けなくて景色を見る元気もなかったがお茶をのんでゆっくりしたら元気がでてきた。なんと目の前にはイエニジャーミー(ダウードアーによる設計で大小のドームの織りなすコントロールがかなりいい)が見え、ガラタ橋やガラタ塔などすごいパノラマだった。早速二日後にディナーの予約をいれた。おいしいお茶とクッキーと給仕の対応と清潔なトイレで良いレストランだということはすぐわかった。話に聞けば民放のテレビ局と日本の雑誌が取材にきたという。ディナーは最高の味で、景色といいおすすめだ。チュラーンパレスホテルのレストランも素晴らしかったけれど(かなり高い)。私がいただいたのはラマダン(絶食)のコースで75トーキッシュリラ(7000円)くらいで アリラン(塩入ヨーグルトの用な飲み物)や紅茶は飲み放題。
私の行ったレストラン→www.zeyrekhane.com
90-212-532 27 78

*レストラン

restarurant1.jpg

*レストランからの眺め

restaurant2.jpg

*ガラタ橋新市街からの眺め この辺りのレストランも値段が手頃でおいしい。

%83K%83%89%83%5E.jpg

*エジプシャンバザールのスパイス達

%83X%83p%83C%83X.jpg

*香水

%8D%81%90%85.jpg

*イズミックタイル(リュシュテムパシャジャーミー)
%83%5E%83C%83%8B%82Q.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2008年9月30日
« 前の記事「アイバル作り」へ
»次の記事「魚料理を飾る!うん、シュールだ!!」 へ
おすすめ記事
    スコピエ特派員 新着記事
    【急募!】スコピエ特派員を募集しております!
    マケドニア、モンテネグロで多い名前
    マトカ渓谷
    アイスランド火山の影響*マケドニア
    マケドニアでモテる女性!
    ワインバー NANA
    マケドニアのいいところ。
    2010年1月28日のお天気

    マケドニアとその付近のエリア ツアー情報


    2017/10/16更新

    ヨーロッパ 航空券情報


    マケドニア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■マケドニアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • スコピエ特派員

      スコピエ特派員
      佐川 知子
      本職はバイオリン奏者です。旧ユーゴの国は日本人にとってあまり馴染みがありませんし紛争のあった地帯ですから危険な感じもしますが、人々は優しく自然もそのままの形で残っています。日本文化にも関心が高いので茶席などしたり、現地の小学校で折り紙など教えています。今年から国立オペラ座の団員になります。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集